スポンサーリンク

香港でCD&DVDを買うなら、一番楽なのはHMV(だったけれど、営業終了ずみ)

香港渡航・トランジットは2019年10月現在おすすめしません

大変残念ながら、2019年10月現在、香港旅行はお勧めできません。

デモ情報、スト情報に気をつけて、というレベルではすでにありません。

香港トランジットで宿泊を伴わないならば、入境しないこと。そのまま空港の制限区域内にとどまることをおすすめします。特に週末は要注意。

私も2019年11月の香港往復の航空券を持っていますが、空港から直接マカオに行く予定です。

ただ、トランジットでも情報を得やすいように、香港のSIMや香港で使えるローミングSIMを事前に準備しておきましょう。

無料通話がついているようです。

トランジットならこれが便利。香港でも日本でも使える。

確かにホテルが安いので、今は香港旅行が魅力的に見えますが。

香港慣れしている私でも、エアポートエクスプレスまで止められる、止められなくても、九龍駅には止まらない状況では、エアポートエクスプレス香港駅付近のフォーシーズンズでリッチなホテルライフを楽しむことも無理かも。封鎖されればタクシーも使えないので。空港から出ないこと、そもそも入境しないことをおすすめします。

agodaフォーシーズンズ香港

私も香港行きの航空券を2019年11月に出していますが、そのままフェリーでマカオに行く予定です。キャンセルすることになりませんように!

HMVは香港では営業終了しているので。次のところを見つけるまで、過去の記録としておいておきます。

2015年のこと。香港男子に聞いてみました。

「中古でもちっとも構わんのだが、海賊版でないかどうかってどうやって確かめてるん?」
「今、香港では海賊版は全滅してる。昔は海賊版だらけだったよ。というのも、今は全部ネットに上がっちゃってるじゃん。ディスクを買うのはコアなファンだけ。ファンは海賊版を買うわけないでしょ(あんたみたいに)。だから海賊版は儲からないんだよ。リスクが高いだけで。だから、新しくでたものに海賊版はほぼない」

だそうです。了解。香港に限れば、安心して買えるのではないかな。

いっちばん楽なのは十中八九HMV。

買った場所

深水埗:ハードルは低くない

一つは深水埗の廣視影音。欽州街。

ここ、カードが使えます。店内も清潔。CDよりもDVDが充実していました。
google mapsには2011年の絵がありましたが、ほとんど変わってない感じ。

そのほかにも中に入ったら「抗日ドラマ」コーナーがあってどうも中国産のものを売っているようなお店もありました。

ここで、レスリー・チャンのコンサートDVDを購入したのです。CDも購入したというつもりだったのですけれど、VCDだった・・・。やられたね。

というわけで、あまりおすすめしません。

旺角:信和中心(Sino Center) いわゆるオタビル

香港男子が購入を手伝ってくれて、お金を港女に渡すときにディスクにmini shopと書かれていました。

「どこよ?」と聞くと「旺角みたい。多分信和中心」と言っていました。レッツゴー。
オタビルとして有名な信和中心ですが、今回はじめて行きます。ネイザンロード沿いなので見つけやすい。
場所:旺角彌敦道582-592號

確か日本で言うところの二階、つまり地上からエスカレーターで一つ上がった階にmini shopがありました。香港&台湾ポップスを扱っていたのはここともう一つだけでした。店内で扱っているのは香港・台湾・日本・韓国というところ。DVDはドラマばかりで映画はほとんどみあたりません。ポスターはあったな。

ここもカードが使えます。

ところが、男子が買ってきてくれた蘇打緑ですが、Mini Shop 信和B1って書いてあって、私のレスリーはminishop.com.hkで信和M12CDとか書いてある・・・

minishop.com.hkによると、なんかB1にある同じ名前の店とは関係ありませんとか書いてある。別の店だったみたい。(兄弟が喧嘩別れしたとかそんな感じ?)

2016年8月に、ここでジェイを購入しました。

ジェイ買った❤

中環のHMV

HMVです。昔と場所が変わってますね。ランドマークとマークスアンドスペンサーの交差点にあります。

カフェ付き。飲まないけど。

CD・DVD・ブルーレイの数が多いのはHMVでした。以前はHMVは値段が高いと言われていたのですが、今回見るとそんなに高いわけではないかも。つまり、ほかのお店の値段が上がってるということでしょう。もちろん、カードが使えます。

ここで買うこともあります。

尖沙咀のiSquareにもあるので、これも見つけやすい。やっぱり一番楽だと思う。

探し方

CD

台湾のように名前順に並んでいるわけではないようです。女声・男声は分けてありましたが。

欲しいCDは蘇打緑だったのですが、香港男子が手伝ってくれなかったら見つけられませんでした。多分。だって、minishopでも見つけられなかったんだよ。かかってたんだけど。

CDの場合、男性のコーナーで一番目立つところにいるのが4月なら張國榮。そうではないなら、次がイーソン&ジェイ・チョウ。この二人はどこの店でも固めて置いてありました。さすがだね、ジェイ。

HMVにはH2KDコーナーがワゴンに作ってあって中にJJ林があったのに驚きました。ジェイは出さないのかな。

まあ、何はともあれ、レスリーも購入しました。コンサートDVDもCDコーナーにあったような気がする。そうそう。レスリーの82年くらいのバンコクのコンサートDVDがminishopにあったんだけど、あれは買うべきだったのでしょうか。

映画DVD

平置きしてあるものだけを買ったので・・・

だって、そこそこ有名どころばかり買ってるもん。確かHMVかな。レスリー・チャンはコーナーがあったような気がする。でも、王家衛・「男たちの挽歌」・「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」ばっかりだったけど。(「覇王別姫」はあったかもしれない)

そうそう。チャウ・シンチーの古いコメディはどこにでもあった。出たばかりだったのかもしれない。しかし、レスリーの古い作品はどこにもなくて、むしろ日本のAmazonの(中古の)充実ぶりに驚きます。

香港での品物の調べ方

CDはジェイを買っているのですが、現地の友達が探してくれたり、一番見えるところに置いてあったりと見つけやすすぎました。なんたってジェイ・チョウ。スーパースターです。マイナーな方を探す方法は不明です。

DVD(というか、VCDも)はアメリカもの、香港ものと買っていますが、現地の友達が探してくれたり、パッケージが見えるようにおいてあったものをうまく買ったので記憶にありません。

注意

海賊版も少なくない世界なので、ご注意を。路上で売っていることもあるようなのですが、それはまずいだろうねえ、と思います。最後はお店を信じるしかないのですが。あやしげなお店では買わないようにしようね、ということです。

リージョン

DVD

日本のDVDはリージョン2、テレビの放送方式はNTSCです。

香港のDVDはリージョンフリー(多くが)、NTSCでした。2008年、2009年購入した物はほぼ全てリージョンフリーでした。しかし、2014年香港で購入した物は全てリージョン3でした。最近は売れないので台湾と香港は同じ物を流通させているのでしょうか。

台湾のDVDはリージョンフリーのものとリージョン3のものが混在し、NTSCです。
中国はDVDのリージョンが6、放送方式はPALです。

以前はリージョンフリーのDVDプレーヤーを持っていたのですが、今はパソコン用のポータブルDVDプレーヤーのリージョンを変えています。

PALとNTSCはパソコン用であれば互換性があります。が、通常のDVDプレーヤーでは互換性がありません。

意味の分からない方はとにかく、「ALL REASION NTSC」と書かれていれば大抵見ることができるので、それを探しましょう。もしくは何も書かれていないもの。2011年台湾で買ったものの一つが「ALL REASION NTSC」だったのに、読めなかったのでリージョン3に設定したポータブルDVDプレーヤーだったら見ることができました。

Blu-ray

日本、香港、台湾はリージョンAです。テレビの放送方式もNTSCなので気にしなくても良い。ただし、中国はリージョンCで放送方式がPALなので、中国版を入手しようという場合にはお気をつけて。

(でも台湾で購入した蘇打緑のCDについてきたブルーレイ、なんかうまく映らなかったのですよね・・・。結局、ポータブルブルーレイプレーヤーを購入したのです。まあ、そういうこともある、ということで)

Copyrighted Image