ZenFone5Zは、5・4 Proとどう違うのか

ZenFone4シリーズは逃しましたが、あっという間にZenFone5シリーズが発売されましたね。ZenFone5シリーズには上位機種・5Zという機種があります。

ZenFoneユーザー必見!>>ASUSGO! UPGRADE 5 ZenFone 5 買い替えキャンペーン

ZenFone4シリーズの上位機種には4 Proがありました。ZenFone3シリーズには、上位機種としてそもそも5.5インチZenFone3があり、Delux・Ultraありといろいろありました。このうち、2018年6月現在、今でも新品を新規で購入できるのは、ZenFone4 Proだけですかね。

>>Amazon ASUS ZenFone4 Pro SIMフリー スマートフォン (ホワイト/5.5インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/6GB/128GB/3600mAh) ZS551KL-BK128S6/A ZS551KL-WH128S6/A

ZenFone5とZenFone4の違いはこちらに⇒ZenFone4とZenFone3(5.2インチ)の違いとは、一気にアップグレードされたRAMとNFC?

ZenFone5とZenFone5Zの違いも知りたいので、ZenFone5Z・ZenFone5・ZenFone4 Proの違いを見てみます。

なにはともあれ、スペック

チャートは横にスライドできます

機種 ZenFone 5Z ZenFone 5 ZenFone 4 Pro
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (オクタコアCPU)
動作周波数:2.8GHz
Qualcomm® Snapdragon™ 636 (オクタコアCPU)
動作周波数:1.8GHz
Qualcomm® Snapdragon™ 835 (オクタコアCPU)
動作周波数:2.45GHz
ディスプレイ 6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass 5
解像度 2,246×1,080ドット (フルHD+) 2,246×1,080ドット (フルHD+) 1,920×1,080ドット (フルHD)
グラフィック グラフィックス機能:Adreno 630 グラフィックス機能:Adreno 509 グラフィックス機能:Adreno 540
メモリー 搭載容量 :6GB
仕様:LPDDR4X
搭載容量 :6GB
仕様:LPDDR4X
搭載容量 :6GB
仕様:LPDDR4
記憶装置 【内蔵ストレージ 】128GB (UFS 2.1)
【ASUS WebStorageサービス】5GB (永久無料版)
【Googleドライブ】100GB (1年間無料版)
内蔵ストレージ:64GB
ASUS WebStorageサービス:5GB (永久無料版)
Googleドライブ:100GB (1年間無料版)
内蔵ストレージ:128GB (UFS 2.1)
ASUS WebStorageサービス:5GB (永久無料版)
Googleドライブ:100GB (1年間無料版)
Webカメラ 【アウトカメラ】:
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)、800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)、LEDフラッシュ
【インカメラ】:
800万画素カメラ内蔵
(アウトカメラ):
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)、800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)、LEDフラッシュ
(インカメラ):
800万画素カメラ内蔵
(アウトカメラ):
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)、1,600万画素ズームカメラ内蔵 (2ndカメラ)、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ
(インカメラ):
800万画素カメラ内蔵
サウンド 【サウンド規格】Hi-Res、DTS Headphone:X™、SonicMaster 5.0
【スピーカー】デュアルスピーカー内蔵
【マイク】トリプルマイク内蔵
サウンド規格:Hi-Res、DTS Headphone:X™、SonicMaster 5.0
スピーカー:デュアルスピーカー内蔵
マイク:デュアルマイク内蔵
サウンド規格:Hi-Res、DTS Headphone:X™、SonicMaster 4.0
スピーカー:デュアルスピーカー内蔵
マイク:トリプルマイク内蔵
サイズ 高さ約153mm×幅約75.6mm×奥行き約7.7mm 高さ約153mm×幅約75.6mm×奥行き約7.7mm 高さ約156.9mm×幅約75.6mm×奥行き約7.6mm
バッテリー駆動時間 【Wi-Fi通信時 】測定中
【モバイル通信時 】測定中
【連続通話時間 】測定中
【連続待受時間 】測定中
【バッテリー充電時間】測定中
【バッテリー容量】3,300mAh
【消費電力】最大約18W
Wi-Fi通信時 :約15.7時間
モバイル通信時 :約14.2時間
連続通話時間 :約1,530分 (3G)、約1,500分 (VoLTE)
連続待受時間 :約380時間 (3G)、約495時間 (VoLTE)
バッテリー充電時間:約2.3時間
バッテリー容量:3,300mAh
消費電力:最大約10W
Wi-Fi通信時 :約17.1時間
モバイル通信時 :約16時間
連続通話時間 :約1,440分 (3G)、測定中 (au VoLTE)
連続待受時間 :約209時間 (3G)、約330.6時間 (au VoLTE)
バッテリー充電時間:約1.6時間
バッテリー容量:3,600mAh
消費電力:最大約18W
重量(バッテリー装着時) 約165g 約165g 約175g
通信機能 【通信方式】
FDD-LTE:B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28
TD-LTE:B38/B39/B41
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA
W-CDMA:B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz【テザリング機能】対応
【通信方式】
FDD-LTE:B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28
TD-LTE:B38/B39/B41
キャリアアグリゲーション:2CA
W-CDMA:B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
テザリング機能:対応
【通信方式】
FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B29/B30
TD-LTE:B38/B39/B40/B41
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
W-CDMA:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
テザリング機能:対応
無線LAN機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz) IEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz) IEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetooth機能 Bluetooth® 5.0 Bluetooth® 5.0 Bluetooth® 5.0
インターフェース 【USBポート 】USB Type-C×1 (USB 2.0)
【SIMカードスロット 】nanoSIMスロット×2
【カードリーダー 】microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
【オーディオ 】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
USBポート :USB Type-C×1 (USB 2.0)
SIMカードスロット :nanoSIMスロット×2
カードリーダー :microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ :マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
USBポート :USB Type-C×1 (USB 2.0)
SIMカードスロット :nanoSIMスロット×2
カードリーダー :microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ  :マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
アクセサリー USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro、
ZenEar Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書
【主な付属品】
USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro、
ZenEar Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書
【主な付属品】USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro (ハイレゾ対応)
ZenEar交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書
センサー GPS(GLONASS、BeiDou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、
光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサー、NFC【ポインティングディバイス】10点マルチタッチ・スクリーン (静電容量方式)
GPS(GLONASS、BeiDou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、
近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサー、NFC【ポインティングディバイス】10点マルチタッチ・スクリーン (静電容量方式)
センサ】GPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、
近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサ、NFC

ZenFone 5、ZenFone5ZはDSDV、つまり4G-4G接続が可能だそうです。

FOMAは使えないとは書かれていないので、ZenFone3同様にFOMAが使えるのではないかと私は期待していますが、使えなくても責任は負えません。

私はZenFone3の5.2インチにFOMAとUQを載せています。快適です。

適宜略しているので、詳しくはこちらを。
>>ASUS ZenFone 5Z ZS620KL (ZS620KL-BK128S6)
>>ASUS ZenFone 5 ZE620KL (ZE620KL-SL64S6)
>>Amazon ASUS ZenFone4 Pro SIMフリー スマートフォン (ホワイト/5.5インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/6GB/128GB/3600mAh) ZS551KL-BK128S6/A ZS551KL-WH128S6/A

違いってどこなんだろうね?

ZenFone 5と5Z 違いは内部ストレージとCPU

5と5Z、外見がかわらないように見えます。液晶とか。それでコストを随分とカットできるでしょう。

それでも価格に大きな差がありますが、それは内部ストレージとCPU。

Xperia Z5CとZenFone Selfieを使って感じたのはCPUにはお金を払えってことでした。内部ストレージも倍になるのでZenFone 5Zは5よりもお買い得かもしれないと思ったんですけど。

バッテリー容量が同じで、最大消費電力が違う(5Zが18W、5が10W)ので、5Zはバッテリーの持ちがかなり悪そうじゃないです?それを考えると5。

もちろんこれは「最大消費電力」なので、こまめにアプリを潰したり、ゲームをしないなどすれば5Zでも問題ないかもしれないです。ここはわからない。発売直前というのに、ASUSだって「計測中」って書くんだから・・・。

ZenFone 4 Proはハイエンドスマホ、と思ったけど、2018年5月に買うものではないと思う

ZenFone 4 Proはミッドレンジのスマホを超えたと思ってます。理由はスナドラ835を採用している点です。

5Zは、スナドラ845を搭載していて4Proの正統な後継だと言えましょう。

もともと4 Proは10万円近い額だったのですが、Amazonをみる限りでは8万円を切るところまで落ち着いて来ました。ただ、ZenFone 5Zと大差ない値段です。

そうすると、コンパクトボディに6.2インチを搭載した5Zの方が魅力的に映りませんか?

ZenFone5と同じハコを活用してコストを下げたのがこの当初からの8万円を切る値段の実現なのだろうと思うと、むしろありがたい。

そろそろFOMA搭載可能なスマホを買いたいのだけど、5か5Zかいよいよ悩ましい

さて、私はそろそろ次のFOMAを利用可能なスマホを購入したいのですが、ZenFone5か5Zか、大変悩ましいところです。

5Zと5はアクセサリーが共通されるでしょうから、その心配はないんですよね。大きさと重さも重要ですが、一緒だから考えなくてもいいじゃないですか。

iPhone8Pがあるので、Androidは一つ落としてもいいと思わないでもないので、そうすれば5。バッテリーの持ちが重要ポイントでもあるのですが、スペックを見た感じでは最大消費電力は5Zの方が上なので5の方が良いのではないかというのが一つの判断です。

この次に買い換えるのはFOMA搭載可能なデュアルSIMの2020年モデルではないかと思うと、CPUは上げておいたほうがいいかもと思うし、ZenFone3を見ていると、ライトに使用するならスナドラ600シリーズも今では十分2年間使えるのかもしれないとも思うのです。

どのみち、初期ロットは外すべきだと思っているので、ZenFone5Zが出てみなさんがお買いになって様子を見るのでもいいかもしれません。

買うとすればまたAmazonで買うかもしれないし、ASUSで買うかもしれない。ASUSならグッズがつくこともあるので、要チェック。
>>ASUS ZenFone 5Z ZS620KL (ZS620KL-BK128S6)
>>ASUS ZenFone 5 ZE620KL (ZE620KL-SL64S6)

Amazonで買うなら「日本正規代理店」と書いてあるところからどうぞ。そうではないところは、台湾もしくは香港あたりからの輸入品かもしれない。ASUSは日本では日本で購入した商品しか保証しないようなので、修理その他を考えると並行輸入品は避けるのも一つの解だと思います。