ad

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア

もしも桃園空港・小港空港に夜遅く到着するなら、事前にAISのプリペイドSIMをAmazonで買っておくのがおすすめ

前回、2016年8月は香港旅行でしたが、エバーだったので、台北一泊しなければなりませんでした。

マイルに釣られて不便な時間にして(でもプレエコのエコノミー開放でしたよ!)、到着は23時を過ぎていました。
⇒エバーの台北ー香港ー台北便は国内線気分 

私は、台湾のSIMをずっと使い続けているので、機内でSIMを入れ換えられます。でも、そうではないなら?せっかくSIMフリー機を持っていても、SIMがなかったら使えないのですよね。

夜に到着するならSIM売り場が営業しているか確認して

タクシーカウンターに人はおらず、タクシー乗り場に直接行くのですが、タクシー乗り場は、2タミの到着ロビーに出て、左側に向かいます。SIM売り場の方なんです。

お客さんらしき人もいたし、カウンターに光があったのでどうなんだろうと思ったのですが、閉じていました。(2タミの入国審査の前に亞太と台湾之星のカウンターもあるのですが、これは光を落としていまいた。)

でね、お客さんらしき人たち、喋っていたので日本人だとわかったのです。

「・・・は予約した人だけ?」

などとよく聞き取れなかったのですが、SIMが買えずに困っておられた模様です。

分けてあげられるプリペイドSIMもないのでスルー

日本人かどうかではなく。

困っておられるのがわかったので、私にできることはあるかな、と思ったのですが、思いつきません。SIMは中華電信と台湾大哥大と二枚あるけど、自分のパスポートで登録したものを誰かに差し上げる気にはならないし、一緒にツアーに参加している、というわけでもないのだし。おそらく一生お会いすることのない方ですれ違っただけなので「日本のうちの家に送ってよ」というのも嫌。

台湾でもデータ通信が使えるらしい跨境王・・・と思ったけど、私、これは自分でお金をかけてキープしてるものだし。開けていない香港のプリペイドSIMはおそらく香港でしか使えない3しか持ってなくてお分けしても意味がない。

しかも時間が遅くてこっちも多少焦っているし、そもそもそこまでしてあげる義理もありません

というわけで、スルーです。

事前に調べていれば、対処のしようがあった

この方たち、自分のフライトが何時に着くのか、そしてその時間に桃園空港のSIM売り場が開いているのか確認することを怠ってるのですね。

もしもSIM売り場やWiFiのレンタル屋さん(あるよね?)が開いていない時間ならば、事前に準備ができるのです。

行き当たりばったりは良いのですけど、最低限の情報は調べた方が良いのではないの?と思うのです。そんなの、桃園空港の公式HPを見れば書いてあるのに。

SIM売り場が開いていない時間に到着する場合、姉御ならどうする?

SIMを持っていない、という前提でね。

姉御だったら、どうするかというと、この場合は、姉御ならさっさと市内に出てしまい、市内で調達します。それが2011年12月でした。

本当にね、GPSに頼ってなかったの。夜に到着して、翌日SIMをゲットしました。

その代わり、宿泊したのはサンルート台北で日本語が通じたし、バス停から近いのを確認していました。行き方を確認して、google mapsのスクショをiPadに入れてたもの。空港に到着したら電話(日本のガラケーからの、国際電話)でホテルに電話したし。

私、それくらいするんですよ。

2015年6月の台湾旅行ですが、この時は深夜に高雄小港空港に到着しました。もちろん、SIM売り場はしまっていました。問題なかったのは、私が中華電信のSIMを持っていたからです。

もしも、GPSが使えないと困るというのであれば、日本のスマホでデータローミングします。

私みたいにデータ通信はMVNOに頼っていて、データローミングができず、かつGPSがないと困る場合はどうするのかというと、手段は二つです。

まず考えるのは、日本からレンタルWiFiを調達する

ですね。

ただ、比較的安いイモトでも割高だなあ、と思いますね・・・
>>海外行くならイモトのWiFi

プリペイドローミングSIM

フォロワーさんに伺ったところ、mineoがローミングSIMを出しているとのことです。

・・・けっこう、高い・・・。1GBに一万円も出せません。

mineo 海外プリペイドSIM

無理。

香港のプリペイドSIM

上にも書いたように跨境王など、香港のプリペイドSIMでローミングできるようにする、という手があります。

跨境王は、香港や中国によく行かれる方には便利ですよね。でも実は台湾で跨境王のデータ通信をしたことはないです。

でも、音声通話がメインではないなら、データ通信は割高です。

データ通信専用なら、ユニコムが台湾用の使い放題や、大中華SIMを出しています。

【中国聯通香港】「 大中華 30日間 1GB 中国全省 香港 澳門 台湾 最高42Mbps 3G接続 データ通信・上網 / SIMカード 」

新品価格
¥2,100から
(2016/11/4 23:25時点)


このSIMは使いたい放題といいながらも、3GBを越えると遅くなるようです。

2016年冬はタイのSIMを台湾で使ったよ

使いたい放題ではなく、8日間3GBまで、という制限があるSIMですが、タイのSIMをローミングするという手もあります。

台湾 プリペイドSIM 8日間 4G・3Gデータ通信無制限

新品価格
¥1,250から
(2016/11/4 23:23時点)


SIMの入手がしにくい韓国の場合なら値段的にも「お得」かつお手軽なのですが、SIMの入手しやすい台湾だけという場合はそんなにお得ではないSIMです。それでも、深夜到着の場合は便利ですし、ユニコムの7日間データ通信SIMと比べても送料を考えると安いかも。これは販売業者さん次第ですね。

このSIMは、扱っておられるワイズソリューションズさんに一枚いただきました。

自分でも購入したことがあります。

SIM 2 go

今回は仁川トランジットで台湾に行きました。こういう変態的な回り方をする人はおそらくマイルで特典旅行組ですよね。いかがです?周遊SIMですし、日本でも使える(ソフトバンクを掴む)のでなかなか良いのではないかと思います。

特に設定はいらず、モバイルデータ通信とテザリングを設定すると掴むようになりました。
掴んだ電波は台湾モバイルです。
AIS

スピードテストをしてみました。参考程度でどうぞ。

こっちは見ていると「Far Eas Ton」だの「Kashong」だのでてくるので正確ではないのかも。

AIS

遅く表示されていますが、アンテナの本数も違いますからね・・・。同じ場所、同じ機種(Xperia Z5C)で、上のスピードテストの直後なんだけどな。(400MBしか使ってなかったから、3GBをオーバーした、という説はない)

AIS

だそうですよ。

テザリングも可能ですが、体感としては、FarEasTon(遠伝)の4Gのものの方が早かったです。

4GSIMを持っている方がわざわざ購入すべきものかというと、それは違うと思います。

おすすめする方はこんな方です。

  • 二泊三日程度の滞在で、今後特に台湾のリピートをするつもりはない
  • 深夜・早朝の到着で、SIM売り場が空いていないっぽい

でしょうね。

周遊SIMはすごく便利。もしも使えなかったらこれを疑ってみて

レビューを見るとちらほらあるのが「使えなかった」というものです。使えなかった状況がわかるように書かれているわけではないので、なんとも言えないのですが。

  1. そもそもSIMロックが解除されてます?(ネッ友さんで、別のプリペイドSIMを利用しようとなさったときに、解除されていると思い込んでいたけれど実は解除されていなかった、ということがありましたよ)
  2. モバイルデータ通信、ローミングがONになってます?
  3. APNは入ってます?
  4. 別の機械に入れてみて。相性が悪いかもしれない