スポンサーリンク

香港で買ったハーブティーが死ぬほど不味かった! [2015年4月 香港女一人旅]

香港渡航・トランジットは2019年12月現在おすすめしません

大変残念ながら、2019年12月現在、香港旅行はお勧めできません。

デモ情報、スト情報に気をつけて、というレベルではすでにありません。

香港トランジットで宿泊を伴わないならば、入境しないこと。そのまま空港の制限区域内にとどまることをおすすめします。特に週末は要注意。

私も2019年11月の香港往復の航空券を持っていましたが、空港から直接マカオに行きました。空港内は平穏でしたが、無駄に神経を使いました。⇒香港空港からマカオ(タイパ)までコタイのフェリーに乗って

ただ、トランジットでも情報を得やすいように、香港のSIMや香港で使えるローミングSIMを事前に準備しておきましょう。

データオンリーですがこれを持って行きました。これなら、マカオはもちろん、深圳や広州に回る羽目になっても使えるから。⇒マカオで使うSIMも、結局さっさとAmazonで買ってしまえ!

確かにホテルが安いので、今は香港旅行が魅力的に見えますが。

香港慣れしている私でも、エアポートエクスプレスまで止められる、止められなくても、九龍駅には止まらない状況では、エアポートエクスプレス香港駅付近のフォーシーズンズでリッチなホテルライフを楽しむことも無理かも。封鎖されればタクシーも使えないので。空港から出ないこと、そもそも入境しないことをおすすめします。

agodaフォーシーズンズ香港

お茶のみで、ティーバッグを持って旅行する人です。

ただ、2015年4月香港・広州女一人旅は、行きがLCCだったためにできる限り持ち物を少なくしたかったのです。

持ち物を少なくするなら、「現地で買えるものは持っていかない」が鉄則なんですね。

それで、それでティーバッグは持って行きませんでした。

その代わりにシティスーパー(IFC2にある高級輸入スーパー)でハーブティを買いました。アメリカものね。
ハーブティー

これがねえ・・・。

まずいの。

まずはジンジャーカモミール。これはまるでトイレの芳香剤。

次の喉痛用ははちみつジンジャーなのですが、こっちはまだいいかな。

大失敗でした。ずっとBonaquaを飲んでいたのですが水は飽きちゃうし。清涼飲料水には手が出なくて。たまにジュースは買ったけど。

次回2015年6月はティーバッグを持って行ったり何とかしようと思いました。

Copyrighted Image