雨季のタイに備えて、台北でカッパを買ったりいろいろしてみた。けど、いらなかったね・・・ [2017年6月 台北旅行 タイ・メディアツアー] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク
Rebatesお友達紹介キャンペーン

雨季のタイに備えて、台北でカッパを買ったりいろいろしてみた。けど、いらなかったね・・・ [2017年6月 台北旅行 タイ・メディアツアー]

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

広告—————————-

2018年5月の台湾・花蓮旅行の帰りは、KKdayさんに、ユニー航空の花蓮ー台北便をモニターさせていただきました。
KKday 【外国人限定割引】台北松山-花蓮(TSA-HUN:ユニー航空・片道航空券)

可愛いプロペラだったけど、きれいな機体でしたし、ゆれもあまりなかったです。オンラインチェックインは、ユニーで買った人だけと言われたので。オンラインチェックインできなくても不安がらないでね。おそらく他のユニーもそうだと思う。こっちもどうぞ。⇒花蓮-台北間は、プロペラ機でひとっ飛びしよう

ユニーの他のフライトもあるよ!
KKday 【外国人限定割引】台北松山-花蓮(TSA-HUN:ユニー航空・片道航空券)
KKday【外国人限定割引】台北松山-台東(TSA-TTT):ユニー航空・片道航空券
KKday【外国人限定割引】台北松山-澎湖(馬公):ユニー航空・片道航空券(TSA-MZG)

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

晴れ女だけど干ばつ女じゃないんだよ

姉御さん、なんども言うように、晴れ女を自称しています。

事実、2017年5月6月の台北旅行、最後の日が嵐だったのですが。

松山羽田

(帰りの松山ー羽田便より)

汗はかいたけど濡れもしなかった。

干ばつ女じゃないんだ、嵐が一切こないというわけではない。それでも「濡れない」。

そしてですね、2017年6月はタイ旅行が控えています。

おお、タイ・・・。きっと雨季に違いない。

というわけで、きっと傘なんか役に立たないだろうとカッパを用意しようと思ったんですが、ほらさあ。しっかりしたカッパを日本から持っていってもだね、晴れ女だから重たいし邪魔になるだけかなーと。

で、思った。

台湾を歩いていると、黄色いビニールの使い捨てっぽいカッパを着ている方がMRTにのホームに来られることがあるじゃないですか。

あれだっ!

というわけで、買った。

台湾のカッパ

南港展示場唯一のコンビニ、ハイライフで49元。まあ、200円ですわね。ひょっとして使うこともあるかもしれない!?!?みたいな気分もあって購入しました。

結構軽いし。手提げにぽいっと入れておくことも可能なのではないかと思うのです。

どうなりますことやら。いつ役に立つかは・・・不明ですが、旅行キットの中に入れておきましょう。雨季はね、濡れるのがアレなんですが、呼吸器は楽なのです。

これ、広げてみました。広げると今度は畳にくいというやつでして・・・。生地はうっすいポリエチレン。きれいにたたむのが面倒になって、私は適当にたたんでビニール袋に突っ込みました。

 

「ポンチョ」の方がいいのでは?という話でダイソーへGO

私はあまり雨にあうタイプではないので、いろいろ相談してみたのです。

良いアイディアがあれば、貪欲に取り入れたい。

伺った中に先日中国ツアーで雨にあった方がおられて、カッパが良い、荷物があるだろうからポンチョが良い、とのことでした。

なるほど!

そうだよね。

ダイソーにポンチョタイプがある、ということで行ってきました。

ポンチョ

100円!!!!!いや、正確には108円。台湾よりも安い〜

(Amazonにもあるんじゃね?と思ったのですが、ないわけではないですね。10枚もあってもどうしようもない。2枚で多少持て余してます。)

カメラ対策

台湾でも「見た」経験がありますが、いわゆる日本で言うところの「ゲリラ豪雨」がだーっと降るのではないかと。

雨・・・機械が・・・怖い・・・。

そもそも今回はMBAはお休みしようと思って。しかし、問題はカメラだ。

飛行機と機内、ホテルにレストランはミラーレスを使いたい。

観光は??α5000は防水ではありません。防水ケースは買わなかったし・・・。晴れ女なので実はあまり気にしないポイントなのですが、今回は気にした方が良さそうだと思いました。なんったって、雨季の東南アジア。晴れ女とはいっても、決して干ばつ女ではないので、全く濡れないというわけではないのです。

で、お友達に伺ってみました。

防水カメラではないなら、防水スマホ一択
なるほど。

連絡用のスマホとは別に、撮影専用の防水スマホにする、とかね。私はXperia Z5 Compactが防水なのでこれですね。(コンデジ並ではあるけれど、ミラーレスにはかなわないんだなあ)

で、カメラマンさんたちはシャワーキャップを利用されるケースもあるそうです。写真で見せていただいた。

結局どうだったの?

・・・タイでは使いませんでした。

しかし、あけちゃった台湾のカッパ、折りたためずにビニール袋にポイしたんです。折りたたみを入れる袋がなくてですねえ・・・急いでいたのもあってそのビニール袋に折りたたみもポイしないとならなかったのです。

あーあ。

 

 

Copyrighted Image