博多駅:行集談四朗商店では、談四朗チキンを食べてみて![2017年9月] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

博多駅:行集談四朗商店では、談四朗チキンを食べてみて![2017年9月]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

「くうてん」全制覇するつもりはないのだけど、ロケーション、時間的にここのところ、夕方は博多駅だし、「くうてん」になってしまいます。

さて、今回我々が向かったのは、JR博多シティ10Fの「行集談四朗商店」。雑貨屋さんではなくて、沖縄料理。以前は「談四朗キッチン」だったと思うのだけどな。
沖縄料理 くうてん

麺食いの私は沖縄そばとか、ソーキそばとかよく食べてました。

青いのはブルーシロップにシークワーサー果汁を加えたのとか、そんな感じの「シーサーのさんご礁」に「れんとサワー」。背が高いのが「さんご礁」で私のです。もちろんノンアルコール。低い方はアルコールです。ドリンクはいっぱい500円程度でお手頃。(そういや、あなた、私に「よく青いものを食べる気になるね」という人の一人だったよね)

お通しが一つ300円で二つ。写ってないな。(お通しでお金を取るのはビミョーだといつも思うのね)あと、以前はさんぴん茶が出ていたように思うんだけど今回はなかった。

ZenFone3で写りがよくないのですが。
沖縄料理 くうてん
ゴーヤーチャンプルー850円に、じゅーしーとらふてーごはんがそれぞれ200円。二人で半分ずつ食べたけどどっちもおいしいよねえ。私は混ぜごはんは好みではないのですが、こういうエキゾチックなのは許せてくる。

メインは談四朗チキン。これ、ハーフですから。
沖縄料理 くうてん

これが910円。

京鼎楼のチキンがすごく美味しくて、でも大きくてびっくりしたので、「ハーフ」とあったのでこれにして正解でした。やっぱり大きいんだもの。

ハーフだけどポテトがあってボリューム満点。鶏肉の上に乗っているのはガーリックで食欲をそそります。

こういう料理は家では絶対にできないし、沖縄料理はまず作れないもんね。

会計は二人で3,760円。激務の合間に来ていただいて、ありがとうございました。

この日は私はTジョイで映画を見たのでどうも、半券を出したらアイスクリームがもらえたっぽいのだけど、一つしかないし、すっかり忘れていました。

おみやげにって、会計のときにお店からサーターアンダーギーをいただきました。
沖縄料理 くうてん

 

ここで互いの近況について語り合っていたのですが、ここで私が話していたのは「沖縄いこっかなー」でした。ええ、フラグだった。

姉さん、那覇に行くよーっ!!!

Copyrighted Image