ad

エクスパンシス

早めに到着してよかった!朝の台北・桃園空港の手荷物検査場は混んでたよ [2015年11月・12月 台湾女一人旅]

ANAっ子が気がつけばJALっ子になり、また気がついたらANAっ子になって、あれ?今JALっ子・・・。

変なところにこだわりの強い姉御さんなんですが、航空会社に関してはほとんどこだわりがない。座席にはこだわるけど。同様、ホテルについても条件にこだわるけれど、それ以上のことにこだわりがない。

さて、今回の航空券はJALの特典で出したキャセイ&ドラゴン航空でFUK-HKG-TPE、そして帰国がANAの特典で出したANAでTPE-NRT/HND-国内です。この残りは6月に国内-HND-TSAと初台北・松山空港利用で閉じます。

このフライトの話は後ほど。

桃園空港9:35のフライトでした。そのせいで、


なんて記事を書いたのね。
「何時に着けば」の方は旅行中、滅多なことでは遅刻しない人向けの記事です。

朝食はバナナ

朝食はバナナを食べました。
ホテルでサンドイッチを作ってもらって受け取り、機内で食べました。
ANA 持ち込んだ朝食
バナナは朝の残りです。もちろん機内で全部食べたので、日本国内には持ち込んでいません。

6:30 バスの中

6時30分にはもう桃園空港へのバスに乗っていました。
朝の台北西A站

まあ、7:30に桃園到着を目安にしていました。

途中、ノボテルの近くを通るのですが、ここで初めてバスが止まっているのを見かけました。

桃園空港 エアポートホテル

シャトルバスとは違い、横なんだ。でもどうやって止めたら良いのかよくわからないし・・・。

到着は7:30前

6:15にチェックアウトし、6:30にはもうバスは動いていたんです。そうすると、7:30には桃園空港2タミにいたの。

ゲートはDで、そのまま2タミですし。朝だし、この時間にもうゲートが出てるなら滅多なことではゲート変更はないでしょうしね。

2014年1月のエバーでの帰国(台北ー福岡便)もそこそこ早朝だったのですが、そこそこ人がいる感じだった記憶があります。手荷物検査場は結構混むよねー、と思ったんだよね。羽田並み?2011年12月はユナイテッドで成田に帰ったのですが、これはガラガラだった記憶があります。どちらも9時代ではなく、9時前だったような記憶があります。

しかし。

今回9時半のフライトのために7時半の桃園空港って、結構、人が多いんですよ。LCC便も多いですからね・・・。

なんか人が並んでる、と思ったら手荷物検査場でした。これ、さっさと並ばないと。

そういえば、昔の成田空港って検査場の外にもずらーっと並んでましたよね。10年くらい前の話。

手荷物検査場でとにかく時間がかかった

そのまま並んでしまったら、修学旅行の日本人高校生の中に単身突っ込んでしまったらしい・・・。

まじでめちゃくちゃ並んでました。

桃園空港 めちゃくちゃ並ぶ

今回淡水を歩いていても修学旅行で連れまわされてる子たちいたしなあ・・・。

「なんでこんなに並ぶんだ」と斜めに構えて言ってた子がいたんですが、お前は早く認めるべき。斜めに構えてかっこいいんじゃなくって、お前は社会性を欠如を欠如している。Like me。並べない子なんだね。

なんで並んでるのかというと、君たちみたいなのがいるからなのだな。

この手荷物検査場がかなりかかってしまい、1時間も並ばなかったと思うけれど、30分ではきかなかったんですねー。

手荷物検査場が混むと、やはりパスポートコントロールも混みます。自動ゲートで通れる台湾人や台湾在住者などはすっと通るのでだいぶ減るんですけれどねえ。

買ったのは黒松沙士のみ

本当は免税店で遊びたかったんだけど、結局買えたのはペットボトルだけです。「黒松」というので台湾でよく飲んでる人を見かけたんですよ。

黒松沙士

それがさ、落ちてきたときにすごく泡立ってて、やばくね?と結局家まで持ち帰り、家で飲むことになっちゃったのね。

素直にもう一本水か何かを買えばよかった。

そういえば、香港の空港って自動販売機がなくて、「安い水はどこだ?」をしなければならないのですが、台湾の場合は自動販売機があるんでそういうことはしなくてすみます。

桃園空港 自動販売機

激混み!ではあるんだけど、やっぱりどんどん居心地よくなる空港だ

今回見つけたのが、図書室ですよ。

桃園空港 図書室

桃園空港 居心地が良い

わかると思うけど、激混みだったのは手荷物検査場だけです。

今回はちゃんと自分の乗る番号とか確認したからね!

桃園空港 ゲート前

桃園はここから下に降りなければならない。探せばエレベーターがありますよ。

桃園空港 乗るよ!

▶︎2015年11月・12月 台湾女一人旅 もくじ に戻る

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする