重いパンが好きだけど、復興航空のパンで我慢してやるか [2016年8月 香港旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

重いパンが好きだけど、復興航空のパンで我慢してやるか [2016年8月 香港旅行]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

香港旅行は、台北トランジットでした。
⇒エバーでFUK-TPE-HKG-TPE-FUK、結構乗ってるかも

行きに、2タミのB2のフードコートに行きました。
桃園2タミ フードコート
春水堂など、行きたかったんですけどね。お腹に自信がなかった。

で、もともとの計画では桃園空港のフードコートで食べて、香港空港でクリスタルジェイドで食べるというつもりでした。(なので、機内食はどれもフルーツミールにするつもりだったのです)

お腹がアレで無理。

セブンで何か買おうかと思ったのですが、復興航空がパンを売っていました。場所は上の写真だと入って右側、セブンの手前にあります。

パンなら翌日の朝も食べられるし、とそれにしました。

私はドイツ系のガツン!としたパンが好きです。日本のお惣菜パンはちょっと苦手。香港も台湾も日本と同じ感じですよね。

ガツン!とした感じのするパンはこれかな、と購入しました。

復興のパン

翌朝。

復興のパン

ナイフで切ったのですが、あまり綺麗ではなかった。

クランベリーのパンです。18元。隣の黒松は制限区域内の自動販売機で30元。やっぱり台湾は安いですねー。

あー、これにくるみやチーズがドカン!と入っているとなお良かったのにな。

そして私の好みからは少し柔らかかったのですが、ま、いっか。

▶︎ 2016年8月 香港旅行 もくじ に戻る

 

Copyrighted Image