ad

桃園トランジットで外に出るなら、まずは桃園空港に不要な荷物を置こうか

2017年5月

コインロッカーができたというので、探してみました。

二タミです。

到着ロビーに出て、そのまま左に行くとSIM売り場になっています。
⇒桃園空港で、台湾のプリペイドSIMを購入する場所&料金表 

その先。ペリカンがありまして。

桃園空港 ペリカン

(あれ?その左側は何の自動販売機なんだろう。気にも留めなかった)

さて、そのペリカンの向かい側です。

桃園空港 ペリカン

Smart Luggage Lockersというものができていました。

今回私は使ってませんが、情報提供ということで。

2014年7月はペリカンに預けたんだよね。

桃園空港に到着してパスポートコントロールを通過しながらSIMをリアクティベート。
⇒中華電信&台湾大哥大のプリペイドSIMを延命して使用する方法一覧 

そして外に出て荷物置き場に行きます。事前に調べたところ、2014年当時コインロッカーはない模様です。その代わりに荷物置き場はあります。

第二ターミナルでは、ホールに出て左に歩き、突き当たりをまた左に歩きます。そうするとペリカンがあって、そこで預けることができました。

どうも、台湾内への宅配もここで受けているようで、スーツケースが山積みです。

ここで「荷物を預けたいんだけど。今夜7時半から8時半の間にとりにくる予定」と伝えました。書類に記名して、過札を貰った記憶があります。料金は100元でした。1元4円として400円か。コインロッカーみたいな感じですね。

料金は後払いで、受け取り時に支払います。このとき、クレジットカードは使ってないんじゃなかったかな。いずれにせよ、100元を残しておきましょう。

(2017年5月現在、ロッカーになっていて、ペリカンでは扱ってないのではないかな)

預けたもの

預けた中身は、シャワーを浴びたときの着替えとか、ひょっとして荷物がロストしたときの一泊分の服。つまり、二泊分の服は預け荷物にはしなかったのです。

でも、台北市内を移動するのに二泊分も持って歩くわけにはいかないし。コインロッカーで良かったのですが、あるかどうかわからず、荷物預け場所に行きました。

桃園空港にストップオーバーしない場合でも日をまたぐと機内預け荷物にできない!?

そうそう。2014年1月に香港から福岡に戻るときに台北で一泊しました。

24時間以上滞在しない乗り継ぎの場合って、通常機内預け荷物はそのまま預けっぱなしにできる空港が多いのです。香港空港で預けっぱなしでトランジットしたことがありますよ。

このときも桃園でそのようにしようと思っていたのです。しかし、香港のエバーのカウンターで「日をまたぐ場合には通しにして福岡ピックアップは不可能です。桃園でピックアップして下さい」と言われました。
もしも、日をまたいでペリカンに預けることができるなら、大きな荷物を抱えていてもわざわざホテルに預けずにすみますね。

でも、エバーのトランジットホテルに宿泊する場合はどうなるのでしょう?宿泊するためには入国しないのが前提です。だったら機内預けにした荷物はどうすれば良いのでしょうか・・・。

▶︎2014年7月台北トランジット疾走の巻 に戻る

★桃園空港は制限区域内なら、結構楽しく過ごせると思うんだ。

★SIM持った?音声通話も必要ないなら、日本でアクティベートできるタイのSIMをアマゾンで購入していくのがオススメ。

★クレジットカードの他に、プリペイドカードと国際キャッシュカードを用意して、お金を引き出せるようにするのが姉御のオススメ

★このとき、Fukuoka-Taipei-Vienna/ Munch-Copenhagen-Tokyoというルーティングだったのですが、それはANAのマイルでだした特典だったからです。
>>ANAカード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

歩き方台湾
台湾旅行のガイドブックなら、やっぱり「地球の歩き方」。Kindle版だと場所をとらないのでなお良し!