ad

透明ケースはどうしても黄ばむ。気になるなら買い換えるんだねー

iPhone 6をジンバルに取り付けて使おうと思ったのだけど、絶対ケースがいる!
というわけで、買った。

今回は、ストラップをつけると邪魔になるなーっていうわけで、ストラップホルダーがないものを買いました。

Spigenのリキッドクリスタル Slim & Softです。

spigen

中はこんなの(ってもちろん、iPhone 6は入ってません!)

中身

あー綺麗だなーって思ったんだけどさ。

実は何か汚れてた。

汚れ

外側が汚れてた。乾いてたんで、届いてからついたのではないと思うんだけどなー。証明はできないよね。早速レンズふきを使わせてもらったら落ちたんで。ま、いっか。

ジンバルにはフィットした。

ケースをつけて

幅はiPhone6よりも広いZenFone5(2018)にケースをつけた状態でぴったりだったので問題ないであろうと思っていた。

こうして新しいケースを見ていると、比べたくなります。

そう。1月に購入したiPhone 8 Plus用のもの。

ケースの黄ばみ

じゃん。

黄ばみますね。9ヶ月でこんなに変わるものかー。おそらく右のSpigenもすぐに黄ばむでしょう。それは仕方がありません。

もちろん、左はエレコム。右はSpigenとメーカーが異なります。でも、素材的には似たようなものですよね。

思ったのは、気になるなら色のついたものを購入するか、買い換えるかだよね。気にならないならそのままで。ということだった。

私はちょっと気になったので買い換えよって思ったんだけど、こんなべらぼうな値段だったような記憶はありません。5000円弱って次回の台北&XXの平均の宿代じゃん。

Amazon在庫分は完売ということなんでしょう。だからそのまま使うことにしましたよ。