ad

Step 4 SIM/WiFiを契約するときには  [一人旅 これだけ押さえろ!]

このページの内容をまとめると

何度もなんども現地でSIMを買え、そうでないならWiFiを契約しろ、と言っています。

これも、行ってみましょうか。

どこの国も、複雑怪奇なプランを用意して待ってません。シンプルですよ。

台湾編

Satoko (S): I’d like to buy your SIM please! (SIMほしいのですが)
Agent (A): Which plan, and which size?(どのプランですか?どのサイズですか?)
S: This one, 4G, 5 days package, for TWD300. And NanoSim please.(これ、4Gの五日間300元のものを。ナノSIMでお願いします)
A: May I have your passport please. (パスポートをお願いします)
S: Here it is.
A: OK. Do you need me to set it up? (セッティングはしましょうか)
S: Yes, please.
A: Can you please open your phone? (開けてくださいね)
S: Here you go.
A: OK, it’s done.
S: Thank you!
A: Have a good day!

注意点

もちろん、挨拶から入りますよ。台湾なので、にーはお!くらいは言いましょう。

台湾の場合は、プランがとても明朗です。

台湾モバイル

おそらくカウンターにはこの料金表と同じプレートが置いてあるので、これ!と指差しでやっても大丈夫。ただ、お行儀が悪いというか、お里が知れる。

もしも疑問点があれが聞いてみるべきです。3G時代の中華電信を契約する時に、1Day 100元というものがあって、これは?と聞いたら「持ってる人のだけ。SIMも買う人のではない」と答えてくれました。それもあって、SIMをキープしております。

場所と料金表はこちらに。

香港編

Satoko (S): Do you have a SIM card?
7-11: Yes. Which one would you like?
S: A cheap one, please!
7-11: I recommend this one. It costs HKD48.
S: I will take it. Thank you!

北角でやっすいのちょうだい!というと、あるよっ!と気の良いおばちゃんが出してくれたんだよねー。
これはCSL。おそらく、ですがお得だと思う。
CSL 内側

店によっては、ないよーと言われることもあるので、そんな感じで。ハードルが低いんだか高いんだかわからないところです。香港は。

なので、市中ではなく、空港で調達するか、Amazonで買っていくのが正解です。


空港でツーリストSIMを購入するなら、1010へ行って「ツーリストSIM、プリーズ」がいいです。ただ、変なSIMを勧めてくることもあるので要注意。

韓国編

Satoko (S): I need to contract a WiFi.(WiFiの契約をしたいのですが)
Agent (A): WiFi, sure. Have you contracted with us before?(以前にウチと契約したことがありますか?)
S: No. But I have this coupon. Can I use it?(いいえ。でもクーポンがあるのですが使えますか?)
A: Yes. For how long?(使えますよ。何日間ですか?)
S: 3 days.(三日間です)
A: It costs KRW21,450, which is discounted because of your coupon. And you have to pay a deposit, for KRW700,000. We only accept credit cards.(割り引きまして21,450ウォンです。デポジットが必要です。クレジットカードでお支払いください)
S: Good.
A: Please sign here. May I have your passport please.(サインをここに。そしてパスポートをいただけますか?)
S: I see. Ok.
A: Thank you very much. Please return this kit on XX, in here. Here’s your proof of payment for the deposit, please keep it and present it to us together with the wifi kit so we can refund your deposit. (このキットをXXまでにここにお戻しください。これがデポジットの証明です。これをキットと一緒にお持ち下さればデポジットをお返しします)
S: I see. Will return it here, on XX.(ここに返却するのですね)
A: Yes. Do you need me to set it up for you?(セットアップは必要ですか?)
S: Probably not. Thank you very much.(いらないです。ありがとうございます)
A: Thank you!

注意点

私、今回はカットしていますが、こういうときは結構復唱しています。そうすることによって値段・日数・返却場所などを明らかにすることができますから。

今回はクーポンを利用しているのでそれで安くなっているか否か、返却場所も確認しないといけません。ついでにお姉さん、きっと営業時間も言ってくれると思うので確認した方がいいです。

キットは受け取ったときに中身を確認しましょう。

SK ポケットWiFi

嫌なら、日本でレンタルしていく、というのが良いのではと思いました。ただ、いろいろオプションを山盛りにしてくる日本式・・・。


ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする