ad

新生銀行の次。海外ATMからは楽天デビットカードで引き出す予定

外国での現金調達はなかなか大変ですよね。クレジットカードのキャッシングというのも一つの手段ですし、為替手数料も有利だとか。しかし、帰国後の返済時に請求よりも前に返済しなければかなりの利息をとられるのが嫌で使ったことがありません。

私の場合は、現金払いはあまりせず、日本同様カード払いが主。なので、ちょっとの額しか出さないのに、いちいちそういうことを気にしなければならないのがすごく嫌よ。どのみちたいした額を使うわけではないので、為替手数料で節約できるのは大した額ではありません。

なので、銀行口座から引き出せるのがすごく便利だった。

シティバンク→新生銀行、だったんだが

一番初めに作った、海外でも使えるキャッシュカードは、日本ではリテールから手を引いてしまったシティバンク。ここの米ドルキャッシュカードも持ってた。

次に作ったのが新生銀行。

米国のシティバンクのATMのように機械が手数料をとることがあります。でも、機械が手数料を取らない場合には Visaワールドワイドが定めた対円レートに4%を加算したレートだけですみます。(アメリカではATMが手数料を取らないバンカメでおろしてた)

この新生銀行のキャッシュカードなら余計な手数料が取られないので安心して使えるのが気に入っていました。

キャッシュカード

2018年12月8日で海外ATMから引き出せなくなる

海外ATMのご利用(インターナショナルキャッシュサービス)2018年12月8日(土)出金取引および残高照会のお取り扱い終了

今後も引き続き海外ATMを利用するにはGAICAをおすすめします!

新生銀行グループでは、お客さまの海外並びに国内でのご利用をさらに便利に行っていただくため、「プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)」の発行を承っております。

事前にチャージした金額を従来の海外ATMサービスと同様に世界200以上の国と地域で現地通貨のお引き出しができます。さらにVISA加盟店でカードショッピングにもご利用できるプリペイドカードです。

便利なオートチャージ機能も搭載しているので、都度チャージの手間もかかりません。

当行に口座をお持ちで、日本居住、メールアドレスをお持ちの満13歳以上※のお客さまであれば、どなたでも、年会費・発行手数料無料かつ審査不要でご利用が可能です。

だそうですよ。

困った!姉さん、めっちゃ困った!どうしよう!?

為替手数料は気にする必要はない。ただし、ATMの引き出し手数料に注意

上にも書きましたが、私の場合、たいした額を引き出すわけではないので、為替手数料(+海外事務手数料)を気にする必要はありません。

また、私は、ですけれども、せいぜい一度に100米ドル・2000台湾ドル・1000香港ドル・100ユーロ程度しか引き出さないので、日本円にして8000円から2万円くらいしか引き出しません。防犯上そんなにキャッシュをもりもり持ってるのも如何なものかと思う。なので、一日に引き出せる限度額も私は気にしない。

ただし、少額を引き出すので、一度の旅行で引き出す回数はそれなりに多いわけだ。つまり、ATMの引き出し手数料に注意する必要があります。

例えばの話、台湾で1000元引き出しましょ、って引き出しますよね。私、カード決済がメインで現金はこれで5日程度過ごせます。でもお茶屋さんをはじめ、現金でしか扱ってないお店もあるんでそこで買うなら事前にまた1000元引き出すでしょ。合計たった8000円弱を引き出すのに、合計400円の手数料を取られることもあるのよ。

為替手数料の差はどこも似たり寄ったりで1%もないのに、手数料をみるとすごい額になることもある。これ、バカバカしいでしょ?

新生銀行のキャッシュカードの良かったところはここ。海外ATM利用手数料がなかった。(Citiもそうだったけどさ)

なので、 私にとっては、選ぶべきは「海外ATM利用手数料のないところ」を探すこと。

その観点からは、今の所は楽天かSBIかなと。

楽天銀行デビットカードは海外ATM利用手数料を取らないし、JCBなら年会費無料

楽天銀行の口座も持ってます。
>>楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

当時は国内のみが使えるキャッシュカードと海外ATM可能なキャッシュカード(年会費がかかる)と思っていたのですが、おそらく後者はVISAのデビットカードだったのでしょう。今はJCBのデビットカードもあります。新しく口座を作るのも面倒なので、私は楽天JCBデビットカードを作りました。

楽天デビット

Electronic Use Only と書いてあるけれど、プリントだけでフラットだからでしょうかね。

ICキャッシュカードと、キャッシュカードの側が違う。

銀行の口座番号は、裏側にありました。

楽天銀行

CirrusマークのあるATMなら引き出せると思う。

私はJCBにしましたが、VISAは要注意。

2018年9月1日より、楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)、楽天銀行デビットカード(Visa)の商品改定を予定しております。

ということで、VISAゴールドデビットカードとVISAシルバーデビットカードになって、年会費がそれぞれ、5,400円(税込)と2,160円(税込)になります。ただし、ポイント還元率は上がる模様。

JCBデビットカードは、2018年7月現在、年会費永久無料です。日本のJCBブランドなので不安だったのですが、なんだCirrusマークのATMで引き出せる。

VISA・JCB共に

  • 海外ATM引き出し手数料無料
  • レートは+3.024%(税込)

のようなのでね。

年会費もかからず、レートもやすく、ランニングコスト(=海外ATMの引き出し手数料)を考えると、私はJCBデビットカードでしょうかね

VISAゴールドデビットカードにすると、それなりに優待もあるのですが、金色のカードはこれ以上いらないし、私の場合は優待はセゾンゴールドアメックスがあるから、それで十分です。

完全に楽天商圏に取り込まれちゃってるわー。ただし、キャッシュパスポートがマスターブランドでCirrusで引き出すわけで、アメリカに行くなら、やっぱりPlusがついてる方がいいわけでさ、だったら、下に書くけどSBI?って今の所アメリカに行く予定が当分ないんで、ヨーロッパで強いCirrusでいいんじゃないかとも思ってる。

なお、申し込んでから1週間程度で届いたかな。海外旅行で使うつもりなら、旅行の一ヶ月前くらいには用意し始めていいと思う。


住信SBIネット銀行はレートが良心的 (デビットカード)

もう一つ住信SBIネット銀行のVISAデビットつきキャッシュカードの話を伺いました。

  • 発行手数料なし
  • 海外事務手数料分(2.50%(非課税))をお支払いいただきます。お支払いいただいた海外事務手数料分は、年間30回までポイントバックします。31回目以降のご利用についてはポイントバック対象外となります。

ポイントバックはどうでもいいのですが、当日の対円レート+2.50%の海外事務手数料は非常に良心的です。しかも年間30回までポイントバック(いつまで続くかは知らない)も魅力的。

私にとって一番重要だと思うのが、海外ATM手数料。「一部の海外ATMにおいて、現地金融機関所定の使用料がかかることがございます」なので、無料?

教えてくださった方に伺うと、「海外ATM手数料を取られたことはない」とのことです。
https://www.netbk.co.jp/

三菱UFJデビットカードも海外ATM利用手数料を取る (デビットカード)

プリペイドカードにすると、口座に払い戻すときに手数料を取られちゃうんで、今度はデビットカード=口座直結で探します。新生銀行のキャッシュカードだって、言ってみればデビットカードだったよね。

私のメインバンクが三菱UFJ。なんでこれで探すのですが、JCBブランドとVISAブランドでデビットカードがあります。

手数料を確認しますと、

  • (JCB・VISA共に)入会初年度の年会費は無料です。2年目以降は1,000円(+消費税)かかります。 (条件で年会費優待あり)
  • 海外ATM利用手数料[VISA・JCBデビット共通] 1回のご利用につき108円
  • 海外事務手数料等
    [VISAデビット] 3.0%
    [JCBデビット] 3.0%+1.6%(JCBが指定した料率)

https://faq01.bk.mufg.jp/faq/show/619 
https://faq01.bk.mufg.jp/faq/show/610

  • 年会費ご請求月から翌年の年会費ご請求月前月までのご利用金額累計10万円以上で年会費が無料になる
  • すぐに「お知らせメール」が届く
  • VISAならPlusマーク。JCBならCirrusマークのATMを探せば下ろせる

この「お知らせメール」がすごくいいと思います。Line Payカードで通知が来るのって安心できるなーって思いました。(Line Payカードは少なくとも今は海外ATMでは引き出せなさそう)

また、GAICAよりも海外ATM手数料も安い。なので、年10万円も使わなくても、年5回以上海外ATMを使うならば、GAICAよりもこっちの方がいいと思う。また、三菱UFJのVISAデビットの方が対円レートにのせられる海外事務手数料が安い。

もちろん、口座に直結しているので、口座そのものに入れている額を小さくしておかないと何かあったときに被害が大きくなりかねません。私はメインバンクなもので、やめた方がいいんだと思う。

GAICAは発行手数料年会費無料だけど、海外ATM手数料がバカにならない (プリペイドカード)

新生銀行のやってるGAICA。新生銀行としてはこっちにスイッチさせたいようです。

特に大きな優待もないなら、発行手数料年会費無料は当たり前のこと。ここはもう特にメリットではない。

良いところは・・・強いていえば、

  • プリペイドカードへのチャージは無料
  • プリペイドカードなので、スキミングされたり落としてもそれ以上に被害が広がらない
  • VISAブランドなので、「Plus」マークを探せば良いと思う
  • 条件次第で新生ゴールド
  • レートは+4%

注意すべき点=手数料でチョロチョロと死に金が出て行ってしまう

  • 海外ATM手数料は200円/回(シティバンクのATMみたいに別途手数料をとる機械・銀行があるので、最低200円/回と考えた方が良い)
  • 新生銀行の口座に払い戻す時に、手数料をとる(500円+税/回)
  • 銀行口座ではないので、放置していても利息がつかない

GAICAカード詳細

オートチャージ機能が、逆に不安。口座直結ではない安心感は完全になくなりますね。

Tポイントがどうのというのは本当にどうでもいいことで、使えば使うほど現金がなくなっていくシステムです。

だからね、台湾で「普段用に1000元出して使いました」「時間があるのでお茶屋さんに行区からもう1000元」で800円取られるのよ。800円って200元よ、フードコートで定食が食べられるわよ。マンゴーかき氷食べてお釣りがくるわよ。

下に書いたけれど、キャッシュパスポートも手数料が高く、使えば使うほど現金がなくなっていくシステムなのですが、こちらはスペアカードがあります。セキュリティ上良いでしょ。それを考えれば、GAICAよりもめんどくさいんだけど、キャッシュパスポートの方がセキュリティの観点からは上かなあという印象です。

>>キャッシュパス ポート

NeoMoneyは銀聯に価値あり(プリペイドカード)

読者さんにNeo Moneyについて質問をいただきました。GAICAよりはNeoMoneyが良いと思うんですが、って。
>>海外旅行にはコレ!NEOMONEY

これはセゾンの出している「プリペイドカード」です。

特徴としては、銀聯カードのプリペイドカードが作れること。銀聯とはいえ「プリペイドカード」なのでどこまで使えるかはわかりませんが、中国に行くときのサブ銀聯カードとしては考えないわけではないです。(私はANAカードの付帯カードとして銀聯カードを持っています。⇒ANA銀聯カードを準備して、上海で使いましたが、安心して使えましたよ!

しかし、中国以外の場所でキャッシュを引き出すことを考えるとNeoMoneyは全般に不便。

リンクから手数料のところを見ていただければ良いのですが、VISA・銀聯ともに手数料は

  • 年会費・カード発行手数料・チャージ手数料無料 (メリットなし)
  • 海外サービス手数料として当日の対円レートに4%上乗せ(他と比べても高い)
  • 海外ATM手数料200円/回(他と比べても高い)
  • 日本では使えない
  • 払い戻し手数料500円(プリペイドなので仕方がない)

とGAICAと変わりません。新生銀行の優待があるので、新生銀行のキャッシュカードから次にプリペイドカードを考えるならNeoMoneyよりはGAICAの方が魅力的かも。

ただし、銀聯のプリペイドは魅力的。それ以外には使うメリットは(私には)ない。
>>海外旅行にはコレ!NEOMONEY

キャッシュパスポートは高いがスペアカードがある (プリペイドカード)

ついでなので私が持っているキャッシュパスポートについても。キャッシュパスポート

>>キャッシュパス ポート

ここは非常に手数料が高いです。使えば使うほどポロポロと手数料を取られる仕組みです。

  • 入金手数料 1%(口座振込手数料もかかる)
  • カード再発行手数料 無料
  • ATM引き出し手数料 毎回200円、2米ドル、1.75ユーロ、1.50英ポンド、2.50豪ドル、2.75NZドル、2カナダドル、2.50SGドル、14香港ドル (マルチカレンシーカードなのでそうなる)
  • ショッピング手数料 無料
  • 月間カード利用料 無料 ただし、12ケ月間ご利用または入金がない場合には13ケ月目より毎月150円(または外貨相当額)が発生します。カードの利用または入金がない限り、カードを解約するまでまたは残高がカード管理手数料以下になるまで引落されます。
  • 為替手数料 MasterCard®の当日標準決済レートまたは政府指定のレートに4%を乗じた手数料がかかります

と、本当に本当に使えば使うほどポロポロポロポロお金をむしりとられるような気がします。それでも私が持っている理由は、上の写真の通り、スペアカードですよ。

もしも財布をすられても、このスペアカードを失ってなければ日本からこのカードに入れてもらって、スペアカードをアクティブにして使うことも可能です。

私の知る限り、スペアカードがあるのはキャッシュパスポートだけだもの。 この腹立たしい手数料もスペアカードの安心料と考えれば仕方がない。

>>キャッシュパス ポート

MoneyTカード (プリペイドカード)

もう一つVISAブランドのプリペイドカードがあります。
>>世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」

「キャッシュカード」という言い方をしていますが、プリペイドです。

  • 入会金年会費カード発行手数料 無料
  • 入金手数料 無料(ただし、振込手数料はかかる)
  • ATM利用料 200円/回
  • 残高照会手数料 100円/回
  • 決済手数料 5%
  • 口座管理手数料 無料
  • 払い戻し手数料 500円/回

と、手数料的にメリットはありません。

ただし、代理人登録をしておけば、本人以外が入金することも可能なので、そこにメリットがあるかもしれません。ただし、スペアカードはない。
>>世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」

もともとJTBの事業だったのですが、2018年8月にアプラスに譲渡されるようで、今後どうなるかはわかりません。

私の海外ATMの経験(新生銀行の場合)

アメリカではバンク・オブ・アメリカ、シティでおろしました。シティは手数料とります!

フィンランド・フランス・オーストリアで弾かれたことはありません。

台湾では、何度か弾かれたことがあります。台北のMRTによくあるキャセイ(国泰世華銀行 Cathay United Bank)で弾かれなかったので、最近はもっぱらこの銀行を指名しています。

香港では、どこかの銀行では弾かれました。シティでは手数料を取られたので、HSBCで降ろすようにしていました。ただし、そのHSBCも2016年8月に弾かれたのでスタンダードアンドチャータードでおろしました。

マカオはマカオパタカが国際通貨ではないらしく、引き出せませんでした。香港ドルを使うし、あそこ。

マレーシアではMay Bankでおろしました。

シンガポールでは・・・記憶にない。

そのほか、中国やドイツとかスカンジナビア三カ国とか、イギリスとかスイスとか引き出してないところもあります。

注意

余計な手数料とか考えずにすむのが楽なのですが、上にも述べた通りシティバンクのATMのように機械が手数料をとることがあります。

また、スキミングされたら一発で終わりだし、海外のATMにキャッシュカードを突っ込むのは微妙に気持ち悪いです。私の場合は、メインの口座ではないので大きな額を入れたままにしないようにしています。

あと、国際プリペイドカードとの併用もリスク分散にいいと思うので、最近ではキャッシュパスポートを持って出かけるようにしています。
⇒CashPassportの契約&使い方