円高になったらしようと思うこと その2 海外で人間ドック | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

円高になったらしようと思うこと その2 海外で人間ドック

その1は大幅な円高ユーロ安になったら、ドイツにルフトハンザモデルのリモワを買いに行きたい、です。

人間ドック行きました?

姉御さん、自営業者なので国民健康保険なんです。雇われていると、健康診断を受けたり、安く人間ドックに行ったりできるじゃない?私の場合はそれがないのです。

大学院を卒業してから健康診断って受けてないんですよね・・・。

そろそろ人間ドックを、と思ったのですが、私の年齢ではうちの市では人間ドックの補助がないのです。近隣の市では来年から補助を受けられるのですけど。引っ越すかなあ・・・。

で、我が市にある総合病院(幸い、複数ある)の幾つではホームページで料金を出していたのですけど、一泊もので約7万円です。むむむ。ホテル代が含まれてるとはいえ、ねえ。

補助のない私は、いっそ海外にでてしまおうかと思ったのです。有名どころはタイとかシンガポールです。東南アジア飯はゲキまずなので口に合わないので、胃の検査とかかえって楽かなって。

海外の病院で検査を受けるかな=医療ツーリズム

医療ツーリズムって聞いたことがありますか?

海外で治療を受けよう、というやつです。人間ドック(Health Screening/ Checkup)も可能なんです。

日本の医療水準は低い方ではないのでしょう。しかし、それは「国民皆保険制度があり、ほぼ誰もが安価に受信できる」という意味です。

イギリスに留学していた友達は、公立の病院に行くのに半年先の予約を取らなければならなくて、泣く泣く私立の高い病院に行ったんだって。

アメリカ女子は働いていたときは微妙な年収すぎて保険が買えず、病院にはほとんど行けなかったんだって。勤務先のボスが亡くなって失職したら、ようやく低所得者向けの保険に入れて、しかも大病が発覚し・・・なんだそうです。

日本じゃちょっと考えられない。

で、そういうところの人たちが治療を受けたり、検査を受けたりしに東南アジアに行くのです。それが医療ツーリズムなのです。

お医者さんはたいていはアメリカで学位を取っています。アメリカでマイノリティとして暮らしてただのお医者さんでいるよりは、母国に戻って富裕層を相手にする医者になった方が気分が良い、という人たちは戻ってきて、そういう病院で働くのです。元はアメリカの富裕層がターゲットなので、いろんな水準もアメリカ水準、ただし値段は安いのです。

医療ツーリズムが盛んなところは、一般人向けの医療水準は低いよ

なお、日本でも医療ツーリズムで外国人富裕層を、と言いますけど、問題が大きいですよ。相手は中国人ですか?中東ですか?言葉の問題は本当に大きいです。中国人医師・アラビア語圏などの出身者の医師を揃えないと。団塊の世代あたりだったら、台湾からきて日本に帰化した、というお医者さんが結構おられたようですけど(その子弟を数人知っていた)。あと病院のクオリティの問題があります。日本クオリティと言われてもわかるわけないんですよね。

さらに、医療ツーリズムの盛んなところは、ちょっと優秀な医者の多くはそういう病院に勤務する傾向にあり、中産階級以下向けの医療は充実しません。タイでツアーを買ったら運転手が交通事故を起こしたという友人の場合、皆体を打っているのでレントゲンをとってくれ、と言ってようやく連れて行ってもらったところにはレントゲンの機械すらなかったんですってよ。

日本の医療水準をそこまで引き下げたいかな?

有名どころでは、バンコク(タイ)、シンガポールでしょうか。日本語ページを出しているところもありますよ。

タイ

バルムンラード(日本語でパッケージも書いてある)
サミティヴェート(日本語でパッケージもある)
(バルムンラードの方が交通の便が良さそう)

シンガポール

Raffles Health Screener(日本語で書かれたパッケージはない)

特に、シンガポールは Health Screening Singapore などでググると結構出てきますが英語です。

タイ?シンガポール?

医療英語はわかんないので、日本語の方がいいです。

タイ飯はとにかく口に合わないし、シンガポールもメシマズでした。都市としてのイメージはバンコクよりシンガポールの方がはるかにいい。

胃の検査をするなら、食べる気を一切なくす場所=バンコクの方がいいかもしれない!シンガポールもあまり食欲のわく場所ではないけどね。

しっかしねー。シンガポールはホテル代が安くない。タイはホテルが安い。

バンコクかシンガポールだったら、東京からJALのマイルで飛んでしまえばいいし。サーチャージ&空港使用料で1万5000円、ホテルに2万円、だったら予算4万円弱くらいでできれば、国内で受けるよりも良いかもしれないなと思いました。

ただねえ。これまで会ったことのあるタイ人(日本や欧米の有名大学に留学するレベルの人たち)って相性がめちゃめちゃ悪いのよね・・・。飯もまずい、会った人たちのせいでイメージも良くない、文字も読めない、ではきついかなあ・・・。シンガポールかなあ。でも英語で出されても困るしなあ。でも華僑の方が相性がいい人が多いのよねえ。

Hotels.com

【Booking.com】

モウソウリョコウ
香港に行く方も、そうではない方も。空港では気を抜かないで! ⇒香港空港で財布をとられた方の話を聞いてください
気に入って使ってるモバイルバッテリーは、TypeC マイクロUSBどちらでも入力できるAnkerの商品。今買えるのはこれかな。満充電までかなり時間がかかるだろうけれど、結構便利に使えると思う。

スポンサーリンク
anegoをフォローする
Facebook ページで更新を受け取れます

姉御の一人旅ガイド

Copyrighted Image