iPhone 13 Proをカメラ目的で買いました

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、海外旅行・国内旅行持ち物リスト(エッセンシャル版)

私は国内旅行はもっぱら楽天トラベルで予約してる。
クーポンが出てる日本のホテルを、楽天トラベルで見てみない?

普通に、日本版。しかもdocomo。その頃にはまだいろんなところで待たないとならなかったからね。

お出かけ怖いが続くけれど、お出かけしたい人ではありますし。四十肩を経験してしまい、腕に多少不安があると、やはりミラーレス一眼を持ち歩けるか?というお出かけ装備の不安もあります。

買えるなら買いましょうねえ。ということで。買っちゃいましたよ。

iPhone 13 Pro

好みはシルバーだったけど、買えたのがゴールドで、上のシートをそのままにしたら白っぽくなったからこれでいいことにしようかなって。

広告—————————-

2018年5月に、KKdayさんにモニターさせていただきました。
Kkday【台北・再春健康生活館】足裏マッサージ&リンパデトックスマッサージ

エステではなく、整体に近いです。日本語のできる施術師さんだったので、きちんとコミュニケートできたのも良かった。終わったときには足の疲れも背中もほぐれてすごく良かったです。こっちも見てね!⇒台北:再春健康生活館でリンパデトックスマッサージ を受けてきた!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

2年使う?かなあ。というわけで、いつでもカエドキプログラムにした

指紋認証式ではないので、本当にカメラ兼中国専用スマホです。

カメラとして購入した理由は、四十肩になったからだよ。一応穏やかになってるけど、信用ならん。しかも右だぜ、右。姉さんまだ30代じゃよ。

右足→坐骨神経痛

右肩→四十肩

右手首→腱鞘炎

と、全部右に出てるぜ。

iPhone 13 Proのカメラの起動は、右下長押しでいけるからさ

指紋認証式なら喜んでメインスマホにしたんだけど、指紋認証式じゃないから決済その他一番忙しいところがマスク生活では使い物にならない。そら、パスワードも使いますがね。

2022年もマスクでしょうよ。

ということで、本当の本当にカメラだから。決済したりするにはiPhone SEを使った。

2022年5月6月の京都ワーケーションでは、本当にそういうふうに使ってました。建物を撮影したいけれど、どうしても撮影できる場所は限られるので、単焦点レンズでは見切れるのよ。そのときにはワンクリックでカメラを広角にできるから。

西本願寺

これ、西本願寺に属する建物の一つです。京都は細い路地を歩くのが面白いんだよね。で、こんな距離では、広角カメラを使うしかないじゃないですか。

いつでもカエドキプログラムで12ヶ月後から24ヶ月後に返却でいいんじゃね?

姉さん、基本Appleから買ってAppleに下取りしてもらってたわけよ。

結局、基本24ヶ月以上使わないよな…と思って。

というよりも、Appleで買う気満々だったんだけど、ふとドコモを見たら狙ってたiPhone 13 Proの256GBが「在庫があります」って出てたんだもの。

ドコモはそもそもが割高設定なんだよね。Appleの定価は134,800円(税込)なのだが、ドコモは一括でも165,528円(税込み)なんだよ。

だけど、24ヶ月後の免除額が80,520円というなら、支払いは8.5万円ということ。Appleが5万円以上で下取りしてくれるなら損だけど、参考までに、Appleでの下取り額を調べたけれど、2年前のiPhone 11 Proは最大でも4.8万円だから、その値付けは妥当ではなかろうかと思ったというわけです。

来年出るiPhone 14 Pro(仮)が指紋認証なら買い換えそうですし。買い換えないとしても、24ヶ月以上使うことはないんじゃね?と思ったら、それでいいような気がしてきたわけ。

そうすると、docomoの回線も無駄に5Gになるのでちと値段が上がってしまうんですが。普段の回線が楽天モバイル(eSIM)なもので、楽天モバイルの回線が微妙なときには迷わずドコモに切り替えてますし。そもそも待たずにすむのは良いポイントかなって。 

普段はSEに入れてるdocomo回線ですが、たまに13 Proに入れてもいいんじゃないですかね。

Apple Care +をどうするかまだ迷ってる。到着したばかりなのにあと6日!?と思ったけど中国のApple IDを入れたからっぽいです。日本のIDを入れて、マイサポートを見るとあと2X日って出たので、30日以内の猶予期間中に考えられるでしょう。Apple Gift Cardで支払えるといいんだけどな…

着脱式の充電器があるなら、楽天やAmazonでサクッとワールドトラベルアダプターキットを買うといいよ。
Appleワールドトラベルアダプタキット

Appleワールドトラベルアダプタキット

3,723円(12/08 19:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

Appleの着脱できる12W充電器は、サクッと買えるAmazonや楽天では探しにくくなってるけど、Appleストアなら普通にある。持ってない人は、ワールドトラベルアダプターキットと一緒に準備しておくと良いかもよ。
姉さんはAppleストアで買い物をするときには、結構楽天リーベイツを使って、楽天のポイントも貯めるよ。
楽天リーベイツ

そして、Appleギフトカードを楽天で買えばもっと楽天ポイントがたまるって仕組み。
楽天市場Apple Gift Card

使い方としては本当にカメラ。かつ、iPhone XRを置き換えるので、中国専用スマホなのよ。もったいないとは思うけれど、指紋認証できないのでiPhone SEを置き換えるには不適当なんだもん。

Apple Care +盗難紛失プランをつけたよ

毎回Apple Care +をつけるようにしてる。今のところiPhoneで使ったことはないけど。

iPhoneは割ったことないけど、実際にZenFoneの画面を割ったこともあるし⇒ショック!ZenFoneぱりんこ!しかしここは台湾だ!→修理できるロイヤルクラブへGO! 

Apple製品ならば、MacBook Proは半年に一度修理に出してるから。Appleの対応には概ね満足です。⇒Apple製品の配送修理の手配・手順など

実際にはどうなることやらと思ってるのだけど、一応、iPhone 13 Proはカメラ目的だからね。多分2022年は国内旅行だろうと思ってて。海外旅行は喘息持ちだから既往症プランを購入するのでそこに携行品も入るけれど、一つあたり10万円までだからね…。国内旅行にはつかないしね。それで、盗難紛失プランにした。もう一台あるから、どこにあるか探せるっちゃ探せるけどねえ。

買い方ですが、一括で24ヶ月分買ってる。というのも、一括が24ヶ月26,800円で、月々支払うと1,350円なんですよ。12ヶ月で16,200円だけど、解約するときには日割り。ちょうど12ヶ月だったとしても13,400円で済むもん。

合わせて買ったものなど

iPhone 13 Pro セット

何かお気づきになりましたでしょうか。iPhone 13 シリーズは、イヤフォンなし、充電器なしです。充電ケーブル(Type-C ライトニング)はあるんだよね。

Appleのイヤホンは使わないし。充電器も5Wから10Wから20Wから揃えてるからいらぬ。20W対応ですが、バッテリーをいじめて良いことはないから、普段は5Wでトロトロと充電します。⇒姉さんの、家での充電器まわり見せるよっ!

私はAppleとかZenfoneを買ってた頃のASUSとか付属して来た純正品を使います。ただ、Appleの純正品は家電量販店なら問題がないけど、特にアマゾンでは変なものが混じってるから気をつけて。バルク品なんてもんは存在しないと思っておくれよ。

iPhone 13 Pro付属のケーブルはType-C Lighteningなので、昔のiPhoneに付いて来た充電器に差し込もうと思っても使えないから要注意。このケーブルに合わせて新たに充電器を買うなら、USB-Cとか、Type-Cって書かれてるのを探そう。

私は買ってないけど、このシリーズはうちの読者さんたちはよくお買いになります。よく売れる。それもあって、このAnkerの20W充電器を買ってみたんだが、コイル鳴きがすごかったぞ…。

普段使い(だと、充電中に料理したりお風呂に入ったり寝たりするでしょ?)には、すごく不安感があった。カフェで電源をお借りするときには便利だろうと思って。急速充電が可能で小さいのは明らかなメリットなので、普段使いのバッグに入れているけれど、どこまで使用するかはイマイチ不明。⇒普段のバッグの中に仕込む充電セットを公開するよ!

iPhoneユーザーがiPhoneの機種変更をしたなら、持っている充電セットで十分だよ。

あえての20W充電にしたいならば、大きいけれどAppleの純正の方をお勧めする。

iPhone 13 Pro付属のケーブルはType-C – ライトニングなので、私は今回ついて来たケーブルは使わずに、古い充電セットをそのまんま使ってる。

あと、画面側はビニールコーティングされた紙シートだったので、合わせて、もしくは先に保護フィルムを買って用意したほうがいいと私は思うの。

iPhone 13 Pro TPUソフトケース ウルトラクリア/クリア

iPhone 13 Pro TPUソフトケース ウルトラクリア/クリア

880円(12/09 16:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

ケースは上のこれを買ったけど、カメラ部分をもう少しプロテクトするタイプの方がいいかなーという感想。下のこっち。

iPhone 13 Pro Perfect Fit メタリックケース/シルバー

iPhone 13 Pro Perfect Fit メタリックケース/シルバー

1,364円(12/09 16:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

重さもありますし、ケースにはストラップホール必須。

ストラップは長年HameeのHandrinkerのシリーズをいくつも愛用してる。

経年劣化で、ストラップが切れたりするけれど。消耗品ということで。

保護フィルムはこれにした。

姉さんは、いつも反射防止タイプにしてるよ。

肝心のカメラは

以下、何の設定もせずに、ぱしっとやるだけのいつもの姉さんの撮影スタイルです。

風景というか。スナップというか

姉さんがブログ用に撮影するのは、どうしても風景になる。顔を認識できるような人が写ってると、出さないか消すかするからね。

標準(x1)で選択するのが広角レンズ。これが一番使い勝手がいいのは確かですね。

iPhone 13 Pro 広角

比較的満足かなー。

参考までに他のiPhone。

まずはiPhone SE(第二世代)⇒iPhone SE(第二世代)

iPhone SE

anegoって入れたところに何かあるんだけど、多分レンズの汚れだな。右端はそこそこ風が吹く日の針葉樹はなかなか難しいからしかたがないところはあります。

つぎがiPhone XR⇒iPhone XR

iPhone XR

これは全体的に微妙に霞がかかってるのよ。スマホっぽさというか。レンズの汚れ?というか??

もう一回iPhone 13 Proを出すけれども。

iPhone 13 Pro 広角

話にならんわな。

次はレンズ。

望遠レンズ(x3)はぺたんとしたスマホ感が強いように思います。だからポートレートモードを使うんだな。そこは納得。

iPhone 13 Pro 望遠

あと、これは手ぶれ注意ではなかろうかとは思います。夕方なので、陽の光が弱いのも事実だから、怒りの足りないところが苦手とも言えるかな。

超広角レンズ(x.5)はやはりゆがむよね。ただ、遺跡巡りするときに空気感を記録するためにはいいんじゃないかな。ホテルの室内とか。

iPhone 13 Pro 超広角

やはり歪む。

実際に、2020年のGo To明日香村ではヨレヨレになってたから、ヨレヨレなときに出すなら、もっぱらこれやな。

物の撮影

ブロガーらしく、物を撮影することもあります。

ハーゲンダッツの期間限定ザッハトルテ味。

姉さん、ウィーンでザッハトルテ二つ食べたし、デメルは日本から、ウィーンのザッハーからも取り寄せもした。⇒ザッハー VS デメル どっちのトルテがお好き?

色をいじってないよ。撮影されたものを切って出してる。

ザッハトルテ味

後ろのボケで奥行きが出てるおかげでスマホのぺたんこ感が少し薄れたけど、ボケが人工的なボケなんだよなあ。

ミラーレスも出して比較すればよかったな、食べちゃったよ。

サイズとしても、これ以上大きくなると、縦写真しか撮影できない感じがあるので、私の手(あまり大きくないけれど、もともとピアノっ子だったからそこそこの可動領域がある)で片手で撮影するには限界かな。(右にハーゲンダッツ、左にiPhone 13 Pro)

撮影中に気になったのは、レンズが自動で切り替わろうとしてたところでしょうか。乗り物酔いしないたちですが、あれは酔うかと思った。

あと、いわゆる「物」を撮影するときに、わざわざミラーレスを出さなくなってきた。

バッグの中身

スマホらしさが残るけれど。私のミラーレスは風景用に構築してて、レンズを交換するのも面倒(埃も入るし)だから、多分どっちかの充電器がボケるんだよね。そういうのがないので楽です。

⇒普段のバッグの中に仕込む充電セットを公開するよ!

Copyrighted Image