ad



Booking.com

日本のホテルにあって海外のホテルにはないものリスト

日本のホテルにあって海外のホテルにはないもの。
それは
パジャマ(というか浴衣というか)、使い捨てスリッパ、浴用タオル、コンディショナー。

パジャマはまずない

言い切って良いのではないかと思うのですが、パジャマはまずありません。

なので、寝るとき用に何か持っていくべきです。安いホテルだと冷暖房の調整ができないこともあるので、それも考えておいたほうが良いです。

台湾ならパジャマのあるホテルもどこかにあるかもしれないけど、パジャマは持って行くべし。

しかし、バスローブで眠れるならバスローブのあるようなホテルに泊まればいいし、一泊だけだったら下着で寝ちゃえば?とも思わないでもないです。一泊二日なら、荷物と相談すべし。

夏の南国&冬の南国&夏の北国

夏の南国&冬の南国&夏の北国(の中級以上のホテル)は暖かくした方が良い。どうして冬もか?香港や台湾のホテルには暖房がありません。で、それなりに寒いです。
体温が高い欧米人メインの国では冷房ガンガンです。20℃くらいにしたいんですよね、あの人たち。というわけで、日本人にはきついかも。ただ北国の安宿には冷房がないこともあるので、内陸部に行くときには熱のこもりやすい建物で室内35℃とかあるわけですよ。

冬の北国

これは安宿ならなおさらって感じ。
まじで、ガンガンに暖房を使います。20℃くらいにしたいんですよね、あの人たち。外が氷点下20℃で室内20℃、みたいな感じです。

使い捨てスリッパは国とクラスによる

日本のホテルでは最近大抵のところでは使い捨てスリッパがありますよね。連泊のときには頂いて帰ります。それを長距離の機内&海外のホテルで使用します。JALやANAのビジネスクラスだとスリッパあるんですよね。ビジネスクラスのときにはあれを頂いてホテルで使うこともありました。

もちろん、ホステルにはありません。

台湾のホテルには使い捨てスリッパがありました。香港では使い捨てのスリッパのあるところのほうが多いかな。

シンガポールにはふっかふかのスリッパ(というよりルームシューズ?)があったのですがそれはリッツ・カールトンだったからかもしれません。クアラルンプールのマリオットはなかったと思う。

欧米では安宿なのでもちろんスリッパは見たことがありません。

もしも、ドミトリーやバストイレ共用なら、クロックスなどを持って行くほうが良い。
⇒ドミ旅ならビーサンかクロックス持っていくべき

体を洗うタオルにお目にかかったことはない

日本のビジネスホテルでは最近体を洗うタオルだったりスポンジが置いてあることもありますよね。

さすがにバス・リリーは見たことがない。あれを海外のホテルで見たことはありません。というわけで、これもホテルにあったら連泊したときに頂いて帰ります。

コンディショナーはないと思え

これもホテルのクラスによりそう。
香港&台湾のホテルにはコンディショナーはありませんでした。リンスインシャンプーというタイプです。しかもシャンプーもボディソープも結構臭いの!

欧米のホステルにはシャンプー兼コンディショナー兼ボディソープなるものが置いてあることがあります。ブランドはLuxでしたが謎過ぎるので使いませんでした。香港のホステルにも何もなかったような。

けれど、シンガポールのリッツ、クアラルンプールのマリオットにはコンディショナーがありましたよ。マリオットのバスアメニティは凄くいい匂いでした。あれ、まじ欲しいレベルでした。今でもかなあ。

というわけで、街頭でシャンプー&コンディショナーのサンプルを配っていたら積極的に頂いて持っていきます。大抵はコンビニやドラッグストアでトラベル用のミニボトルを購入しています。

歯ブラシセット

十年くらい前、ホテルに納入している中国製の歯みがきに発がん性物質があって、というニュースがあったのです。それ以来、常に歯ブラシセットを持っていっています。日本でもね。

海外では歯ブラシがばかでかいことがあります。
歯みがきの方は、日本と同じブランドのその土地のローカライズされたものとか買うのは面白いですよね。でも歯ブラシセットを持って行っているのでそれを使っています。

快適な安宿ライフを送りたい私の持ち物

荷物が増える理由はこういうところにあります。
・捨てること前提のパジャマ
・使い捨てスリッパ(複数)
・使い捨ての浴用タオル
・シャンプー&コンディショナー
・歯ブラシセット

▶︎旅慣れた人がホテルで使う物リスト もくじ に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする