ad

台湾:遠傳通信のプリペイドSIMの延長・プラン購入について (2017年6月)

さて、2016年冬に購入した遠傳のSIMです。

これをキープして延長しましょう、というのが今回の目的です。

アプリについて

私はアプリで確認します。

アプリの登録方法

購入したらしばらくして、SMSが届きました。その中にパスワードがあります。
つまり、SMSが届かない機械(iPadなど)では不向きかもしれません。

これを用いてアプリに登録します。アプリを使うならこれがまず必要でした。

いくらあるか確認する

「我的餘額」コーナーに行くと期限は2017年6月4日、100元入っていることがわかります。

遠伝

この100元というのは、ちょうど計日型の1日分なんです。つまり、100元あるじゃない。

と思ったのですが、なぜか購入できないのですよね・・・。なんじゃいな。

チャージして延長する

で、買って来たIFカードでチャージするかね、となりました。

遠伝遠伝

ところが。

SIMを入れて777にかけて英語にするのですがなんかよくわからず・・・。お店に行こうかと思って何時から開くのかな、とホテルで聞いてみると10時かな、なにするの?と聞かれたので、なんかチャージできなくって、というと・・・。

やってくれました。ありがとう、台湾のみなさん。

それで、100元で1日分だけ購入した、というわけです。今150元入っているのですが、これは一体全体使えるんでしょうかね・・・。謎。

台湾発行以外のカードは受け付けないっぽいんだけど。

実は、この遠傳、クレジットカードを使おうとすると、恐ろしいことが書いてあります。

遠伝

いっちばん下。

3.非本国信用卡、無法進行刷卡儲値

って・・・公式には、「日本のクレジットカードではチャージできない」なのだろうけれど。実際にはまだやったことがないのでわかりません。

個人的に「疲れる」会社だな、と思いました。せいぜい年に一度程度訪れる程度の方で、もしもチャージして延長するのが目的ならば、遠傳はめんどくさいのではないかと思います。

個人的に「延長して使用する」のが前提ならば、市中の中華電信で買うか、空港(もしくは市中)の台湾大哥大かな、というのが感想です。