特典旅行の魅力はなんと言ってもルーティング | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

特典旅行の魅力はなんと言ってもルーティング

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

還元率は決して良くない海外旅行エコノミークラスのマイル旅行。
それでもやめられないのはルーティングの自由さと、工夫次第でサーチャージがかからないようにすることができるからです。

2014年夏のヨーロッパ旅行では、できる限り一筆書きにして効率の良い移動を試み、さらにサーチャージをできる限り安くしようと知恵を絞った結果、福岡ー台北ーウィーン陸路ミュンヘンーコペンハーゲンー成田ー国内某所となりました。
⇒マイルによる特典航空券手配の考え方[2014年夏 ヨーロッパ女一人&二人旅 準備編]
移動に時間はかかりますし、ミュンヘンに一泊しなければなりませんでしたが、台北も楽しめたし、私は満足しています。

実際にこのルーティングにしようとすると、10万円ではきかないと思います。片道ずつの利用になってしまうかな。サーチャージ&空港使用料で支払った4万円+6万マイルでマイル単価2円くらいにはなったかな。

ここに知恵を絞るのがパズルを組み立てるようで私にとっては非常に楽しい時間なのですが、楽しくない方にとってはただの時間の無駄です。また、無駄に遠回りをすることになる(台北を回ったり、コペンハーゲンを回ったり)と感じる方にも向きません。

楽しめるかな、と思われた方はチャレンジしてみて下さい。

飛ぶたび、買うたび、マイルがたまる。JALカード!


ANAカード

楽しいわけなんかないし、という方は、溜まったマイルは国内線に使うのが単価も良くていいですよ。
そして旅行はツアーが面倒でなくていいと思います。
ANA SKY WEB TOUR
そもそも、楽しくない方はこのページを開いてないかな?

▶︎特典旅行の魅力 もくじ に戻る

Copyrighted Image