リプトン買ったから香港に行かずに香港成分を摂取できるぜ! [2016年8月 香港旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

リプトン買ったから香港に行かずに香港成分を摂取できるぜ! [2016年8月 香港旅行]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

広告—————————-

2018年に、台北で台湾のお茶教室の講義のモニターをさせていただきました。に・ほ・ん・ご・で。
Kkday 【台北大稻埕(ダーダオチェン)】台湾茶文化体験

もちろん、完全にわかるわけではないけれども、今後お茶屋さんで選ぶときに名前を見たらそれなりに味の見当がつきそう。
⇒台北:若き四代目の台湾のお茶教室。日本語で受けられるよ!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

2019年春夏のコメダ限定ジェリコ鴛鴦茶

なお、2019年に、コメダが「ジェリコ」といって、コーヒーゼリーにコーヒーを合わせたドリンクの限定フレーバーで、鴛鴦(えんおう)茶というものを出しまして。もちろん、インヨンにインスパイアされたやつなんですが。

jeriko

うっむー。コーヒーゼリーにお茶、それにクリーム、なんです。

全般的に薄い。あと、渋みがない。やりたいことはわかるし、日本人ウケを狙えばこうなるかな。

それより、香港の〜ってなる人は、香港に行ったらリプトン買っとけ。台湾では見つけられたことがない。

それより、リプトンのインスタント。2016年に買った

メトロポリス(宿泊したハーバープラザメトロポリスのある建物のショッピングモール)の中にパークンがあって、そこで購入しました。

香港成分補充用

Satoko Hanaokaさん(@satokohanaoka)が投稿した写真 –

リプトンの港式鴛鴦茶(コーヒーミルクティー)と香港式奶茶(ミルクティー)のインスタントです。

買わなかったけど、台式奶茶(烏龍茶で作るミルクティー)もあったので、台湾でも買えるのではないかと。今度台湾のスーパーに行ったら見てこよう〜。

一箱HKD33.90。約500円といったところ。

普段からインスタントは買わないので、これが高いのか安いのかわからないけれど、香港に行かずに家で香港成分を摂取できると考えると、安いです。激安です。

味がわからないので、買い占めることはなかったのですが。

ほんっと、危ないですよ、香港病。

飲んだ!

鴛鴦茶

やっぱりインヨン茶は、というか、香港人好みの紅茶(アッサム?)はダージリン狂いの私の舌には合わないわ〜。渋が残りすぎる。

インヨン

ラウンジでティーバックとアイスコーヒーでインヨン茶もどきを作る方がおいしい。
羽田ラウンジ
(2016年6月 羽田空港国内線 ラウンジにて。ちゃんと美味しくいただいております)

ミルクティー

ミルクティーの方も、アッサム?を煮出すのであまりうまくない港式。口の中にひどく渋が残るやつ。

渋が残る上に、甘すぎる。

ミルクティー

あは。こっちは粉が残っちゃった。

なお、どちらもこのガラスのカップには量が多く、別のマグ(茶渋がすごいから出せない)に作ったものの一部を入れなおしてるのだ。

インヨンの写真はないが、港式ミルクティーの写真はあるぞ

しかしだな、どちらもあのいやーな、渋が残るところまできちんと再現していて、すごいですよ。

翠華 ミルクティ

(上環?(中環?)翠華レストランにて)

香港病って恐ろしい!

やはり、ミルクティーはミルクを温めてそれにティーバッグをぶちこむのが一番。甘みは牛乳の甘みだけで良いの。

アッサムも煮ださなかったら悪い葉っぱではないです。はっきりと主張するのでミルクティーやレモンティーに向くのは確かです。

あまり舌に合わないと言いながらも、港式の紅茶飲料すらちょっぴり懐かしく思われるようになるのだもの。

香港病は怖いわー。

Copyrighted Image