台北旅行の場合、1日乗車券などはお得なのか具体的に計算した | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

台北旅行の場合、1日乗車券などはお得なのか具体的に計算した

2015年11月・12月は台北ベースで7日間旅行をしました。夕方到着して朝出発しているので、実質5日間しか動けてませんが。

ここで紹介するのは初めてですが、台北にも1日乗車券などがあります。

私の場合は、どっちがお得だったんでしょうか。計算しました。

チケットの種類

一日券 1 Day Pass 180元
二日券 2 Days pass 310元
三日券 3 Days Pass 440元
五日券 5 Days Pass 700元
猫空ロープウェー一日券 250元
MRT一日乗車券 150元
MRT24時間乗車券 180元

使用条件

微妙に不親切で痒いところに手が届かない書きぶりなんですよね・・・。それが台湾クオリティ。しゃーない。

以下に私の解釈を書きます。間違ってたらごめんね。

・Day Passシリーズ=Taipei Passシリーズは、MRTと台北市・新北市のバスでTaipei Passと書かれたものが乗り放題になる(4桁のバスは除外)
・他の乗車券の書きっぷりでは、Taipei Passと猫空一日券はおそらくデポジットが返ってくる。いくら返却されるかは不明
・MRTのみの一日乗車券・24時間乗車券では、デポジットが返ってこない。
・Day Passシリーズ=Taipei Passシリーズは、日付が変わったら終了
・ヨーロッパによくあるような⚪︎⚪︎時間パスにしたいなら、MRTだけだが24時間乗車券がある

参考にしたのは
台北MRT 台北観光サイト 台北市政府
Taipei Pass 台北観光パス

2015年11月・12月の姉御さん

Day1

・桃園空港からのバス(除外)

Day2

・台鉄 除外
・バス 新北市内 21元
・バス 新北市内 30元
・MRT板南線 16元

合計67元
Day2 旅程一覧&かかった費用

Day3

・MRT板南線・文湖線 24元
・MRT文湖線・板南線 20元

合計44元
Day3 旅程一覧&かかった費用

Day4

・国光バス(野柳。4桁なので除外)
・野柳から基隆までのバス。野柳そのものは新北市だが、このバスは基隆バスだったのでおそらく除外
・台鉄 除外
・MRT板南線 20元
・MRT淡水線 16元

合計36元
Day4 旅程一覧&かかった費用

Day5

・MRT淡水線40元
・淡水(新北市)のバス往復30元
・MRT淡水線36元
・バス(台北市)6元
・MRT板南線16元

合計128元
Day5 旅程一覧&かかった費用

Day6

・MRT板南線・文湖線 28元
・猫空ロープウェー 50元
・バス(台北市内。ただしミニバス) 15元
・MRT文湖線・淡水線 28元
・MRT松山線・淡水線 16元

ロープウェー以外の合計87元
Day6 旅程一覧&かかった費用

Day7

・国光バスで4桁なので適用外

わかったこと

猫空に行きましたし、ロープウェーにも乗りましたが、私の旅程ではロープウェー乗車券を使うと大損ですね。

私が一日乗車券を使うべき日は、Day5でしょうか。128元使っています。1 Day Passが180元なので、仮にデポジットが50元だとしても、130元でしょう。・・・2元損してます。

バスにも乗るので、MRT乗車券では微妙です。

Day2からDay6までの5日間では、合計362元を使いました。5 Days Passはというと700元ですよ、700元。ほぼ倍じゃん。もちろんデポジットがあるので、倍にはなりませんけど、台北で200元あったらフードコートで定食みたいなのが食べられますぞ。

というわけで、姉御さんみたいに、「歩き回って景色を見たい」タイプにはTaipei Passもその他のPassも損です。

ヨーヨーカーを使うべし。

 

 

 

Copyrighted Image