スポンサーリンク

キャセイディライト作ったよ!

キャセイパシフィックのノンアルコールカクテルのキャセイディライト、飲んだことはおありでしょうか。

エコノミーでは出ません。かなり手間かかるもの。

ビジネスに乗ったときに、ガラガラだったからかスッチーが「ウチのおすすめカクテルあるのよ」とウィンクしながら言ったんです。「私、アルコールうけつけないの」というと「大丈夫。ノンアルコールの作ってあげる」と作ってくれました。

今はあるのかなー。

レシピは公式サイトからはもうないようですし。

Cathay Delight
5ml coconut milk
35 ml fresh milk
60 ml kiwi juice
3 or 4 mint leaves for garnish

Make your own Cathay Delight Flyer Talk

さて。5mlのココナッツミルクも、60mlのキウィジュースも入手しにくいですよね。

アレンジしましょ。ミントもないからカットで。

手順1 Shine Shineキウィジュースをファミマで買ってくる

きゃっはー。Made in Hong Kong

55%キウィ果汁みたいです。残りは水かね。使ってるキウィが青いというか、熟成されてなくて単純に酸っぱい・・・。ほっといたらめちゃくちゃ甘くなるのになあ。

ホソコソ❤ #hongkong

Satoko Hanaokaさん(@satokohanaoka)が投稿した写真 –

350円くらいで安いし、量もそんなにないので大変ありがたいです。

手順2 ココナッツパウダーをお湯に溶かす

ココナッツパウダーを輸入食品屋で買ってきました。というか、以前開封したのがあった。
ココナッツミルクパウダー
違うけど、なんでも良いんじゃないかな。

お湯で少し溶かします。これでココナッツミルクの調達完了。

手順3 半分くらいshine shineを別の容器にあける

コップで良い。これ写真を撮る前にちょっぴりのんじゃった。
キウィジュース

うまく撮影できなくて、あまり美味しそうに見えないんだけど・・・。

手順5 ココナッツミルク、牛乳をボトルに入れる

こぼさないようにね❤︎
目分量なのですが、ボトルにいっぱい入れたりしたらだめです。理由は手順5の通り

手順5 蓋を閉めてシェイクシェイクシェイク!

なので、空気がある程度ないとそもそもシェイクできないわけです。

がしゃがしゃとシェイクしましょう。

目分量なので、ちょくちょく飲みながら(舐めながら)途中で牛乳を足したり、ココナッツミルクを足したりするのだ。

私、料理は割に得意ですが、ザ・目分量なんですよね・・・。

完成!

でーきたできた。
キャセイディライト~

ラウンジでお願いすると氷を入れてミキサーにかけてくれるのです。
ですが、冷たいものは嫌だ。

機内では、パウダーに水を加えて作るので、お忙しい時にはお願いしにくいのです。だって、ココナッツパウダーは溶けにくいんだもの。

というわけで。
キャセイディライト

撮影中に色調調整しながら、実物に似てる色にしたはずなんだけど・・・

あまりうまくなさそうに見えるね・・・

確かに奇妙なお味なのですが、キャセイディライト❤︎と言い張る!

さて、これでますます香港に行く理由がなくなった。次はコンサートか。結婚式か。

なお、このキャセイディライト、ココナッツミルクに牛乳があるからなんでしょうか。なんかやたらめったら「重たい」です。

Copyrighted Image