金品茶樓で、あっさり系小籠包。楽天JCBデビットで優待もしてもらった [2018年10月 台湾旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

金品茶樓で、あっさり系小籠包。楽天JCBデビットで優待もしてもらった [2018年10月 台湾旅行]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

食欲があるような、ないような。

食べなきゃなー。

というわけで、乗ったバスが林森北路に行くので、金品茶樓へ。

金品

京鼎樓はこの前行ったからね。

ジェイのコンサートのときだったから、もう7年前かと思いながら行きました。

JCBのクーポンで10パーセントのテーブルチャージ無料ですよ!(二皿で220元でした。)

私は、楽天銀行JCBデビットカードで支払いました。



小籠包は心持ち小ぶりだなって思いました。個人の感想ですが。

小籠包

もう一つ、蘿蔔酥を注文しましたが、これも小さい。

大根

香港の蘿蔔酥の、あのクロワッサンのような生地の中にトロトロのあんがあるのを連想したら、違ったね。トロトロのあんではなかった。中も、干しエビ感たっぷり。干しエビもエビも苦手なので、私的にはちょいちょい失敗でした。

ここの客層は、リージェントの裏というのもあるんでしょうかね。ちょっと身なりの良い感じの日本人旅行者が多いです。

Copyrighted Image