なるほど!ウェットティッシュとキッチンタオルは小分けにしてGO | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

なるほど!ウェットティッシュとキッチンタオルは小分けにしてGO

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

荷物のすごく少ない方がおられまして、どうなさってるのかと思ったのです。

その中にプラスチックのチャックの袋が二つあって、何か伺うとウェットティッシュとキッチンタオルを小分けにしているんだとか。

キッチンタオルはハンカチ代わりにしたり、いただいた食べ物を包んだりするんですって。

なるほど!というわけで、その案いただきました。

小分けにしたティッシュなど

2017年6月の台湾ではこれがかなり役に立ちました。左上にうつっているのは、紙皿で、これもまたフルーツを食べるのに便利でした。

左がキッチンタオル、右がウェットティッシュです。

ただ、キッチンタオルは丸ではなくて、ダイソーの、いわゆる「ティッシュ」式になったものなんですよ。

これねえ、ポップアップするように折ってあるのを外した方が使いやすいので、その点手間がかかります。

右側はウェットティッシュ。銀行とかそういうところで、ウェットティッシュもなかなかたくさんいただくんですよね。一番使い心地の良いウェットティッシュ、というわけではないのですが、これは大判のものなので、使いやすかったです。

なんなら割安な、「詰め替え用」みたいなのを買ってきてもいいんだなあ、というわけで、一つ学習しました。

これですね。ものによってはウェットティッシュで手がガサガサな感じになってしまうので、ノンアルコールの、「水ですよ」というタイプのものを愛用してる。

コロナ対策に、アルコール除菌のウェットティッシュを持って歩く場合。ポケットタイプが買えないときでも、スーパーやドラッグストアで、オリジナルブランド品の詰め替え用だけは買えることがあるよね。そういうときにも、こういう風に持ち歩けば良い。(ただ、毎日入れていたジップロックごと捨てるのを推奨するよ)

このジップロック、安くて薄くて小さいから結構おすすめ。

 

 

Copyrighted Image