ad

Ankerのソーラーチャージャーは晴れた日なら使える!!!

Ankerのソーラーチャージャーを購入しました。

anker powerport solar

Anker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー) iPhone 6/6 Plus/iPad Air 2 / mini 3 / Xperia/Galaxy S6 / S6 Edge/Android各種他対応 【PowerIQ搭載】

買った理由

気休め程度でもいいや、少々使えればいいやって感じで買いました。

Ankerにしたのは、バッテリーものはそこそこ信頼できるブランドでないと怖いから。それで、それなりに定評がある(ポータブルバッテリーも持ってるけど、満足してる)Ankerにしてみました。出品者が「Ankerダイレクト」なら、Amazonからの購入でも公式です。(Ankerダイレクト以外の出品者からの出品だけになってるなら、Ankerが出品するのを待つのがおすすめ)

公式ストアから買おうとすると、Sold Outになってしまってたので、Amazonで購入(と言うか、予約)したというわけ。
>>Anker公式オンラインストア

こっちはやりすぎかなーって。ただ、公式で21Wのものがなくなっているなら、定価で買えるこっちの方がいいと思う。あと、

これから10月。台風シーズンですね。晴れの日は爽やかな10月だけれど、台風が来やすい時期でもある。うちのあたりは、嵐で一・二時間の停電は少なくない。以前、高波で電信柱という電信柱が折られた地域も市内にはあるし。停電はこれまで最高で三日間かな。サバイバル〜。

あの頃よりもネット依存度は上がってるし。というわけで買ってみたわけ。

発電について

21Wと書いてあるんですけどね。おそらくこれは発電。

出力は、5V。そして、2ポートからの出力が最大3A。

なのでね、必ずしも5V・3Aで充電できるというわけではない。電流はあくまでも最大だからね。

室内では

朝から網戸の中、室内でやってみました。
発電はしてます。発電はしてるんだ。

しかし、充電するほどではなかったようで・・・。室内ならばバッテリーを直射日光に晒さずに済むと思ったんだけどなあ。

屋外では

直射日光厳禁!

バッテリーを直接日光にさらしてしまうと、ものすごく熱くなってしまいました。危ない危ない。

ケーブルは1.5mくらいの長めのものを使って、バッテリーだけは陰に入れてやると良いです。

晴れてきた午前11時から午後4時半まで、空っぽだったAnkerの13000mAhに充電しました。
バッテリー残量を示すライトが四つあるのですが、三つ目が点滅=充電中まで行きました。

そこからiPhone 8Plus(残量が10%くらいになっていた)に充電しましたが、90%(気づいたら、この辺りで充電を停止してます)になっても、三つ目のライトは光ったままです。結構すごくない?

影では発電はするけれど、充電できるとは言わない。やはり太陽が必要

さらに、太陽は動きますから、日が当たってた場所が当たらなくなりますね。気がついたら小まめに場所を変えてやると良いです。

陰ってもそれなりに発電してます。充電できるとは言わない。なので曇りの日では使えない。

まあまあ晴れていたら?

まあまあ晴れていた日の午後2時くらいから4時半までAnkerの13000mAhに充電して、ここからほぼ空っぽだったガラホに充電してみました。

ガラホはこれ。F05G ⇒海外旅行クラスタには、スマホ二台持ち推奨。中古携帯を買ったけれど、「Aランク」は不快感がなかった

なんと、フル充電可能でした!!!

ポータブルバッテリーを使ったのは、こういうこと。必ずしも同じペースで発電できるわけじゃないじゃないですか。バッテリーを劣化しやすいということだ。リチウムイオン電池は充電回数で劣化するので。つまり、チラチラと点いたり消えたりしたらひょっとしたら一日でアウトになりかねない。というと、スマホを直接充電するのは避けたくなるでしょ。

それで、スマホその他をそのまま直接充電するのは微妙。充電先には比較的安価なモバイルバッテリーを選ぶのを強くお勧めするよ!

ついでに20,000mAhのバッテリーも考えたんだけど、劣化を考えると、5000mAhくらいで十分なのではないかと思うようになりました。

薄くて軽い!

展開するとこんな感じ。

anker 展開

まあ、これじゃわからんと思う。

畳んだところでiPhone 8 Plusを置いてみました。充電中なのはご愛嬌。

Ankerサイズ

重さは500gくらいしかないし、薄いし、結構コンパクトなんですよ。

バッグ部分

バッグ部分がマジックテープなんですけどね。ここに充電口がある。

anker バッグ

発電していると、ここが光るという仕組み。

anker 発電ちゅう

届いたのが夕方だったので、広げる程度でしたが、室内(網戸だけ)で、日が入らなくなっててもゆるく発電していました。この状態で、バッテリーのきれたスマホを充電しようとするけど、あまりにゆるーくとしか発電できなかったら、充電できるというほどではないということらしい。

さて、私の持っているAnkerのモバイルバッテリーを入れてみよう(つまり、不満だった)。

これね。
Ankr 13000mAh

⇒姉御式モバイルバッテリーの選び方は、容量とともに重さを重視してる!

さて、入れてみよう。見やすいように光らせているわけだね。

ankerとanker

それで、マジックテープを止めて・・・っ引っかかるだけじゃん。

anker いっぱい

開いているところを下にして持ってみよう。

anker 落ちる

ずるっと出たわー・・・。

私は平面に置いています。

一緒に買うと良いものまとめ

まずは、ソーラーチャージャー本体。

次が、充電先のバッテリー。これは本当にせいぜい5000mAh程度で十分。毎日ガンガンに日がさすわけではないから。通り雨にあう可能性、日光が当たって燃える可能性を考えると、それなりのブランドを選ぶべきだけど、値段で選んで良いと思う。

太陽の陰になるようにバッテリーを置くようにすると、長めのケーブルの方が配置の自由が効くと思う。