ad

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア

アットナング-プッハイムからザルツブルクを経由してミュンヘンへ [2014年夏 オーストリア・ドイツ女一人旅]

オーストリア女子の家はザルツブルクからウィーン方面に約1時間のドライブです。私はフライトの都合上、ミュンヘンに行かねばなりません。

ミュンヘンへはAttnang-Puchheim(アットナング-プッハイム)というところからザルツブルクまでゆき、ザルツブルクからミュンヘン行きの特急に乗る予定でした。53ユーロなり。かなりするねえ。値段を知ったときに、いっそ、ザルツブルクーフランクフルトーコペンハーゲンのフライトにすれば良かったかも、と思いましたが、それなりのサーチャージがかかったことでしょう。

どうしてザルツブルクまで連れて行ってくれないんだい?と思ったのですが、ザルツブルクにいってわかった。ザルツブルクの駅前に車を乗り付けるのが難しいようです。時間もどこから乗るかも決まっていなかったので、事前に切符を買っていません。
⇒ザルツブルク もくじ

アーリーバードならもっと安くなるのですが、その場合は指定された列車以外には乗れないのです。

さて、一人旅再開です。

購入した切符と旅程

ÖBB(だからQBBではない!)は切符を購入すると旅程も出してくれたのです。

ミュンヘンへミュンヘンへ

Cは多分クレジットカード、かな。JRでもCって表示されるし。

アットナング-プッハイムからザルツブルクまで

ザルツブルクまでは6人がけのコンパートメントでした。

ミュンヘン

おー。電源ある!良いですね。使ってないけど。
ミュンヘン

アットナング-プッハイムからザルツブルクまで、美しい湖水地方の車窓なんてない

ザルツカンマーグート、つまり湖水地方なのですけど、景色はこんな感じ。

オーストリアからドイツにオーストリアからドイツに

きれいはきれいですよ。「オーストリアの農村」といった感じです。

ただ、「ザルツカンマーグートの美しい湖のある風景」ではなかった。
⇒ザルツカンマーグート もくじ

ザルツブルクで乗り換え予定だけど・・・

ザルツブルグから特急に乗り換え予定です。新しい駅舎でエレベーター&エスカレーターありの、SPARってスーパーマーケットありの、便利そうな駅でした。

オーストリアからドイツに

ホームに上がろう。
写っているアジア人は日本人でした。列車に乗ると結構日本語が聞こえましたよ。というより、列車ではアジア言語は日本語以外聞こえませんでした。

ザルツブルクより

乗る予定の特急はウィーンからの長距離でしたが、アットナング-プッハイムには止まらない特急なので、ザルツブルグで乗り換える必要があったのです。しかし、おかしい。

RJ262の、10:56なんだけど?actual を見ると、11:31!?
ミュンヘンへ
ん?遅れ?

駅員さんがいたので聞いてみた。
「あんたのチケットは・・・ああ、どれでも乗れる。その列車は遅れる予定。でも、あそこのミュンヘン行きよりも15分早くミュンヘンにつく予定だよ」
・・・長距離列車って、遅れるんですね。

一応、オーストリア女子に写メ送っておきました。
「遅れるん?」
「うん。それ、遅れる」
どうしようかと思いましたよ。あのさあ。この列車ウィーンから来るわけよ。さっき切符を買った時にはもう遅れが出るのはわかるはずだろうし・・・むむむ。

日本でも遅れが出た列車って、どんどん遅れることがありますよね。逆にどんどん遅れを取り戻して行くことも。ザルツブルグで言われた差15分でした。35分余計に待って、予定よりも35分は遅くものにのるのか。それともさっさと乗ってしまって、予定より45分遅くつくことにするのか。

「こっちは遅れない?」
「今の所遅れないみたいだね」
時間が読める方が良いや。と先の列車に乗りました。
「一時間遅いのに乗るより速かった」
「そうだね」

快速に乗ります。
ミュンヘンへ
コンパートメントではないので気が楽です。これは慣れの問題よね。

今度はテーブルつきです。ポテトチップスmgmg。
オーストリアからドイツに

途中のドイツの駅。
ミュンヘンへ

この列車はこんな感じで進みました。

ミュンヘンへ

PlanとAktuellが一致しているっていいわ。

この車内で、無銭乗車をしようとしたアフリカ系がつまみ出されるのを見ました。
⇒ヨーロッパの鉄道は日本と結構違うから気をつけて

ミュンヘン中央駅に着きました。
ミュンヘンへ
よくわかりませんが、着いたので良いことにしましょう。

もしくはきっちりと早くから時間と旅程を決めているなら、事前にネットで購入しておいた方が安くなるのかも。でも、割引切符なら遅れても別の列車に乗ることはできないかもしれないので、ご注意を。

私のように現地に車を持っている友人がいる場合は割高になりますが、レイルヨーロッパでパスを購入するのも一つの手です。多分それなら、遅れたら別の列車に乗ることも可能だと思う。
>>レイルヨーロッパ

▶︎ ミュンヘン旅行 もくじ に戻る

★SIM持った?私は次回のヨーロッパでは多分事前に周遊ローミングSIMを手配していくと思う



★クレジットカードの他に、プリペイドカードと国際キャッシュカードを用意して、お金を引き出せるようにするのが姉御のオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする