吸水サニタリーショーツは、旅行用にも使える。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

私は国内旅行はもっぱら楽天トラベルで予約してる。
クーポンが出てる日本のホテルを、楽天トラベルで見てみない?

姉さん、かなり正確なんだけどね。意外かもしれないが。30過ぎてからは安定している上に、あんまり痛みもない。35過ぎてからは、精神的な落ち込みもなくなってきた。だるさ、眠さはあるけれども。1日目がひどく判断力が落ちるので決断しないようにしてる程度ですね。本当に追い詰められてない限りは(たまにあるんだけど)、月に一度のなあああんにもしない日ということにしておくと、楽に乗り切れる。

旅行期間もそれなりに調整できるので、合わないようにするけれど、半年前から準備していくと、毎月二日遅れ、一日遅れ、三日遅れってしてごらんなさい。

積み重なると、ピンポイントで生理前から前半の体がだるい時期!ってこともあるわけよ。

広告—————————-

2019年7月に、KKdayさんで、A'CHRON(艾珂菈 アクロン)という、台北101の35階にあるアロママッサージのモニターをさせていただきました。
KKday 【台北101絶景スパ】A'CHRON(艾珂菈)アロママッサージ利用チケット
ホットストーンがとても気持ちが良かった。
⇒台北:台北101でアロママッサージを受けよう

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

吸水ショーツって、生理前、終わりかけに向いてると思う

生理がきてしまえば対処できるけれど、来る前に、小さめのナプキンをつけておいて歩くのって、肌があまり強くない人には結構きつい。

吸水サニタリーショーツだと、ナプキンよりも多少は肌に優しいのではないかなあと期待してる。

私の場合は最大で5日くらいの差異があるから、その間をナプキンで過ごすと不快なんだよね。始まってしまえば良いんだけど。

あと、私の場合はいつ始まったかにもよるけれど、四日目の夜くらいから、もう終わりかけになるから、小さいやつを使うんだよ。コスパが悪いけれど、肌には優しい。五日目の午後くらいからは、出てるか出てないかと言えば出てるんだろうなあ、拭けば茶色っぽいけどー、という感じにもなりますし。普段、ここにはパンティライナーを使ってた。

ほんと、パンティライナーから臭いがしたら困りませんか?困らないの?

こういうときも吸水サニタリーショーツが使えるのではないかと思うんだ。

ということで、ようやく、吸水サニタリーショーツデビュー。

買ったのはユニクロ

買ったのはユニクロ。GUのお店も遠くないところにあるんだけど、GUで見送った最大の理由は、安っぽいレース。これが私の肌に合わないだろうから。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E441316-000/00

他のブランドでも扱いがあるけれど、4000円弱くらいからなので、使えるか微妙によくわからないものに3000円は微妙だなあって思って。ユニクロは約2000円なので、手軽ですよね。

これが重たいし、すごくでかい。ちょっとびっくりしましたね。

これにナプキンを合わせてみると、以外にそこまで厚ぼったくならない。

レースはないんだが、切りっぱなしではなく内側に折り返してあるのが絶妙に不快。残念ながら、見たことがないんですよね、切りっぱなしのサニタリーショーツ。ユニクロの(通常の)サニタリーショーツも使ってるけど、これも圧着で不快なので、裏表逆にして使うとすごく楽です。圧着は外に向けて折り返してほしいよ。

「お尻の上まで防水シートがある」のだけど、これは「吸水シート」ではないんです。それで結構お尻が蒸れた。

お股の不快感よりもお尻の蒸れの方が不快な人はいると思うので、合わない人はたくさんいると思う。

ただ、なんというかな。お尻の上まであるから、寝相が悪くて漏らしがちな人も、安心して寝られるのかなとは思いました。とはいえ、私は多い晩でも「夜用」で十分な人なので、夜はオムツ型のナプキンを使わなければならないような人にまでどうかは知らん。

生理終わりかけに使ってみた。

買ったのが生理中だったというのもあって、最後の五日目に使ってみたのだけど、小さいナプキンやおりものシートを使うより快適かなと思った。

汚れも表面だけだと思ったので、お風呂に入ってるあいだに、手で軽くすすぐだけで十分なくらいの汚れだし、そのまま洗濯機にポイ。

生理前に使ってみた。来ても漏れないという安心感はあるが、実際に生理が来てみると、処理が面倒で面倒で

次の月には生理前の来るかな来ないかな?というときに使って、使った早朝に目が覚めて「あ、」と思ったんだけど、漏れないからちょうどいいやと思って、寝過ごすことにしました。案の定だったけど、漏れることもなくて、快適でした。

経血が出始めると、血の臭いが漂うような気がするのだけど、それもなかったし。量にもよるだろうけれど、ショーツが膨れるということもなかったし、外はサラサラでした。

これをつけてて家ではないところで生理になったら、臭いも少ないから、ちょちょっと拭いてその上にナプキンをつければ急場は凌げると思います。

ただ、経血が出ているときに、そのままこの吸水ショーツだけで履き直すのは、私は御免被りたい。

このときはそこそこ経血が出てたのもあって、表面を拭いて履き直すと冷たくて本当に気持ち悪かったの。こりゃ私には無理だと、すぐに普通のサニタリーショーツ+ナプキンに切り替えました。

家だったし。

そして汚れた吸水サニタリーショーツの方は、そのまま洗面所で洗ってみたんだけど、んー。ずーっと薄く血の色なのよ。仕方がないので、洗面器に水を張って、その中にいれて夜まで放置だ。放置だ。

普段の生活の中に取り入れるなら、生理が来るかどうかわからない日につけるのがいいと思う。吸水ショーツ単独ではなくて、ナプキンと組み合わせるのをおすすめする。

つまりね。

職場で、学校で、出ているときに吸水ショーツをつかってるときに生理になったときは、ナプキンをその上につけて、家に帰ってお風呂で洗うのがいいと思う。

旅行用品としては

生理前一週間くらいのときに出かけるなら、吸水ショーツにしちゃう。生理が来ればその上にナプキンをつければいいし。時間が稼げるから、実際に来るかどうかわからない状態の不安感が和らぎます。

生理終わりかけにも使えるし。

清潔さと簡便性を兼ね備えたのが、使い捨てナプキンだと思う

もともと、ドバドバ経血が出ているときに吸水ショーツを使いたいかというと、私の場合は、それはちょっと違うねえと思ってた。

気分が悪いというよりも機嫌が悪いときに、このものぐさで面倒くさがり屋に「洗って経血を抜く」なーんて手間をかけさせるものは、本当に辛い。だから布ナプキンも使ったことがなかった。

経血ドバドバの時期には、簡便さと清潔さを優先させたいのよ。トイレで吸水ショーツを履き替えたり、布ナプキンを取り替えるのが平気だという人はそれでいいんだけど、私は面倒だし、外に出てる時に経血を吸った布ナプキンや吸水ショーツをどう持ち歩きますよ?という話でもある。

やっぱり生理用ナプキンって清潔さと簡便さを両立させた良い商品だと思う。生理が始まってしまえば、私はナプキン派。

ツールの選択肢が多ければ、それぞれにフィットした快適なグッズを使えばいいよね

吸水ショーツを使うシーンは、生理になっても変じゃない期(私にとっては生理中より不快感がある)、生理の終りかけの日だなーというのが正直なところ。

私にとっては、この二つの時期に旅行の予定が入ったときに、吸水ショーツを使ってると多分かなり安心できると思う。蒸れもナプキンよりは少ないから。

ただ、いざ生理が来てしまうと、吸水ショーツは処理が私には面倒で面倒でたまりません。使い捨てナプキンは、簡便で清潔ですごくいい。

何れにせよ、選択肢が増えることは喜ばしい。こういうものは、自分にとって不快なポイントを、どう軽減してくれるかというポイントで選ぶべし。

Copyrighted Image