スポンサーリンク

香港で買ったもの [2015年11月 香港二泊三日]

香港渡航・トランジット。聞かれれば「おすすめしない」と答えるしかない。

大変残念ながら、2020年1月現在、香港旅行・トランジット に関しては、聞かれれば「お勧めしない」と答えるしかありません。

ただ、香港の友人たちはデモ活動や警察のことよりも、肺炎の方を心配しているようです。

香港トランジットで宿泊を伴わないならば、入境しなければ何も問題なかろうと思います。そのまま空港の制限区域内にとどまることをおすすめします。特に週末に市中に出る場合は、デモやその取締りに要注意。

もしも、時間が20時間くらいある場合は、香港ではなく、お隣のマカオ宿泊にしてしまい、マカオで過ごす手があります。

私も2019年11月の香港往復の航空券を持っていましたが、空港から直接マカオに行きました。空港内は平穏でしたが、無駄に神経を使いました。

ただ、トランジットでも情報を得やすいように、香港のSIMや香港で使えるローミングSIMを事前に準備しておきましょう。

データオンリーですがこれを持って行きました。これなら、マカオはもちろん、深圳や広州に回る羽目になっても使えるから。⇒マカオで使うSIMも、結局さっさとAmazonで買ってしまえ!

確かにホテルが安いので、今は香港旅行が魅力的に見えますが、マカオもそんなにホテル代が高くないので、香港宿泊するくらいなら、マカオ宿泊をお勧めします。

まずは、Gambolノート。ごめん。後ろの方。手前は4月に広州で購入したものです。

香港で買ったノート
買った場所は北角の本屋です。なんということでしょう。「Watabe」ではなく、「コクヨ」になってます。ただし、紙の質などは大陸で購入したGambolノートと同様で満足しました。ただ、値段が12ドルって、倍じゃないか。

中国製らしいキャンパスノートもあった。なんと8mmなのだけど、6冊セット…
比較したかったけど、72ドルという値段もそうだけど、重すぎてやめました。

アバディーンの屈臣氏(ワトソンズ)にて

香港で買った薬
・コルタリン。眠くなるのはウェルカム。「特強」って心強いわあ。
・メンソレータムの爽鼻通
・のど飴
・ヒルドイド (香港では処方箋なしで購入できる)

これで全部。今回は目的地が香港というわけではないんだもの。

Copyrighted Image