使わないiPad 2を初期化して、appleの交換プログラムに出したよ!

使わない機械。うんと古いんだから下取りに出してしまえ

iPhone 8 Plusへは、古いiPad 2(WiFi & Cellarモデル)・Xperia Z5 Compact・iPad Mini 2からの情報を整理して集めました。

iPad 2なんて2011年モデルですからね。何年も放置していましたから、良い機会です。iPad Mini 2は、使用にあたってかなりストレスが溜まるものの、写真のストック&オンラインドラマ視聴用としてはまだ1年か2年は使えると思ってる。

Xperia Z5 Compactは中国アカウント専用にしようと考えていましたが、mineoと一緒に父のところでポケットWiFi代わりになるようです。

売る選択肢はなかった

で、完全に使わないのがiPad 2。動くし。

メルカリを確認すると動くもの、画面の割れがないものはそれなりの値段で売れています。一万円くらいだけど。

売っちゃおうかと思ったんですが、「お値下げいいですか」みたいなメルカリ語が飛び交い、2011年のセルラーモデルなのでSIMロックの解除なんてできるわけないのに、「SIMフリーですよね」とかね、客層がいつも私が爽やかにブロックする方々でした。これは古いんだよ。めんどくせえなあ。しかも、なんか個人情報の塊でもあるのだし、初期化したとはいえ、ちょっと微妙だと思いまして。

それで、appleの交換プログラムに出すことにしました。店舗であれば割引ができるようですけれども、今回はすでに新しいiPhoneは手元にありますし、ここはオンライン上で下取りに出して、iTunesギフトカードでいただくことにします。

下取りに出す手順

こちら側の手順は3段階あります。

  1. 初期化する
  2. ウェブ上で申し込む
  3. キットを受け取り、送付する

初期化するときに、iPad を探す(iPhone を探す)をカットしよう

初期化をする必要がありますが、そのときに「iPad を探す」、iPhoneならば、「iPhoneを探す」の機能をオフにしましょう。

iCloudに入って「オフ」にすればいいだけです。

その後に初期化。

これをオフにしておく必要があるのは、盗難防止機能でもあるから。

中古で売る場合は、購入者が起動させると「アクティベーションロック」がかかってしまいます。

Appleの回収だと、せいぜいリファービッシュ品として出てくるのでしょうけれども、まあ、iPad 2なら古すぎてないと思うけど、iOS9までは対応してるんでね、状態が良いものを軽く整備して出せるようにしておくのは、リテールのメーカーの対応としてアリかもしれない。

その後、「すべてのコンテンツと設定を消去」で初期化できます。

もちろん、SIMは抜いておこうぜ。

ウェブ上で申し込む

Brightstarという、ソフトバンク子会社の米国企業のサービスです。Appleが提供しているというわけだ。

https://www.apple.com/jp/ipad/trade-up/

Appleのリファービッシュ品で出てくるのがおそらくこうやって集められたもののうち、状態のよい機械なのでしょう。

iPad、iPhone、Macと出てきますが、結局出てくるのはこれ。
下取り

https://reuserecycle-apple-jp-asia.brightstar.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/WFS/BrightstarAPAC-JPAPPCON-Site

今回はiPadなのでIMEIを打ち込み、これが下取り対象であることを確認します。

そして、状態についてぽちぽち打ち込んでいきます。画面の割れなどがあれば下がるようですが、大したことはなく、一応2018年1月現在の満額、4800円という仮査定が出ました。
4800円
メールアドレス、名前その他を入れて、申し込みます。

箱を受け取って、送る

中二日で箱がやってきました。

受取人の確認があるとかそんな話も読んだことがあるのですけれども、私のときはそんなことは何もありませんでした。

単純に、佐川がやってきてプチプチの入った(ほぼ)空箱をくれました。佐川なんで翌日佐川を呼んで引き取ってもらいました。

二日後かな、4800円ですね、というメールが来て、翌日にApple Store ギフトコードが送られてきました。

このApple Storeギフトって、iTunes Storeでは使えなかったのね、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする