ad

台湾一周旅行を計画してみる

今、台湾一周旅行を計画しています。

あの頃、君を追いかけた」という映画の中で、失恋した主人公は原付で台湾を二周しています。コメディなので早送りで「わーーーー」ってやってるだけですけど。それができるんですよね、

1日中ずっと汽車の中で良いなら1日でぐるっと回れるようですが、一週間の期限の中で各都市をしっかりと観光するなら、私の体力では半周がせいぜいかも。

台北発着台湾一周ツアー

都市部ではなく、自然をめぐるならこういうのもあります。
>>Veltra リピーターにおすすめ!台湾一周観光ツアー<4泊5日/ホテル宿泊+朝食付き>
一人参加も可能みたいです。二人参加からのものだと女一人旅では使えませんからね。
四泊五日で台北が入らないようなので、一週間旅行で初めの日と帰りの日を台北にすればちょうどいいのではないかな。

値段は一人参加でTWD 24,500。約10万円。

バス移動だと思いますがホテル代・バス代も入っているし、個人手配では行きにくいところを網羅しているのでお得だと思いました。上のリンクから見られるレビューの中に日程表をお書きの方がおられたので、そこだけ抜粋してみます。

≪1日目≫台北発 → 日月潭到着(湖の港周辺で自由行動昼食 約200TW$/人)→ 日月潭遊覧船(オプション 300TW$/人)→ 伊達部の街観光 → 玄奘寺 → 文武廟 → フルール・ド・シーヌ・ホテル泊(ホテルビュッフェにて夕食 演奏会 日式温泉有)

≪2日目≫日月潭ビジターセンター → 九二一地震の爪痕を残す武昌宮 → ノスタルジックな雰囲気の集集駅 → SAにて昼食(約100TW$/人) → 仏光山(素食試食できず残念) → 高雄港見学 → 愛河 → 六合の夜市で夕食(大蝦蛄の海鮮焼き物が美味) → 漢来大飯店 泊(ホテル併設百貨店で買い物できます)

≪3日目≫バスにて墾丁へ → フルーツスタンドで休憩(アップルマンゴーは絶品 120TW$)→ 墾丁猫鼻頭 → 鵝鑾鼻灯台 → 海鮮中華店にて昼食(約200TW$/人)→ 墾丁国立公園ハイキング1.5hr(鍾乳洞が面白い)→ 知本老爺大酒店 泊(ホテルにて食事イタリアン 約500TW$/人 原住民の舞踏見学 日式温泉有)

≪4日目≫バスにて東海岸へ(峠道あり車酔い注意)→ 小野柳 → 三仙台(美景)→ 昼食 山東牛肉麺(とても美味です 約100TW$/人。隣の肉まん店も美味)→ 石梯坪 → 八仙洞 → 名物餅土産店見学 → シルクスプレイス・タロコ 泊(ホテルにて食事 約880TW$/人)

≪5日目≫太魯閣峽谷の各地観光(九曲洞にて徒歩観光あり絶景に感動)→ 大理石店見学 → 昼食 台湾式弁当店(約100TW$/人)→ 雪山トンネル → 夕刻に台北着

この通りとは限らないと思いますが。

とにかく一人で台湾西海岸都市部から攻めてみる

ツアーとかきついと思う人(私ですが)はどうするのかというと、自己手配ですね。私は台北と高雄しか回ったことがないし。中国語ができるわけではないので、田舎をほっつき歩く自信がいまいちまだないので、高鉄(台湾新幹線)が通っているところ、台中・台南、そして高雄をがっつりと攻めたいと思います。

台北近郊だってまだ野柳とか淡水とか猫空とか、九份とか行ってないところもありましてね。高雄もまだ周り尽くしたとも思えません。

1日目:台北到着(台北泊)
2日目:台北を早朝出てバスで日月譚(日月譚泊)
3日目:バスで台中へ(台中泊)
4日目:早朝台南へ。台南探索(台南泊)
5日目:早朝高雄へ。めざせ墾丁国定公園。(高雄泊)
6日目:夕方台北へ(台北泊)
7日目:帰国

でがっつり、そしてゆーったりと回れるのではないかと。

日月譚に行かずに、5日目に台北に戻り、野柳とか淡水とか猫空というのもありだと。
高雄から台湾入りして台北から出る場合にはこの逆を行けばいいし、台北から入って高雄から台湾を離れることだってできます。
さらに高雄から台北に戻るのに、東海岸を台鉄(在来線)で景色を見ながら戻ってもいいし。

公共交通機関だけ試算してみる

使うのはグーグルマップで。
1 まずは台北から日月譚へ
台北西Bのバスターミナルから船代こみで510元というのが早そうです。
Google曰くこれにはすさまじく時間がかかるようです。6時間とか!?高速鉄道で一度台中に出ても11時間くらいかかるなら、台北から日月譚を通って台中というのが良さそうだとこのルートにしました。うん。高雄から北上するなら諦めることにします。

台北西Bは2016年9/28に営業終了。臺北轉運站2Fに移っているようです。
2 日月譚から台中へ
これはバスで南投県の水里というところまで行き、水里から台中駅(台鉄、つまり在来線)まで行く、というのがたったの(!?)4時間40分ですみますね。これが470元
3 台中から台南へ
台中は台中火車站(在来線)と高鉄台中站(新幹線)の駅が随分と離れていて、バスで近くに行ってからぐるっと19分周りを歩け、と出てきます。多分歩道があると思うんだけど。29分もかかり、バス代が15元。うむ。結局、高鉄を使っても1時間50分かかって、合計750元。
それなら台鉄(自強号)で約2時間で台南火車站へ行こう。これが363元
4 台南から高雄へ
台南火車站から高雄火車站は37分、106元。わざわざ高鉄にするまでもないみたいですね。
以前高雄へは高鉄で行ったのですが、それは高鉄左営站。地下鉄で台鉄の高雄站まで結ばれています。
5 高雄から墾丁まで
高雄火車站から枋寮站までゆき、そこでバスの「墾丁列車」に乗り換え5時間26分。値段は139元。うわー。無理だ。高雄でおしまい。七日間の旅にするなら日月譚か墾丁かどちらかをカットしなきゃ。
6 高鉄左営站(高雄の新幹線の駅)から台北まで
これは高鉄なら一時間半。1630元。でも、早割(Early Bird)があるので1055元くらいまで落とせる。

7 もしも台鉄(在来線)の高雄駅から台北駅まで東海岸を通るなら
検索するために台東・花蓮と区切ってみました。
高雄から台東が2時間半かかって279元。
台東から花蓮が1時間46分で343元。
花蓮から台北が2時間で440元。
合計1062元
(ただ、この場合は駅で東海岸周りでどこにも降りずに行きたいというと、もっと安くなるのではないかと)
8 台北から台中まで高速鉄道なら
52分で767元

このきつそうなプランを見ると、なんか上のツアーがすごく良く見えてきました。

何はともあれ足してみます。
台北ー(バス)ー日月譚ー(バス&在来線)ー台中ー(在来線)ー台南ー(在来線)ー高雄ー(新幹線)ー台北
の場合、1+2+3+4+6で3079元

台北ー(新幹線)ー台中ー(在来線)ー台南ー(在来線)ー高雄ー(新幹線)ー台北
の場合、8+3+4+6で2866元。台北発着で私の体力ではこれが一番現実的かも

高雄ー(在来線)ー台南ー(在来線)ー台中ー(新幹線)ー台北
の場合、4+3+8で1236元
結局半周だ。

強い味方・高鉄パス

高速鉄道のみのパス、台鉄(在来線)と高速鉄道を混在できるパスがあります。

パス  条件抜粋  値段 
高鉄3日パス 連続した三日間 2400元
高鉄フレキシブル3日パス 乗車日の2日目と3日目は、利用初日から起算して7日以内の任意の2日を選ぶことができます 3200元
高鉄・台鉄標準5日パス 台湾鉄道の乗車有効期間は、ご利用初日(当日を含む)から連続した5日間(ただし自強号は除く)
高鉄の乗車有効期間は、ご利用初日(当日を含む)から5日間の内の2日
2800元
高鉄・台鉄特級5日パス 台湾鉄道の乗車有効期間は、ご利用初日(当日を含む)から連続した5日間(自強号含む)
高鉄の乗車有効期間は、ご利用初日(当日を含む)から5日間の内の2日
3600元

詳しくは
THSR Pass

どうやら。オンラインで購入できるようになっていて、それを持って駅(おそらく高鉄の方が良さそう)に行けば良いようです。

台湾の自然を回る一周ツアーがすごく気になってます。

>>Veltra リピーターにおすすめ!台湾一周観光ツアー<4泊5日/ホテル宿泊+朝食付き>

ad

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする