ad

JAL 日本航空

台湾旅行にオススメのプリペイドSIMの会社は?

台湾はプリペイドのSIMの入手しやすいところです。

私は中華電信・台湾大哥大・遠傳のSIMを使っています。

で、どれがオススメかと言われると、ちょっと困る。場合分けしてみましょう。

そもそも、空港のSIM売り場が開いてる時間に到着するのですか?

一番楽なのは空港なので空港で買えればいいのですが、そもそもSIM売り場が開いている時間に到着するのでしょうか。

LCCなどで深夜早朝に到着するならば空港では買えないことがあるので、各空港のHPなどで確認しましょう。

もしも深夜早朝の到着だけど、到着したときからネットに繋ぎたいという場合であれば、プリペイドSIMを購入しておく、日本からWiFiを契約して持って行っておく、など、ローカルSIM以外の手段も考えてみてください。
⇒もしも桃園空港・小港空港に夜遅く到着するなら、事前にプリペイドSIMをAmazonで買っておくのがおすすめ

リピーターになるつもりなの?それともならないと思う?

中華電信・台湾大哥大・遠傳も、チャージしたり商品を購入することで期限を延長することが可能です。遠傳はまだ延長したことがないのですが。

ところで。台湾のリピーターになるつもりなのでしょうか。それとも、その予定はまだわからない状態なのでしょうか。

もしも、そう聞かれて??と思われたなら、リピーターにならなくても良いという前提では如何でしょう。もしも台湾が気に入れば、次回買えばすみます。

リピーターになるかわからないなら、空いてるブースで買えばいいんじゃないかな?

桃園空港到着後、イミグレの前に「台湾之星」「亞太電信」というものが売っています。(場所的に写真撮影はしないほうがいいと思うのでしてません)

この二つは延命できないという話。

もしも並んでいなかったらここで買えばいいし、もしも並んでいたら、次に行けばいいわけです。
⇒桃園空港で、台湾のプリペイドSIMを購入する場所&料金表

桃園空港到着ではないならば、その空港で買えるSIMを買えばいいと思います。高雄は買えるのですが、そうではない空港ならわからないですよね。やはり、事前にAmazonで買っておくといいのではないかなあ。

リピーターになると思うなら

だったら、これは延長できる中華電信・台湾大哥大・遠傳から選びましょう。

空港で買うなら中華電信は避けたほうがいい

というのも、桃園空港で買える中華電信の4GSIMは、「チャージは出来るが延長できない」というものなんだそうです。3Gは延長できるようです。

一工夫して、3Gで契約しておいて、割に大きそうな中華電信の店舗へ行って、4Gに切り替えることで延長できるようにすることも可能かもしれません。しかし、持っていない方が切り替えるよりも、市中で作るほうが効率がいいと思うんですよね。

私は2014年に作った3GSIMを市中で4Gに交換しました。それで延長できる4GのSIMを持っています。
⇒台湾・中華電信のプリペイド3GSIMを4Gに代えてもらったよ!

なので、リピーターになるつもりの方が空港でSIMを調達するなら、中華電信は避けた方が良いのです。

もしも市中で作ることが前提ならば、条件によって選んで

台北市内などで、SIMを契約するのを前提とするならば。

  • アプリで商品購入やチャージがしやすく、さらに日本語SMSが来たりと日本人に使いやすいのが中華電信(とくにバウチャーカードも使えるのが良い!)
  • (私はうまく使えていないのだけど)日本で音声ローミングとSMSを受けられるのが台湾大哥大
  • 4Gでも計日型のデータパッケージを購入できるのが台湾大哥大・遠傳(中華電信は2017年1月段階では計日型は買えない)

という違いがあります。

台湾大哥大は、設定すれば日本で音声ローミングやSMSが受けられるという話ですが、設定してもローミング先のソフトバンクの電波を掴みもしないんですよね。機械がソフトバンクを掴まないのかしら。

大容量のデータ通信をなさるなら台湾大哥大の計日型はお得でしょう。1日だけなら100元なので、トランジットでしか使わないときに安く使えます。しかし2泊3日で1GB程度しか使わないなら、3日分で300元なので、計量型の1.2GBで180元の方がお得です。

遠傳のアプリから購入できる計日型では、最短が3日間(300元)です。なのでトランジットで1日だけ、という場合なら同じ計日型を使うにしても台湾大哥大の方がいいです。

なお、中華電信の計量型の一番低いものは1GBで同じく180元なので、200MB分だけ台湾大哥大の方がお得です。(だたし、中華電信は安売りしてたことはあった)

延命方法は
⇒中華電信&台湾大哥大のプリペイドSIMを延命して使用する方法一覧

アプリについては
⇒台湾・中華電信のプリペイドSIMを使うなら、中華電信行動預付卡APPが便利
⇒台湾大哥大のアプリに登録する

なお、遠傳のアプリでは番号もわからなければ、期限もわからないです。開通した時にSMSが来ているのですけど日本からチャージして、チャージがうまくできているか、などが確かめられないのは不便かな。まだチャージしていないのですが。

電波は?

実は。平渓線でのこと。
AISのローミングが台湾大哥大、中華電信、遠傳を使っていました。

あくまでも、台湾大哥大はローミングしていた、ということは覚えておいてね。

中華電信と遠傳は電波を掴んでいたのですが、ローミングの台湾大哥大は圏外になるときがありました。

ローミングしていたのでなんとも比較できないのですが。

結論

空港で買うにせよ、市中で買うにせよ、一枚だけ選ぶなら中華電信よりも台湾大哥大か遠傳でいいんじゃない?

もしも到着時にリピーターさんになるかどうかわからない場合でも、これなら次に来るときにSIMを交換したりする手間がかからずに延長できるようですし、リピーターにならないな、と思えば使い捨てればいいですし。(実は私のSIMは高雄の市中で入手したものなので、ちょっと違うのかもしれません)

しかし、台湾大哥大はアプリに登録するのに多少苦労しました。そういうことがなかったのは中華電信なんです。なので、諸手を挙げて絶対台湾大哥大が良い!とまでは言えません。また、遠傳のアプリではいつ期限が来るのかもわからないので。

一長一短。

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする