スポンサーリンク

キャンセル待ちは耐え難い・・・ので、デルタの特典発券しました [2016年6月 台湾旅行 準備編]

キャンセル待ちって落ち着かない

性格的に、飛行機とホテルは事前にきちんと押さえておきたい派です。

台北からの帰国便がキャンセル待ちだったんですよね。
いついくん?2016年の6月ですが。今は?2016年3月ですが何か。
⇒ANA特典発券・空席待ちをしてみる 

ガイドブックを見るのも好きだけど、現地では地理を叩き込んでおいた上で、結構行き当たりばったりしています。それが楽しい。台湾の場合は飛行機とホテルと一泊分の着替えとお金さえあれば行き当たりばったりが可能で、それはある程度地理がわかっている、日本語が通じなくても英語で押し通す、中国語がちょっとだけわかる、そして文字が読めるというのが大きいですけど。

2016年6月の台湾旅行は、2015年11月12月台湾旅行の帰国(台北桃園ー東京成田ー国内)の復路便(国内ー東京羽田ー台北松山)で行きます。ANAの特典(ANA運行便)です。

ANAカード

スタートが香港エクスプレスの片道からだったので海外発になってます。サーチャージの関係で、海外発のほうが特典であっても安かったんですよ。

帰国便は、台北松山ー東京羽田ー国内ー東京羽田ー台北松山 で出したかったのですが、6月の往路(松山ー羽田)がキャンセル待ちだったのです。

性格的にキャンセル待ちは耐え難い。ほら、お腹にくるから。

というわけで、デルタで特典発券しました。

デルタの特典探し

そうすることのいい点は、往復が(おなじルートとしても)別の航空会社になることです。往復共におなじルート、おなじ航空会社というのはつまんない。

ただし、こちらも問題山積みで、40,000マイル弱しかなかったのに、デルタの東京便だとエコノミーなのに55,000マイルとられる、とか。片道だけ出して閉じてしまえばいいけど、それもつまらないし。

台北ー福岡ー台北で出すと、中華航空で直行もしくは中国南方航空で上海経由しか出ないのですね。

母が言い始めたんですよ。「朝鮮人参エキスがそろそろなくなるのよね(買ってきてよ)」

仁川回りたいんだけど。

というわけで、一本は6月の羽田、もしくは行くことは決定しているのだけど日程が詰められない香港行きの福岡空港で購入するとしても、12月は仁川か釜山をまわりたい。

目的地を東京にしてみると、大韓航空の仁川経由便が出てくるようになりました。オンラインで出すと、「空席がある」とか35,000マイルでいいよ、って出るのに55,000マイルよこせと出るとか、昔のノースウェストの方が使い勝手が良かったと思います。

いずれにせよ、今度は羽田まで片道ずつお金を払わないとならなりません。そろそろ6月は押さえなければ。JALとかANAの東京発着の特典のいいところは、無料で日本国内線をつけられることです。おかげでマイル単価がめちゃくちゃ良くなるんですよ。なので地方組にとってはJALとかANAのエコノミーのアジア便もそんなに悪いものではありません。
⇒地方組にこそ、特典発券はおいしいよ!

さらに、羽田なり成田なりに夜到着もしくは早朝出発になると東京で前泊か後泊かになりかねない。なので、今回はホテルで宿泊するのをできる限り少なくしなければなりません。

そんなこんなで考えた結果、

中華航空:桃園ー成田(なんと桃園を午前4時に出る!)
大韓航空:羽田ー仁川ー桃園(なんと羽田を午前6時に出る!)となりました。

桃園は桃園線がまだできてなくても、一日遊んで午前0時くらいに台北駅を出るバスに乗って、また空港で(お金を払って)シャワーを浴びよう。6月の台湾は夏ですからね。

羽田はカプセルに宿泊してみようと思います。

仁川は、うまくいけば無料でやっているという乗り継ぎ客用のソウルツアーをやってみるし、うまくいかなくても空港には映画館があるのでショッピング以外もできるでしょう。

で、だ。

残った問題は、全部座席が指定されているのに、悲しいことに全部通路側・・・

GIVE ME WINDOW SIDE!!!!!

デルタで出された予約番号・航空券番号を持ってそれぞれのオンラインへ行く

中華航空でもこれらの番号が通らず。大韓航空でもこれらの番号が通りません。

ANAで特典を出して、エバーやルフトハンザのHP上で予約番号(ANAが出した番号とは違う)を出してくれたスタアラ、JALの特典で出したキャセイ&ドラゴン航空もHP上で完結できたワンワールドを思うと、スカイチームの連携はゆるいのでしょうか。使っているシステムが全然違うのかな。

結局デルタに電話した

数日待っても予約番号が通らないので、結局デルタに電話しました。昔は特典発券って、電話でやってたんですよ。なつかしいね。

2016年3月現在、日本はナビダイヤル(有料)です。
0570-077733

変わるかもしれないので、確認してね。
ご予約 & カスタマーサポート(デルタ)

CIとKE、全部予約番号が違った

デルタがくれた予約番号はGで始まる6桁でした。
デルタで調べてもらったら、中華航空はKで始まる(これはHP上でも「Kで始まる」で確認できます)6桁です。
大韓航空は数字8つでした。
それぞれの会社が使っている予約システムが違うっぽいですね。

デルタ特典の場合、中華航空は事前座席指定不可

今回調べて分かったのですが、

他社マイレージにより発券された特典航空券で予約クラスがE/O/Sの場合は、当サービスはご利用いただけません。但し、予約クラスがE/Oの場合に限りお電話にて承ります。

事前座席指定(チャイナエアライン)

キャセイ・ドラゴン航空が48時間前なら指定ができるのよりも厳しい・・・。

あの、キャセイよりも、厳しい!

通路側で、真ん中じゃないからいいか。

大韓航空は座席指定可能

デルタにもらった予約番号を持って、大韓航空に行くと、座席指定が可能でした。

窓側に変えて今回もハッピーな予定です。
▶︎特典旅行の魅力 もくじ に戻る
▶︎2016年6月 台北女一人旅 もくじ に戻る

Copyrighted Image