スポンサーリンク
ZERO ウイルスセキュリティ

民権西路・富宇茶行でお茶を買ってみる [2015年11月・12月 台湾女一人旅]

動物園からMRT文湖線にまた乗り、今度は大安で淡水線に乗り換え、民権西路で下りました。

いいねえ、民権路。始めに台湾に来たときに、民権路沿いのサンルート台北に宿泊したので、この近辺はめちゃめちゃホーム感あります。

今日のお茶屋さんは富宇茶行というところです。

姉御さんはネットでお茶屋さん情報を集めていくことがあるのですが、その一つです。ここは四季春が美味しいんですって。

少し古い情報では以前のお店の情報なのですが、民権西路に店が移転したらしいのですよ。

https://zh-tw.facebook.com/FuYuChaXing

場所:
台北市
中山區撫順街35-6號

民権西路の10番出口からまっすぐ小さい道に入ったらあります。

10番

民権西路 10番

上の写真の左手の小道です。

民権西路 10番出たところ

この道の突き当たりの通りです。多分、突き当たってちょっとだけ右。

民権西路 富宇

「浅焙煎、浅発酵」と書いた紙を見せました。

日本語がおできになる方がお店に出られることもあるようですが、私が行ったときは中国語オンリーでした。

葉を見せて匂いを嗅がせてくれて、買う?という感じだったので、飲ませてくれるか聞いてみました。買おうかなあ、と思ったのですが、400元。それはこの茶葉には高い。量はと聞くと300gだったらしいのです。半分にできないかと聞くと、150gで200元で売っていただけました。

富宇 南投

どこのお茶かと聞くと、南投とのことです。南投というと凍頂なんですけど、凍頂かしら。でも四季春も南投。

・・・シラヌ。

お茶屋さんってどこも朝は遅いけれど夜も遅いです。ここも10時から22時までのもようです。

サンルート台北とか民権西路近辺のホテルに宿泊した場合は、夜ご飯を食べる前かあとに買いに行くというのも可能かな。

▶︎2015年11月・12月 台湾女一人旅 もくじ に戻る

Copyrighted Image