スポンサーリンク

台湾(というか台北で)お金を引き出すなら國泰銀行(キャセイ銀行)がおすすめ!

楽天銀行のJCBデビットカードを愛用してるよ

私は新生銀行のキャッシュカードでお金を引き出していました。2018年の秋からは、楽天銀行のJCBデビットカードです。

楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

新生銀行では、Visaワールドワイドが定めるレートに4%乗せた分以外には手数料を取らなかったけれど、楽天では海外ATM引き出し手数料無料かつ、レートは+3.024%(税込)なので、楽天の方が良かったということかな。

詳しくはこっちを。⇒海外ATMからは楽天デビットカードで引き出してるよ。

Cirrusと書かれたマークのあるATMを探せばいいんだけどね

楽天JCBデビットカードで引き出すためには、Cirrusと書かれたマークのあるATMを探す必要があります。

日本でも、ゆうちょやセブン銀行のATMをよく見ると書いてあるんですね。もう一つよく見かけるのはPlusです。PlusはVisa、CiirusはMastercard系で引き出せる、という意味なんですよ。

で、台湾の場合、いろいろな銀行のATMでも見かけるので、安心して使用することができます。

提携先の銀行ATMが手数料を取るところもあるから気をつけて

また、楽天銀行が手数料をとらなくても、提携先の銀行ATMがとることがあります。手数料を取るATMはそういう警告があるから、要注意。手数料で100元くらいとるところがあるもの。100元ですよ!?400円。

これに関しては、日本でも、自分の銀行のATM以外では、原則手数料をとって、手数料無料で引き出すためには条件をつけることもあるじゃないですか。あんな感じだと理解しています。誰が取るのか、(自分の銀行か、相手の銀行か)という違いがあるように見えるけど、結局のところ別の銀行のATMを使用する料金が発生しているわけで、どう負担するのか、という意味では同じだと理解してます。

でも、海外銀行発行のキャッシュカードでも手数料を取らない銀行もあるわけですよ。

國泰銀行と台新銀行のATMでは手数料をとられたことがない

台湾の場合は、それが國泰銀行なんです。もう一つは台新銀行は取らなかったなあ。

台北の場合はこれが本当に楽で。

MRTの駅に國泰銀行のATMがあるの。私はMRTをよく使うし。しかも、最近よく宿泊するのが、台北駅の三越側なので、引き出すとき=馬鹿の一つ覚えで國泰銀行を選んでいます。

さて、ATMですが。中国の交通銀行のATMは日本語化してくれるんだということなのですが、國泰銀行の場合は、そんなことなく、せいぜい英語化してくれます。

さて、いろいろ出てくるんですが、このショットは新生銀行をいれたときですね。私は「Plus Card」で引き出していました。
国泰銀行

楽天銀行の場合は、Cirrus。JCBではないので、要注意。

2019年7月のある日の楽天銀行のレート。14円足されているのは、レートの差額です。

2019年7月

全く同じ日ではありませんが。カード決済しようとした時に、円決済にしませんかと言われた時のレートがこれ。

master 2019

なので、円決済するよりも楽天銀行で引き出す方がまだマシ。

他にも使える銀行はいろいろあるんですが、私は使いやすいので國泰銀行を選んでます。

この國泰銀行ですが、2016年6月に引き出すと、その後に選択があるんですよ。クーポンのようなものがあったので、クーポンを選択してみました。

クーポン

Hi-Life(コンビニ)に持っていけば、

  1. 黒松茶花無糖麦茶が二本で35元
  2. 森永のミルクキャラメルを一つ買ったらもう一つおまけ。
  3. 歐樂B牙線薄荷微蠟二個入りを一つ買ったらもう一つおまけ

歐樂B牙線薄荷微蠟?

どうも、Oral-Bのデンタルフロスのミント味っぽいです。

面白いですねー。

Copyrighted Image