キャリアで購入したiPhoneでも、格安SIMを使えば、うんっと安くできるよ!

安くできるよ!

キャリア=ドコモ・au・ソフトバンク
のことです。

最近CMなんかで「安くなる」というのがありますよね。ド派手なCMのUQ-mobile(私も契約するよ!)。

あれが格安SIM=MVNOです。

例えば、私はMVNOの一つ、「mineo」という会社で契約しているのですが、データ通信のみで、データ容量1GBで月に900円(税抜き)、なんてプランなんてこともできちゃうのです。(ただし、これ、音声通話をつけていないのでご注意を)

もしも音声通話はガラケーでしていて、データ通信だけiPhoneでするという方の場合、単純に1GBで900円(税抜き)、3GBで1000円(税抜き)なんてことも可能です。

払い終わったiPhoneを使うなら、機械代はかからないよね!

iPhone、2年に一度買い替えるのが一番お得なのかなー、と思うのですけれども、まだまだ使えるし・・・という方もおられますよね。

そういう場合、払い終わったiPhoneを、キャリアではなく格安SIMで使えばうんっと安くできる、ということです。

SIMってこれ!

これがSIM。

SIMのサイズ

ドコモではFOMA以降の携帯・スマホの中にこういうカードがありますよね。これのことです。

端的にいってしまえば、このICカードで電話番号・電話会社を識別して繋げてくれる、というわけです。

試しにお持ちのiPhoneからこのSIMカード(カードスロットは、iPhoneの場合は横にあるよ)を抜いてみてください。そしてWi-Fiも切ってしまう。そうすると手も足も出なくなりますから。カメラくらいかな。

MVNOはなぜ安いの?

それは、キャリアから回線を借りているからなのです。

自前で設置して維持管理する設備が少ないので安くできるというわけ。

ただし、三大キャリアで契約すべき人っておられる

MVNOだと安く済みますし、私は大変満足しています。

しかし、三大キャリアで契約すべき人はおられます。対処方法もありますけれど、こういう方は要注意。

以前、こういう記事を書いたことがあります。
三大キャリアで契約すべき人ってこんな方だと思う
要旨は以下のとおり。

  • 音声通話が多い ←アプリがないわけでもないし、FOMA+MVNOが使える機種もある
  • 「携帯のメアドを使う」必要がある方 ←相手の方の携帯の設定をいじらせていただいては?
  • サポートが必要な方 ←都市部ではMVNOの店舗がないわけではないけれど、安いものには理由があるわけで。設定のサポートが必要ならば、おすすめしない
  • 保障がつけられてもすぐ交換できるわけではない ←iPhoneユーザーならその点には慣れておられるのではないかと思います
  • Lineの年齢認証ができない ←変更する前に引き継げるようにするといいよ
  • 大規模災害に弱い ←二回線目におすすめだよ!

また、iOSの場合は、(原則)MVNOのプロファイルは入っていないので、新規にアクティベートするときにはダウンロードする必要があります。ですので、一つしかないネット回線を格安SIMにしてしまう場合は、ご注意ください。外国のSIMを入れただけで、特に何もしていないのにプロファイルが消えたこともあります。
iPadに格安SIMを入れたがなんか変→プロファイルをインストール!

こういう方には、力強くおすすめできる

逆に、こういう方にはおすすめできる!という方もおられます。

例えば二回線目やタブレット用にしたい場合ですね。こういう場合は安くできるのでおすすめです。

次は、普段は家や会社などのWiFiを使うので、データ通信をあまりしない方です。

もしも音声通話がガラケーなら、ますますおすすめできます。だって、私が使っているmineoの場合、500MB(税抜き700円)から契約できるんですから。ドコモで1GBしか使わないのに、7000円くらい払わないとならないのは辛い。(私、docomoでiPad Mini2を契約してたこともあるんですよ)

mineoをちょっと見てみてくださいな。

姉御も使ってる! >>mineo公式サイトへ

三つ目は、音声通話はあまりしないけれどとにかくデータ通信をするという方です。いわゆるノマドワーカーさんかしら。

だって、mineo(私も契約してるよ!)の場合、30GBで5900円(税抜き)ですからね。

ドコモで6000円といえば、7GBくらいですよね。

姉御も使ってる! >>mineo公式サイトへ

SIMロックは解除してね!

iPhone6S以降であれば、SIMロックを解除できるので解除してね!これはキャリアで解約する前に解除手続きをしましょうね!

SIMロックの解除ができないiPhoneならば

もしもiPhone6までのものなら、SIMロックの解除はできないのです。

なので、docomo版なら、docomo回線を使う会社(これは多い)にしましょう。
au版なら、au回線を使う会社です。例えば、mineo・IIJmioにはauプランがあります。UQモバイルもそのまま使える。
ソフトバンク版なら、softbank回線を使う会社です。例えば、U-Mobile S、b-mobileの開幕SIMなら使えると思うんだ。

もしも使えるか不安だったら、プリペイドで使ってみるのも一つの手!

そう。プリペイドSIMを売っているところもあるのです。もちろん、割高なのですが、お試しに使ってみるのはいいのではないかと思うのね。

自分の使いたい時間帯・場所で速度が(耐えられないほど)遅くなっていないか、などを確認するにはいいと思うのです。

>>Amazon IIJmioプリペイドパック マイクロSIM IM-B176
>>Amazon b-mobile 5GB×1ヶ月SIMパッケージ (ナノSIM) BM-GTPL3-1MN

その後に、そのままその会社と契約するのも大いにあると思う。

もしも本契約するならば。こっちも見てみて!
私だったら、どういうふうに考えて選ぶのかを書いています。
SB版iPhone 6Sを格安SIMで使いたい。姉御が選ぶなら、mineoかUQかなー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする