ad

機内持ち込み用カバンいろいろ

「機内に1日分の着替えなど入れる補助バッグはどんな感じのバッグがよいか?」というキーワードがありました。

ふむふむ。どれだけの荷物を入れるかにもよるんですよねえ。あと、トランジットがあるか、とか。

個人的には全部持ち込みにしてしまうのが好きです。2015年4月の香港旅行は香港エクスプレスで行きは預け荷物なしにしたのですが、なんか「ああ、これだけで良いんだ」とますます荷物が減りました。それに全部持ち込むと手荷物が出てくるのを待ったりしなくて済むのが楽です。

JALだったのに2015年6月の台湾旅行だってこんな感じでした。
ミラーレス
そ。全部持ち込んだの。

全部持ち込まなくても、機内に1日分の着替えを入れるバッグ、ね。了解です。

まず考えるのは持ち込めるサイズのスーツケース

上の写真なら下のスーツケースね。機内持ち込み可の。

私は大抵これを選びましたね。理由はね、重たいものを持たずに済むから。案外空港内を歩かされるでしょう。で、カートは重たいし車輪が良くないし。

なお、航空会社、機材によって持ち込める大きさは変わります。とある航空会社で持ち込めたからといって、別の航空会社で断られないとは限りません。ごねちゃだめよ。

これを持ち込むときは、預け荷物はボストンです。

セカンドチョイスは差し込める折りたたみ

私だったら次に考えるのはスーツケースの持ち手に差し込める折りたたみを選びます。最近増えましたよね。上の写真なら上に乗っけてるやつ。

どういうことかというと、スーツケースの持ち手を伸ばすでしょう。そこに差し込めるタイプです。なおかつ、折りたためると便利です。

こんな感じ。
ミッフィー

理由は、持ち運びがしやすいからです。

例えばの話、空港に到着したとします。そこで機内に持ち込んだ荷物をスーツケースに入れますか?まあ、国際線で税関で開けられたらそのときについでに突っ込んじゃうことはあると思いますが。通常はさっさと出て次に行くのでは?

そのときに空港からタクシーに乗ってホテル(や自宅まで)行ける方や、駐車場に車を置いておられる方、車の迎えの方もたくさんおられると思います。国内線で帰りなら私もそうです。

しかし、例えば国内でも羽田に、関空に降りてそのままタクシーは無理なんですよ。リムジンバスでホテルまで、はアリです。(最近は、東京ドームホテルに宿泊するときは面倒なのでもっぱらバスです)それでも、私の場合、空港から使うもので一番多いのが列車なんです。次がバスです。乗り場まで持っていかねばならないし、降りたところからホテルまで持っていかざるを得ないでしょう。

だったら、やはり「持ち運びしやすい」ことを重視することになります。

特に、帰りは空港で買ったお土産なんかがある場合、まとめられる大きさの畳めるボストンは使いやすいですよ。

体に負担がかかる

2015年6月香港トランジットは台北でCDとかDVDをばっかばか買っちゃってて。割れると悲しいでしょう。だからスーツケースに入れて荷物を使ってクッションにするでしょう。で、一泊分の服は?というわけでを使いました。

これがねえ。重かった・・・体に負担がかかるんですよ。

サードチョイスは大きめの肩掛け

差し込みタイプではないならば、大きめの肩掛け可能なものですねえ。肩掛け可能だったら、両手が空くでしょ。願わくば、口がジッパーで閉じられるものがいいです。理由は簡単。機内で中身が転がり出ないから。

2015年4月の香港では、もう一つ持てるものが欲しかったのです。

高級スーパーのCitySuperで、奈良美智風の絵の描かれた帆布カバンのエコバッグで肩掛け可能なものがあったのですが、これが円安で5000円くらいしたんですよ。高すぎる〜。円が安すぎる〜。

それで、柄はあまり良くないけれど、肩掛け可能なものを買いました。2000円以上したと思う。3000円したような気はしないのだけど。ジッパーではないけれど口に磁石で留められるようになっていて、深いのでパンパンに入れなかったら上を折れるでしょう。それなら中身が転がり出ることはないかと踏みました。実際に出なかったけれど。

ま、肩掛け二つというへんちくりんな格好をしておりました。

本当に国内一泊だけという場合なら普通にトートってあり

トートもありだと思います。この場合、いわゆるハンドバッグも兼ねさせますね。

あ、浅いので、口はジッパーで締められるものがいいですよ。

私は3月に国内をぶんぶん飛び回っていました。一泊だけのときには全部トートに突っ込むこともありましたよ。着替えなど以外に持っていく荷物次第でしたね。ギリギリで飛行機に飛び込んだり、新幹線に飛び乗るもので。本当はジーパンで飛行機に乗りたいので着替えたいのですが、時間がなくて着替えなんて悠長なことは言えないのでいっそもうトートにしてしまえ、でした。

全てはファジー。君子は臨機応変に豹変するものよ?

汗をかかない時期のスーツって本当に荷物が少なくて済んで、一泊の場合は着替えは下着とカットソーだけ。化粧品はミニボトルを一揃い持っていくけれど、という感じでした。もちろんいつものケースではなくて、ビニール袋とかぱっと見着替えと分からないようにして持って行きますよ。

それで、トプカピでまたナイロントートを買ったのです。
⇒一泊用にトプカピのトートを購入しました
トプカピトート
肩掛けにもできるしーとオンラインで購入したのですが、実際には留め金が重すぎて、肩掛けとして使用することはありません。

>>楽天でトプカピを買うなら クリケットオンラインストア(楽天)

ad



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  1. […] キャスター付きのスーツケースで取り回しが楽なものを機内持ち込みにするメリットの一つがここ。こういう、空港内を長距離歩くときにも楽なのです。 ⇒機内持ち込み用カバンいろいろ […]