スポンサーリンク

「寝る」必要のあるフライトなら、ヘアーバンド型のアイマスクがおすすめ!

「寝る」必要のあるフライトってありますよね。

例えば、欧米便です。
このブログで書いた中であれば、2014年7月のヨーロッパ往復がそうでした。行きが⇒2014年7月 エバー航空でFUK-TPE-BKK-VIE。帰りは ⇒SASでコペンハーゲンから成田に飛ぶ [2014年夏 ヨーロッパ女一人&二人旅]

こういうフライトではなくても、アジア便でも深夜出発早朝着ということもあります。
⇒TG:NRT-BKK-NRTをA380で往復しました!
私は欧米便よりもアジア深夜早朝便をエコノミーで飛ぶほうが嫌・・・

安眠グッズ・快眠グッズも効果がないですし、睡眠導入剤を使っても今度は時間が足りずに抜けない。目を閉じて狭いところでじっとしているしかない。

そういうときにアイマスクは結構有効です。私が使っているのはこれ。

アイマスクアイマスク

裏はタオル地になっています。

なんでもいいと思うのだけど、オススメなのはこういう、ゴムを後ろにかけるタイプのアイマスクです。

機内は乾燥しているので、喉を保護するためにマスクをして耳にかけるでしょ。その上にアイマスクのゴムが耳にかかるとかなり不快なものです。

このアイマスクは多分AAのビジネスクラスに乗ったときのものだと思います。JAL・ANA・SQのビジネスクラスでもアイマスクをいただいたことがあります。SQはとってもチープな出来だったので使わず。JAL・ANAどちらもこういうゴムが頭の後ろにあるタイプなのだけど、ゴムが一番頑丈というか幅広なのがこれだという理由でAAを使っています。

航空会社のアメニティという形で私は持っているのですが、なんかちょっとこれ、気になってる。

圧迫感なし!?!?

それなりにアイマスクは圧迫するものでもありますからね。立体型なのでメイクに・・・ということでもありますが、私はそもそもメイクオフしてから乗るのでその点は別にどうでもいいのでした。

というわけで、深夜早朝便に乗る必要のある方、使い捨てのマスクのみならず、アイマスクもあるといいとなかなかよろしいのではないかと。

 

Copyrighted Image