スポンサーリンク

マカオ:聖ローレンス教会 [2019年11月 マカオ旅行][世界遺産]

聖ローレンス教会(聖老楞佐教堂、風順堂、Igreja de São Lourenço)です。

この辺りまで来ると、マカオ半島もだいぶ先端に近くなってきて、観光客も減ってきて、地元の人たちが増えてくる感じ。
ローレンス教会

二段階で石段か、そうか。と石段を登っていく。世界遺産巡りなんて、本当に足腰が丈夫なうちじゃないと無理だね。本当に。

さて、聖ローレンス教会。

ローレンス教会 新古典主義

1884年に新古典主義の建築様式で再建した教会です。

新古典主義の教会というと、ピラー(柱)を思い出すんですよ。ギリシャ式の柱がくっついてる、あれ。よーく見ると、この聖ローレンス教会には、柱の絵が描かれてますね。

中は結構重厚で、マカオで行った教会の中ではゴージャスな感じだった。(もちろん撮影してない)。

写真の順番&位置が高いところから見て、おそらく聖ローレンス教会の敷地内だと思うんだ。

ローレンス教会?

聖ローレンス教会 - マカオ政府観光局
16世紀中頃にイエズス会によって建てられ、マカオで最も古い教会の一つです。現在の外観および規模は1846年に再建されたものです。かつては海を臨む南湾の水辺にあり、ポルトガル人船乗りの家族はこの教会の階段に集まり、彼らの帰還を祈り待ち続けたことから、「風順堂」と名づけられました。当時は比較的裕福な人々...

聖ローレンス教会から降りるときに。見上げて行ければいいなあと思っていた、ペーニャ教会。コタイ(というよりもタイパビレッジ隣接のギャラクシー)からバスで来るときも見かけて、うっわ、高いところにあるわ、と思ってた。
ペーニャ教会
ここは、どうやら、レスリー・チャンの「恋する天使」で、レスリーが務めている教会のロケ地。

恋する天使 [DVD]

恋する天使 [DVD]

レスリー・チャン, アニタ・ユン
2,800円(07/08 08:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

(軽いコメディだけど、傑作とはいえない)

この空を見てくれれば分かる通り、雨が降っても変じゃないなと。傘は持ってたけどね。次のところに急ぎました。

Copyrighted Image