ad



行けるか自信がなくなったので、台湾大哥大のSIMはバウチャーカードで延長した [2016年6月台北旅行 準備編]

2015年11月・12月の旅行のときに使用した台湾モバイルのSIMですが、6/1に期限を迎えることになっていました。

台湾モバイル アプリに入れた!

修正したのだが、まとめ記事
⇒台湾三大キャリアのプリペイドSIMを延命して使用する方法一覧
にこんなことを書いていました。

6月に渡航予定なので、5月中に60日間有効なデータ通信を購入しようと考えている。もしもそれで180日間の延長が可能であれば、その次はおそらく2016年11月か12月に渡航するであろう。その直前にまたデータ通信を購入すれば良い。

もしも、180日の延長ができず、60日の延長だけであれば(中華電信がそうだ)、スクラッチ式のプリペイドカードを購入しているので、Skypeで国際電話をかけて登録する。

ところが、4月末に風邪をこじらせて喘息の大発作を、まさに3年ぶりに起こしてしまいました。

大発作というのは、一晩で治ったりするものではなく、3年前のも3ヶ月くらいろくに動けなかったんですね。

まあ、その話はべつに置いておいて、5月末になってもまだやばい。1キロ歩けない、というと通じますでしょうか。物理的に歩けないわけではないのだけど、その後にとにかく咳が出るタイプの喘息です。

で、この状態で出かけられるのか!?ですよ。

機内は良いとしても、空港の中です。桃園空港ってターミナル広いし・・・。
「喘息で長距離を歩けないので」ってカートに乗せてもらうしかないかしら。

と、全部キャンセルしようかしら、と考え中なのです。

で、話はSIMに戻りますが、6/1です。

180元の1.2GB/60天のものを購入すると、7月末に使用しないまま期限を迎えてしまいます。
100元の1日使えるものを購入すると、絶対使えない。日本にいるのだし。

どうしようもない。

仕方ないなあ。

というわけで、Skypeでスクラッチカード
OK卡
これね。

これを、クラシカルにSkypeでリチャージしました。

台湾モバイル

▶︎2016年6月 台北女一人旅 もくじ に戻る