スポンサーリンク

浅水湾(レパルスベイ)で一旦停止 [2015年11月 香港二泊三日]

大変残念ながら、2019年8月現在、香港旅行はお勧めできません。デモ情報、スト情報に気をつけて、というレベルではありません。

香港トランジットで宿泊を伴わないならば、基本空港で。デモ隊がいる場合には香港入境もせずにそのまま空港の制限区域内にとどまることをおすすめします。

確かにホテルが安いので、香港旅行が魅力的に見えますが、香港慣れしている私でも、エアポートエクスプレス九龍駅の上のWやリッツ、エアポートエクスプレス香港駅付近のフォーシーズンズでリッチなホテルライフを楽しむことしかお勧めできません。

agodaフォーシーズンズ香港
agodaW香港
agodaリッツカールトン香港

私も香港行きの航空券を2019年11月に出していますが、そのままフェリーでマカオに行くか、キャンセルすることになってしまうのではないかと思います。

香港仔からバスで赤柱を目指したんだけど

アバディーンを歩き回り、バスに乗って赤柱へ。⇒バスに乗って香港仔へ。香港島の南側は北側よりも空気がきれいだから好き

バスでは二階席に。もちろん〜。

車窓から。深水湾はいいねえ。

車窓より 深水湾

ヨットですね。お金持ちなんだろうなあ。そういえば、レスリー・チャンの「流星」ではすべてを失ったレスリーはヨットだけもっていて、そこに赤ちゃんが置き去りにされるのです。あれはどこだったんだろうね。

車窓より 深水湾のヨット

まん前に陣取っていたのが13歳くらいの男の子だったんですね。カーブのたびにその子が笑うんです。まあ、どういう笑い方かはわかると思いますが。
・・・良いんですよ、笑っても。私の友達は障害児の母だし、まったく慣れていないわけでもないです。ただし、こっちはそんなに体調が良いわけではない。この深水湾あたりから赤柱まではカーブの連続なのですが、その度に病的としか言いようがない笑い声が聞こえるとなると、ちょっと耐えがたくなってしまって。

浅水湾にさしかかります。

車窓よりレパルスベイ

浅水湾(レパルスベイ)の有名な穴あき。日本では本社ビルに穴が空いていたりする会社は結構傾いている印象があるんだけどな。

車窓より レパルスベイの穴あきマンション

それにしても、この子がきついわ・・・。よく見ると、後ろの席にいる女性はお母さんかナニーかなにかのようなのですが、ほとんど構いません。そりゃまあ、ね。

バスはブンブンカーブを周ってるわけですよ。二階から降りたいんだけど、走行中に二階席から降りるのも危険です。なのに誰も降りないし・・・。

そうか。俺が降りちまえばいいんじゃね?あの子は自由に笑えばいいのですよ。

というわけで、一度降りました。

ここで降りた

とはいえ、レパルスベイはもう過ぎてしまっていて、レパルスベイから赤柱へ至る最後の大規模マンションではないかなあ、ザ・リリーの前で降りました。

降りたところの道の向こう側はこんな感じで渡りたいんだけどなあ。

リリーのバス乗り場から

この下のレパルスベイまで行ってしまえばきれいだろうなあ、と思うのですが、ここは車道なんです。横に歩道があるわけでもなく、車はぶっ飛ばします。上の写真だって、一瞬を狙って撮影しただけなんです。道を渡ってレパルスベイへ行くバスに乗ろうかと思っても、車が多すぎ、かつスピードを出しすぎていて渡れません。私はザ・リリーには運転手なしでは住めないなあ。

それにしてもリリーは面白いねえ。

面白い形のマンション、リリー

リリーから

逆光になっていない写真を見れば分かるけれど、まだそんなに遅い時間ではありません。

そのまま赤柱行きのバスが通りかかったので、手を振って止めてそれに乗ることにしました。⇒夕方の赤柱は香港じゃないみたい❤︎

▶︎2015年11月 香港二泊三日 もくじ に戻る

Copyrighted Image