五感で「その場所」を感じてみよう | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

五感で「その場所」を感じてみよう

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

一人で海外を歩く場合に危険を回避するのに最もいい方法があります。自分の五感です。

視覚;死角はない?この場所は安全?
聴覚;銃声とか聞こえないよね??
触覚;「これ」はやばいものじゃないよね?
味覚;「これ」変なもの入れられてないよね?
嗅覚;「これ」変な臭いしないよね?

少しでもやばい、と感じたらきびすを返せばいい。

疑ってばかりいるわけではないのですよ。五感を研ぎ澄ませると、いろいろ感じます。
視覚;なんて綺麗な場所なんだ!とか。美男ばかりじゃの、ぐへへへへ。とか
聴覚;ここの○○の音って面白い、とか。○○語のリズム感とか。
触覚;「その場」の空気感とか。
味覚;おいしい!まずい!とか。
嗅覚;その場の「臭い」とか。自分と同じ「臭い」のする人とか。

とても疲れることですが、全身全霊をかけてその場所を知ろうとすると、危険を回避することも可能だと信じてます。
女一人旅、そんなに危険ではありません。

▶︎女一人旅の心得 に戻る

Copyrighted Image