スポンサーリンク

気温20度以下なら、サラフェプラスで顔汗があまり気にならずにすむかも! [モニター]

広告—————————-

2017年にKKdayさんに台湾の、故宮博物院の北院・南院のセットチケットを体験させていただきました。
kkday【外国人限定】国立故宮博物院:台北北院+嘉義南院セット入場チケット

台北は2020年から改修に入るそうなんで。お早めに!!こっちも見てね!⇒故宮博物院:セットチケットで台北北院と嘉義南館を一気にまわれ!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

姉さん、真夏じゃなくても顔汗に苦労しています

どうです、みなさん、顔の汗。

かきませんか?

羽田空港 保安検査場A

(羽田空港国内線ターミナル)

スポーツをする方は「かかないわけないでしょ」と仰ると思うんだ。私はスポーツ派ではないんで、そういう人にどうかはなんとも言えないのね。

ただただ存在するだけでだあああああって汗をかく人なんですよ、私。私はデフォルトで顔にだああああああっと汗をかくタイプなんですね。冬だろうが夏だろうがそれは変わりません。

本当に冬も歩けば顔に汗をかく人なんだもん。化粧直し必須よね。顔というか上半身に汗をかくのは遺伝で、祖母がそうだったし、その妹の大叔母もそう。父がそうだし、弟もだし、どうやら姪もそういう感じなんですよね。

私ほど汗をかく人にはなかなかお会いしないんだけど、他にもおられると思うんだ。

それでも普段の生活の中なら、まあ、ですむ

普段の生活なら、まあ、それはそうとして、で済む。

オフィスワーカーならば、そもそも空調が効いてるし。短期決戦!とばかりにめちゃくちゃ集中するとぐわーっと汗をかくけど、それはそっと拭けば良い。

羽田 ラウンジ セントラル

(羽田空港第二ターミナル パワーラウンジセントラル)

営業職の皆さんでも地方の営業職は大抵車ですし。ポスティングして歩きますって人は別としても、空調が効いた世界にいる。都市部の営業職で公共交通機関を使いましょうって人はきついかな。厨房にいる人は、汗が食材に垂れるのは避けたいですよね。

私の場合は人に必ずしも会うわけではないんですけど、メイクは「気合を入れます!」「仕事をします!」というスイッチをいれる作業のようなものなんで、人に会うかどうかは完全に別の問題でして。気合をいれたいときにノーメイクはない。スイッチをいれる作業だけなんで普段はぐちゃぐちゃでかまわないっちゃかまわないんだけど、それなりに人にお会いするときは、別の気の使い方をします。

そう、人の目。

オフィスなら化粧直しができますけど、営業で外回りの方で玉のような汗をかく方はどうです?困りません?

旅行中ねえ、厳しいよねえ

それと、旅先・出張先ね。

博多祇園山笠

(博多駅)

そこそこ人に会う予定かつ、どこで化粧直しができるんだか、な場所では顔汗によるメイク崩れが気になりませんか?

そもそもすっぴんにしてしまえって、日本以外のところならばそれも効くけれど、国内ならばそうはいかない。

私はそれなりに気になります。人の目が気になるけれど、どうしようもないんでドロドロさせますが、自分ではかなり気になっています。気になるけど、打てる手が(ほとんど)ないと思ってたの。

対策っていうけどね

福岡タワー

(福岡タワー)

パウダーね、パウダー・・・

あ、パウダー使えって誰か言ったな。

警固神社

(警固神社)

パウダーを使うと、そのパウダーで今度は乾燥することがある。だからさ、汗はかくけれど、肌そのものは乾燥ぎみなんだもん。つまり、脂汗をかくのではなく、水っぽい汗をかくんだ。油分は足りてないので、夏でも油っぽいものをナイトケアに取り入れます。

乾燥しにくいパウダーというものはなくはなく。例えば、ゲランのメテオリットパウダーもそうですし。エレガンスのプードルはそうですよね。

ゲランもエレガンスも乾燥はしないんだけど、今度はそもそもメイク崩れ防止という点では、ファンデーションの上に乗せたってほとんど意味がなくって、下地や日焼け止めの上にパウダーを使うと多少快適でした。が、ぱっと見ほどんどすっぴんに細かなラメな人だったわよ。

私は汗はかくんだけど、なんというか、肌そのものは乾燥よりなんです。だから「汗はかかせときゃいいわ」としか考えようがなく、かなり困っていました。

ツボ

バス

(渡辺通り)

顔に汗をかかないためのツボは脇の下。

どないせいっちゅうねん!

脇の下を常に手で押さえるわけにもいかないし、紐で縛るんですか、苦しいわけよ。芸妓さんは帯で〜ってあなた、貧乳さんならまだしも、そんじょそこらの巨乳グラドルより大きい人にできる技ではありません。

大叔母(祖母の妹)はやはり胸が大きめ、体も大柄な日舞の師範で普段も着物を着ていました。もともと顔にも体にも汗はどっさりかいていましたよ。ツボがこういう体型の人が普通に生活するのに有効ならとうの昔に大叔母が汗で苦労するわけがない。大叔母の着物はなんだかんだ言って、ぜーんぶめちゃくちゃでした。

ミストもあるわよね、ええ

ミストを吹きかけて、というものもありますよね。

私が使ったことがあるのは、クラランス、スック、アディクションというところなんですけれども、ニーズを満たしません。

クラランスはかなり昔なんでなんとも言い難いんですが、当時のものはシリコンの膜を張るというものだったんです。汗で内側から崩れるタイプには不向きで、崩れ方が醜悪でした。メルカリなんてない時代なんでそのままゴミ箱へ。

スックは効果なし。おそらく乾燥によるメイク崩れもしくは、メイクの仕上がりをよくするものなのでしょう。

アディクションも同じく。どちらも、二・三回使ってニーズを満たさないのがわかったのでメルカリへGO済みです。

問題は汗そのものだったんですよね。なのでパウダーで汗を吸い取る方が「まだ」効果的だったわけよ。

「サラフェ プラス」という顔用制汗ジェル、20度を切るなら使えると思った。

今回縁あって、「サラフェ プラス」という商品のモニターをさせていただくことができました。実はそんなに期待していなかったんですけど、軽く感動ものだったのでご紹介。

顔用制汗ジェルです。

2017年の秋・冬の旅行中に結構いいじゃん?と思ったので、こっちに書くよ。

2019年6月に、パッケージが変わりましたって、連絡をいただきました。写真を差し替えてねって7月に提供していただきました。中身も量も変わらず。「スタイリッシュなデザインになりました」と。
サファフェプラス

2017年11月に、東京(10度前後)・高雄(25度オーバー)・台北(18度前後)と移動したときに使用しましたのでね、使えるときとこれすら無理!というときがちょっとわかったかもしれません。

サラフェ プラス
こんな感じ、ジェルというか、クリームというか、わりに軽い感触です。

使用感は「ゼロ」

あくまでも分類は制汗剤だし、なん度も言うけど、私の肌そのものは乾燥よりですし。「何を使っても刺激もなければ、肌荒れしません!」なんてうらやましい肌ではありませんから、新しく使うものはかなりおっかなびっくり使ってます。

サラフェ テクスチャー

サラフェプラスでは幸い顔の乾燥は感じませんでした。美容成分が入っているらしく、それが良かったのかな。あと日焼け止めで刺激を感じることがあるんですけれども、そういうこともなかったです。

「使用感」そのものは、「ゼロ」。もちろん「日焼け止めつけます」「下地つけてます」「ファンデ塗ってます」という感じには慣れ切ってるんで、「それ以上に何か特別につけている」というわけではなかった、というだけです。清涼感があるものだと、痛くはないんだけど感触が嫌いなんだよね。それもなかったので私には好感触です。

夜も使える(というよりも、夜に使うとより効果的らしい)ので、UVカット機能はつけていないんだそうですよ。個人的には夜は油っぽいものを使って、油分をしっかりと与えたいので、使いません。

肌の調子が悪いときにも使えるよ!なんてことは申せません。肌の調子が悪いときはメイクは控えるのがおすすめ。

メイクの上からも使えるようなんですけど、確かにテクスチャーは軽いけど、なんかよれたりまだらになったりしそうなので、私はファンデーションの下に使用しました。

使っていたファンデは、二種類(同時に使ったわけじゃない)。まずはアルビオンのエクシアALリフティングエマルジョンモイスト。なんちゅうか、コンパクトに入っている練りファンデーションというタイプの、どっちかというとがっつり肌を補正します!!!!というタイプです。秋から冬のような、紫外線が弱くなっている時期なら、実は肌にそのまま使っちゃうんだけどね。

次が、ポールアンドジョーのリキッドファンデーション。これは薄づきだけどツヤがある感じ。

私の場合はどちらも特にヨレヨレになったりしなかったです。ファンデーションとその下に塗るものは、組み合わせや肌質によってモロモロがでたりすることが多いので、もしもモロモロになったらサンプルなどを使って組み合わせを変えてみて!

ただ、ファンデーションの上にさらにパウダーを使うと一気によれました・・・。

2017年11月。気温10度・25度・18度と移動したんで使ってみた

気温10度くらいの東京で顔に使用してみました。もちろん東京って結構歩くし、そのくせいろんなところで暖房がガンガン入ってるんで、冬でも私はかなり汗をかくんだよね。ここではなかなか快適にすごせました。

(香港上空)

香港は朝成田出発が早かったのと、歯の詰め物がラザニアに負ける事件があって私がヨレヨレになり、会う相手がメイクをしない派(しかし、スキンケアにはかなり気を使う人)で気合を入れないとならない相手ではないんで、ノーメイクで使わなかったのね。「すまん、メイクしてる暇がないからノーメイクで出る」というと「ここは香港だよ、メイクなんてみんなしない!気にする奴なんかいるもんか!」と言い切ったからね、あの姐姐。翌日は使ったんだけど、香港ではほとんど外を出歩くこともなく、空港も暖房がついてないんで涼しく快適に過ごしました。多分、20度前後ではないかなあ。

そして、移動して気温25度オーバーの高雄。ここでは甘かった。私は頭から汗をかくんですよ。滝汗というやつ。本当にシャワー上がりじゃないかってくらいの。

これはどうしろというんじゃ。

サラフェを頭皮にすりこむしかないじゃないか、髪の毛どないせいっちゅうねん。というわけで、使ってみたけど25度オーバーの世界ではほとんど意味がなかった

嘉義では地震にあってげんなりしちゃってなんか全てが面倒でノーメイクで日焼け止めだけ。

さらに移動して気温18度くらいの台北で使用しますと、それなりに快適でしたね。ここでは人にお会いする予定だったので、ノーメイクなんてことはあり得ないわけ。

那覇が23度くらいでしたが、喘息でそれどころではなかったんで、ノーメイク。

しかし、東京でも台北でもずっとマスクを使っていたんで、マスクでそれなりにメイクは崩れるのでした。

というわけで気温25度を越すような、頭から汗をかくようなところでは手の打ちようがありませんでしたが、気温が20度を切るようなところでは、サラフェでなかなか快適にすごせました

夏は「汗、かきますよねー」で済ませられるんで、夏は置いておいて、夏以外多くの方々が汗をかかないようなときにつかえば我々は普通の人くらいには過ごせるのではないかと期待しました。

2019年夏に使ってみた

台湾に行く前に受け取ることができたら、台北で使ってこれたんですが。間に合わず。帰国後に受け取りました。

ところが、今のうちの近辺は25度くらいで寒い。薄着なのもあり、外に出ない限りは汗もかかない。

ようやく30度近く上がった日に使ってみました。

サラフェ

冷房は使わずに、それなりに汗をかくんだけども。

つけたときの顔の不快感は相変わらずないですね。歩きもしないので、頭から汗が吹き出すようなこともない。ただ、集中すると顔から汗が出ます。頭から出ることもあるか。

うーん、「しっとり」くらいかなあ。サラサラで過ごせるというわけではないけれど、じっとしている程度なら問題ないかも。

サラフェプラスは顔に出ない汗は別のところから分散してちゃんと出るようですから。代謝の面からも出すべきものは出すのは大切でしょう。

どこから出てるかなあって。

脇から背中にかけてのような?これがまた別の汗由来の「困った」を引き起こすんだよなあ。

他のサラフェシリーズ

サラフェプラスには日焼け止め効果がありませんが、サラフェシリーズにはBBがあります。フィニッシングパウダーもあるので、この組み合わせならファンデーションのヨレの心配が少ないのかも。

ミストもあるよ。

ヘッドスプレーが魅力的

実はこのシリーズに「サラフェ ヘッドスプレー」というものがあってですね、2017年は限定品だったけど、自信がおありなら改良して定番になるだろうなと思っていたら、2019年には定番商品化さたようです。

ただ、スプレーものは、呼吸器系が悪い私には結構鬼門なんで、多分使わないと思います。普通の、脇用の制汗スプレーも使わないからね、私。

物は良いと思ったのだけど。定期購入プランの解約日には注意して!!!

そこまで期待せずに使ってみたんで、時期を選べばサラフェプラスは大変良い商品ではないの〜って思ったんですけどね。

購入にあたっての注意があります。

実はAmazonでも取り扱いがあるんですけど、メーカーの「ハーバーリンクス」さん(今回私に下さった)じゃなさそうなんですよ。見てみてくださいな。

サラフェプラス

サラフェプラス

3,100円(09/23 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

楽天にもあるんですが、やはり「ハーバーリンクス」さんじゃなさそう。
楽天 サラフェプラス

通販限定のようなんで、公式から購入する方がきちんと管理されているんじゃないかと思ってて。私は公式から購入する派です。公式なら一本使い切ってからの返金も可能らしく。

以前は、通常の単品のみの購入へのボタンがきちんとリンクが貼ってなく購入できませんでした。他社含めて定期購入ものはいろいろ指導が入ったからでしょうかね。2019年7年現在、単品のみの購入も可能です。ただ、高い。

定期購入プランは一本目が税抜き¥2,980。二回目以降は税抜き¥5,480に送料300円(税抜き)です。

解約までの回数制限のようなものはないようで、定期購入プランはいつでも変更・停止が可能だそうですが、次のお届け予定日の10日前までに電話で解約申込みをしないとならないようなので、その点には強く注意なさってください。

以前一本使いきった経験からは、一本30日間で使うかというと、使う月もあるだろうし、使わない月もあるだろうし、という感じ。フリマアプリを見るとそれなりに出てるのはそういうことでしょう。活動的な月はむしろ足りないだろうし。

定期購入するなら、一般的に冬は余りがち、夏は足りなさそうなので、冬に来たものを貯めて手持ちで調整するしかないんでしょう。

個人的には、謎の定価設定&定期購入という、値段があるんだかないんだかわからない売り方をされると、せっかく物は良いのに、買うための心理的なハードルが上がった、という感想は述べておきます。

ハーバーリンクス顔汗予防にサラフェプラス

Copyrighted Image