スポンサーリンク
ZERO ウイルスセキュリティ

マカオ:ダンシングウォーター(水舞間)は圧巻。[2019年11月 マカオ旅行][モニター]

今回の目玉の1つがザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター。KKdayさんにモニターさせていただきました。
KKday 【数量限定割引】マカオ:ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)鑑賞チケット

到着日に持ってくるしかなかったのが、多少不安材料でしたが、きちんと到着でき、見ることができました。
ダンシングウォーター

初演は2011年ですかね。もう10年近くやってるんですが、本当に古く感じないから。

せり上がってくる水。いつのまにか陸地が水になり、水がまた陸地になる。もともと一流か、それに次ぐくらいの人たちが超過酷なところでパフォーマンスされるんですから。人間の肉体のしなやかさとたくましさを思いましたね。

飛び込みもすごい高さからです。おそらく元オリンピック選手クラスか、オリンピックには出られなかったけれど、くらいの人たちなんだろうけれど、競技用プールよりもはるかに狭いところに飛び込んで行かないとならず。

モーターショーパートも、よくもまああんな飛び方できるわーと。

公演中終始口を開けっ放してましたよ。

KKday 【数量限定割引】マカオ:ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)鑑賞チケット

広告—————————-

台北旅行で外せないのが台北101と故宮博物院。結構離れてるのよ。
2019年7月に、KKdayさんで、台北101と故宮博物院のセットを一気に回る方法があります。KKdayで台北101と故宮博物院間のバス&チケットのセットをモニターさせていただきました。
KKday 台北101展望台 - 故宮博物院 直通送迎バス / 入場チケットセットプラン
これ、すっごく楽だった!朝の101展望台もまだ人も少ないですし。故宮はお昼からなのでさすがに混みますけれど。
⇒台北:台北101と故宮博物院を一気に回ろう

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

KKdayでは、A・B・Cと選べるけれど、すごい席を用意していただきました

VIP・A・B・Cと席は分かれています。立って撮影しているけれど。

座席より

最前列でした。しかも、A席の中でもかなり真ん中に近いところでした。すごいのよ。目の前にキャストが上がってきます。

目の前にキャストが

座席は、こちらから指定できるわけではなく、割り振ってくるようなので、私は幸運だったのだと思います。

フラッシュは使えないけれど、公演中の写真撮影は可能です。ミラーレスを持って行ったけど、実は最前列の席を用意していただいたんですよ。ばっしゃんばっしゃん水をかぶるので、ミラーレスは早々にしまいました。(シャワーキャップをかけてました)防水スマホで撮影すべき。

目の前で主演女優が踊ったり。

目の前に主役がいる

この床は、滑るんじゃないかなあ。裸足ではないのだけど、そこでよくもまあ、バレエを踊るんだから。

なお、終盤にかけて、ばっしゃんばっしゃんばっしゃんばっしゃん。

そんなにアクリル板は役に立たない

また、最前列でもアクリル板は邪魔にならない=役に立たない。

私は、悪い女王が一番気に入りました。

悪の女王がすごく良かった

持っていくべきもの

防水カメラ。それだけよね。隣の隣の人が録画しててねえ。係が注意しにきました。私!?!?と思ってびっくりしました。あんたじゃないんだよ、と言われて隣の隣の人だった。録画は禁止。

最前列なので、ビニールのカッパを着るのですが、そのせいで寒さは感じませんでした。

ポップコーンやドリンクなどを売ってます。ただし、最前列なので何もない方がいい。事前に会場を確認したときに、ホットドッグあるねーと思って。見ながらホットドッグを買って食べようと思ってたけれど。座席が最前列!ということでやめたんですが、それが正しかった。(なお、外部からの飲食物の持ち込みは禁止されています)

KKday 【数量限定割引】マカオ:ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)鑑賞チケット

私はシティ・オブ・ドリームズに宿泊したけれど、コタイストリップならどこでもいいんじゃないかな

17時開演・20時開演と2度ある日でしたが、どちらにしても、夜。

会場を確認した時間は、17時開演が終わったときだったのだけど、かなりの人が流れてきていました。20時開演も、完全に満席ではないんだと思うけれど、やっぱりすごい人数です。シャトルバスも行き先によっては乗り切れたかな。

私は夜だし、と宿泊はダンシングウォーターのある、シティオブドリームズにしました。でも、ヴェネチアンはコタイストリップの向かい側で道も横断歩道があるので安全に渡れます。サンズは隣で、細い道も横断歩道で渡れるし。少し離れるギャラクシーは別としても、コタイストリップならばどこでも徒歩で安全に戻れると思います。

ただし、実は今回に関してはモーターショーパートに入る直前で30分近く止まりました。私は宿泊もここだし。そういうこともあるな、という感じで。映画じゃないし、実際に生身の人間が限界ギリギリのことをやっておられるから、安全のためには仕方がありません。香港へのフェリーや、帰国便を控えている場合は微妙で、途中で出ないとならなかったかもしれません。

移動を控えている場合は、間の時間はたっぷりとっておくべき。

KKday 【数量限定割引】マカオ:ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)鑑賞チケット

そのまま、送られてきたバウチャーのQRコードを読み取らせて入場

さて、チケットです。チケットボックスは存在します。

チケットボックス

しかし、KKdayで買った場合は、送られてくるバウチャーがチケットになっているのでそれを見せて、QRコードで確認して入場します。チケット引き換えの時間を考慮する必要もないので、楽だと思う。

また、30分前に入場すれば、記念撮影(プロが撮って、客が買うやつ)もできます。中華系は自撮り大好きだなあ。列を作って撮影して、帰りにちゃんと受け取ってました。そういうところを見るのも楽しいよね。

KKday 【数量限定割引】マカオ:ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)鑑賞チケット

Copyrighted Image