ad

松山文創園区ぶーらぶら [2016年冬 台湾旅行]

この日はのんびりと松山文創園区へ行きました。

松山文創

市政府駅もしくは国父紀念堂駅から徒歩です。台北ドーム(建設中)の裏なのでぐるっとまわることになります。夏だったら来ないわ。

松山文創松山文創

鳥の巣のようなのが建設中のドームです。

誠品のホテルがありまして。

松山文創

この建物の左側がショッピングモールと映画館があります。今回は映画が目的だったのです。チケットを入手してぶらぶらと。

松山文創松山文創

規模は異なりますが、小学校と大学の建物を思い出しました。

松山文創

カフェのところは廊下で飲食するの!?という感じでしたがこんな飾りもあった。

松山文創

土曜日だったので、イベントもやってました。

松山文創松山文創

私が小学校や大学の建物を思い出したのは、どれも戦前の建物だからなんですよ。そう。ここは、華山1914同様、日本統治時代の建物を改装したところなのです。

松山文創

最近の台湾のこういう、古い建物をリノベーションして、というセンス、かなり好きです。

今回宿泊したリノベホステルもセンスが良かった!
⇒フリップ フロップ ホステル – ガーデンに三泊しました
外に出ると、こんな建物があったり。面白いよねえ、台北って。

松山文創

今回はこの映画(4時間近くある)「クーリンチェ少年殺人事件」が目的でした。

松山文創

呉寳春

その前にウーパオチュンのパン屋さん見っけ。本店は高雄かな。世界一か何かの賞をとってます。

松山文創

袋もかわいい。

松山文創

三つ購入しました。

松山文創

二つランチにして、一つは翌日の鉄道旅行のランチのお供になりました。

松山文創

お味は。

うーん。正直なところ、言う程でもないのではないかなあ。香港や台湾も日本と同様にパンが「ふわっふわ」すぎるんですよ。だから、ヤマザキのパンが香港や台湾に進出して利益を上げられるのですが。

ヨーロッパのパンはどっしりとしているのです。なので、日本のパンはヨーロッパの人には「お菓子」にしか見えない。

そして私の好みは、ドイツやフランスのどっしりとしたパンなんです。

ここのパンはアジア好みに寄せすぎ。というわけで、普通にDonqあたりのパンの方が好みでした。

特に私の好みの、ベーコンエピ(麦の穂の形になってて、ベーコンがちょこっと乗るやつ)。ふわふわ過ぎた・・・。

▶︎ 2016年冬 台湾旅行 もくじ に戻る

★今回は行きは大韓航空、帰りはANAでした。え?と思われた?

★台湾へ行くなら、VISAカードで特典があることもありますよ!

★少額決済ならプリペイドカードが安心!

★国際キャッシュカードも使ってます!

★台湾はプリペイドのSIMカードが使いやすいところです。

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする