ad

ミュンヘン空港のスーパーでMVNOのSIMが買えそう [2014年夏 ミュンヘン女一人旅]

その他の国のSIM
私とっては納得できる値段で売っているならば、事前にプリペイドSIMを買って使うのが、安くて早いベストソリューション。もしくは現地で買うし、一人旅なら、手段は複数持つ。それがそれなりにプリペイドSIMを使ってきた私の結論です。

私はSIMロックされていないスマホを二台持ってます。こちらもどうぞ。⇒日本のZenfone3を海外に持っていくときの挙動。やはり海外に行くなら「手段」は2つ以上あるといい

でも、こういうものの扱いに慣れておられない方、設定が自分ではできないという方にお勧めなのが、レンタルのポケットWiFiです

>>世界中でインターネット!グローバルWiFi

以下は、慣れれば安くてお手軽で安全な、外国のプリペイドSIMの世界です。

チャレンジしてみる?

今回は自分で購入したわけではないのでご注意を。

ミュンヘン空港に早く着いたのでふらふらしてみました。私はコペンハーゲンが行き先なのでヨーロッパ域内のターミナル2。長距離はターミナル1。ターミナル1に向かって歩いているとスーパーを見るけちゃった。入らないわけにはいかない。早速入ってみたのです。
ミュンヘン空港

買うものがないので結局そのまま出るのです。出口はレジを通らなければいけないような作りになっています。人を信用しないなあ。これがドイツらしいのかな。レジで並んでいると10ユーロくらいのSIMがたくさん並んでいたのです。もちろん写真は撮れないので「どうもSIMに見える」代物である。

ただ、セッティングは期待できないので、ドイツ語ができるわけではないなら大変に困難そうだなあと思いました。その他、到着ロビーなら何か携帯会社があるかもしれないですね。ただ、そこまで探検する時間はなかったのです。
▶︎ ミュンヘン旅行 もくじ に戻る

★なお、外国のSIMを使うためには、SIMロックを解除したもの、もしくは、SIMフリーのものが必要です。アプリが便利なので、スマホやSMSの受けられるタブレット推奨。こちらもどうぞ。⇒SIMフリースマホはあると国内では通信費を下げられるし、海外でも快適にネットがつなげるよ

★私は多分次回のヨーロッパはこのSIMを使うと思う⇒ヨーロッパ用周遊ローミングSIMなら、事前にAmazonで調達できるよ!

★もしも、どんなSIMフリースマホが買えるのかと思われた場合はこちらもどうぞ
>>姉御の格安スマホガイド

ポケットWiFi

姉御がお勧めしないパターンをついでにお教えしておこう。一番お勧めしないのが、ポケットWiFiを買ってAmazonでプリペイドSIMを買うこと。

現地の店舗でSIMを購入する場合は、設定もしてくれることがあるから、そういうときはポケットWiFiでもOK。

SIMロックを解除したスマホが一つもない→そうだ安くポケットWiFiとプリペイドSIMを買って使おう!というパターンね。(もちろん設定に慣れておられればいいし、今後慣れたい!自分で設定したい!という方は別ですよ。)読者さんで設定できなかったパターンを複数見ました。

二番目にお勧めしないのが、USSDを打ち込めないタブレットだけの場合です。アクティベートがUSSDというものもありますから。私が何を言っているかわからない場合は、レンタルポケットWiFiが安全です。

プリペイドSIMは、使い捨て前提(=そこまでの品質が担保されていない)ですし、そもそもそういう値段であることも忘れないで。

私は今後も(値段にもよりますが)さっさとプリペイドSIMをAmazonで買って使い続けると思いますが、それが万人向けかと言われると、それは微妙です。

ええ。そうですとも。レンタルポケットWiFiはちょっぴり高いけれど、そう悪いソリューションではないです。
>>世界中でインターネット!グローバルWiFi

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする