東山:智積院 [2022年6月 京都ワーケーション]

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

2022年8月のオススメは、日帰りかな。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

私は国内旅行はもっぱら楽天トラベルで予約してる。
クーポンが出てる日本のホテルを、楽天トラベルで見てみない?

智積院(ちしゃくいん)にも行ってきた。ルートとしては、清水寺ー智積院ー三十三間堂

智積院

このお寺は京都では新しいお寺で、江戸時代のものです。この場所は元は豊臣秀吉を祀った豊国神社の境内の一部です。豊国神社は別にあるんだけどね。

残念ながら、この日は何かの行事か何かでお庭などがみられなかった。

その代わり、いつでもどうぞというチケットをいただきました。

何を見たのかというと。安土桃山から江戸初期と来れば狩野永徳と長谷川等伯、少し降って俵屋宗達じゃないですか。そう、ここは長谷川等伯です。

智積院

ここに、長谷川等伯一門の、襖絵があるんですよ。絢爛豪華なのがだああああっと。

人が少ないから、長谷川等伯独り占めです。

じっくりじっくりと見るのだけど、ビルケンの単眼鏡は絵画に強いなと思ったわけ。

長谷川等伯の息子の描いた桜の、筆の跡が見えるような勢いとかさ。胡粉を盛られた花びらとか。

長谷川等伯が、千利休ー豊臣秀吉に好かれたというのもよくわかるよ。派手で、野趣ぎりぎりの生命力の表現は、秀吉好みだろうねえって。植物の絵なのにね。醍醐寺の三宝院でも長谷川等伯かな?というものがありました。

その後は、お堂をぐるっとみたりした。

智積院

智積院

韓国の王宮で、内側が極彩色に塗られてたのだけど、天平時代のお寺はきっとそうだっただろうなって思ったのね。

日本のお寺でもそういうところがいくつもあるのねえと思ったり。

智積院

きっと蓮の花が見頃の頃はもっとブワーっとなるんでしょう。また今度!

https://chisan.or.jp/

Copyrighted Image