スポンサーリンク

DB(ドイツ鉄道)の一等をオンラインで予約して、キャンセルしました

予約編

DB(ドイツ鉄道)のチケットを購入しました。

ジャーマンレイルパスにしようかとも思いましたが、一本を除いて州内チケットで日帰り、というのが一番楽だろうと思うのです。

それで、DB。

一等にしたのは、事前の割引チケット(キャンセル不可・変更不可)のチケットが安いからです。

https://www.bahn.de/

この公式サイトから購入しました。英語に切り替えればOK。指示に従えば問題ないと思われます。

いろいろとDBで検索してこの31ユーロのチケットにしたかったんです。

DB 01 これにしようと思った

トランスファータイム(乗り換え時間)を5時間、というもの。

時刻を調べる

1 英語に切り替える

まずは英語に切り替える。

DB 02 英語に切り替える

 

2 途中下車して遊びたいので、もう一手間かける

一本でそのまま行けるならそれでいいのですが、今回はライン川を回りたかったので、もう一手間

DB 03 もう一手間かける

Further Optionsを使います。こうしないと、デュッセルドルフとマインツ間であれば、デュッセルドルフとフランクフルトを山側で結ぶICEが最短なのでそれになってしまう。

今回はライン川を回りたい。

3 ストップオーバーを利用する

DB 04 ストップオーバーを利用

これをひらきますと、書くところがあります

4 今回はコブレンツで5時間のストップオーバーにした

というわけです。

DB 05 コブレンツで5時間

これで、デュッセルドルフからコブレンツ、コブレンツからマインツ、とライン川沿いに移動できると思う。

5 いざ買おう!と思ったら、値上がりしていました・・・

一番上のスクショを取った日と、買おう!と思った日には3日間程度差があります。

DB 06 値段が上がった

10時半だし、のんびりとがっつりとご飯を食べて、18:00前にホテルなら最高じゃない?という素敵ルートでした。これ、もう買うしかない。

To offer selectionをクリックします

購入手順

6 一番安いSparpreisを選んだ

DB 07 安いチケットを購入

購入条件は、前日までであれば、19ユーロの手数料で払い戻します、というものです。もしも78ユーロ支払っていれば、全額戻ったんですがね・・・。

確かに行けるかどうか・・・とは思っていましたが、いくもん!という決意で37ユーロにしました。ま、37ユーロなら惜しくない。

7 バーンカードにしませんか?などは無視

DB 08 無視する

次はお誘いなので無視。

8 DB会員になっておきました

というのも、早朝まだ駅が空いていないときに乗る可能性があったからです。その場合はアプリで買ってしまうつもりだったのです。

DB 09 登録しておいた

アカウントを作った段階ですぐにメールが飛んできました。

 

9 PDFをプリントするかアプリを使うか、郵送するか、など選べる

DB 10 プリント

念のためにPDFで受け取ることにしておきました。

メールで添付もしてくれますし、メールアドレス・・・ちゃんと入れたっけ・・・と不安になる人(私)は、まずアカウントを作ってメールが届くか確認し、購入直後にもPDFで表示させました。

10 確かめる

DB11 予約

悲しかったのは、座席を指定するときで、コンパートメントかオープンかはどうでもよかったのでAny。そして窓際死守なので窓際を取るでしょ。で、次はAreaでQuietかPhoneで、Quietを指定するのに、Anyにされました・・・。

ま、いっか。

11 到着地の1日乗車券の手配など

次に出てくるのは、到着地の1日乗車券などを購入しませんか、というもの。マインツのホテルは中央駅の近くのHotels.com ホテル ケーニヒスホフ (Hotel Königshof), マインツ

さらにいえば、18時の到着なのでもう1日乗車券はいらなかった。

DB12 無視

なので、これも無視。

12 クレジットカードを入力したら購入終了

DB 13 クレジットカード決済

お、JCBカードも受け付けますね。日本人がよく使うのでしょう。

私はANAカードで決済しました。

ANAカード

直後にPDFで表示できましたし、メールにもPDFの添付が届きました。ただ、チケットの写真は個人情報もりもりなので割愛。

割引チケットは早めにおさえろ!

これを思いついたときに調べると31ユーロで一等が予約できるのですが、よし!とホテルをリスケして、えいやっ!と予約する時には37ユーロに値上がりしていました。これがちょっぴり悲しかったところです。

これねえ。フランス大統領選挙を待って決めようかと思っていたのですが、これからどんどん上がってくるのかーと思うと、さっさとおさえよう、と思うようになりまして、さっさと予約することにしました。

おそらく、下がることはない。

PDFをプリントアウトして持っていけ

プリントアウトして購入したクレジットカードを持って乗り込めば良いという話です。

うまくいかなかったら、(泣きながら)RBの二等でトコトコやるか(2州チケットで44ユーロくらいかしら)、長距離バスでフランクフルトに出て、フランクフルトからマインツにSバーンで移動すれば良いのだし、それはそれで楽しそうでしょ。

このPDFのチケットが出て初めてシートがわかります。

1 Sitzplatz, Wg. 264, Pl. 75, 1 Fenster, Großraum,
1 Sitzplatz, Wg. 14, Pl. 55, 1 Fenster, Abteil,

の二つの座席です。

デュッセルドルフを出るときはGroßraum(通常の座席。テーブルがつかない)、マインツに到着するときはAbteil(コンパートメント)とうまく分かれたので、その様子も写真に撮ってこようと思っていたのです。

 

体調が改善せずにキャンセル

撤退ラインを引いていたのですが、それにあたってしまい、これは仕方がないとキャンセルしました。

喘息で体調が低空飛行でも、墜落しなければ良いのです。

悲しかったけれど、「墜落を防止した」と、肯定的に捉えます。

というわけで、キャンセル編。

私は会員登録をしていたのですごく楽でした。

1 自分のチケットを出して、Cancel Ticketをクリックする

DB14 キャンセル

クリックをすると、メールが飛んできました。

抜粋です。

DB

37ユーロのチケットで19ユーロの手数料を引きました。

です。

返金額は18ユーロ。

これはおそらく購入時に使用したクレジットカードに戻されるのでしょう。

 

じゃあ!リモワや持ち込みサイズのハードケースに詳しくなってリベンジしますよ!

 

★周遊SIMを買ったり、Kindle版の歩き方を買ったり準備もしてたのになあ。
⇒ヨーロッパ用周遊ローミングSIMなら、事前にAmazonで調達できるよ!

 

Copyrighted Image