ad

海外旅行用の外貨お財布、どうしてますか?姉御はマリメッコ!

お財布は通貨ごとに変えてます

海外旅行に行くと、当然ながら円を使うわけではありません。皆さん、どうしてますか?そのままのお財布を使ってますか?日本で使うお財布ってなんだか外国で出したくないなーって感じるのです。特に高額紙幣が入っているお財布とか。

まー。高額紙幣といったって、私の場合米ドルなら百ドル札が入ってることはないし、500ユーロ札もありえない。せいぜい50米ドルに50ユーロ。香港ドルなら100香港ドルですよ。でも、あんまり出したくないなーって感じるのは仕方がない。

私はお財布を通貨ごとに変えています。

私は周遊することがあります。例えば2014年1月は香港と台湾。7月は台湾・ユーロ圏・デンマークですよ。それぞれに日本で使うような大きなお財布を持っていくととんでもないことになります。

なので、「薄い・カバンの中で見つけやすい・そこそこ取り出しやすい」の三つを満たしたものをお財布にしたいわけです。ジップロックでもいいのですが、そうするとお金が丸見えでそれは嫌です。

マリメッコ

マリメッコのがま口を外国でのお財布にしているのです。
>>楽天でマリメッコのがま口を探してみる?

中身は紙幣・コイン・クレジットカード・交通系ICカード(や1日乗車券)だけです。理由は、日本のお財布が膨れちゃうのはポイントカードのせいなのですが、外国のポイントカードはないし。また、高額紙幣の入っているお財布を人前で開けたくないと感じるので分けています。

なぜマリメッコなのかというと、昔々、まだマリメッコが日本に上陸する前か東京オンリーだった頃。私はフィンランドにおりましてね。

マリメッコをばっかばっか買っちゃったわけですよ。

で、翌年かな。その次の年かな。マリメッコが当時住んでいた福岡にも上陸と。そこで一気に萎えたのですが、それでもマリメッコのがま口は買い足したような。あの当時のもので残っているのはがま口だけになってしまいましたが。

自分が着るのはどうかと思うけど、小さい女の子に着せたい感じよね。
>>marimekko(マリメッコ)/LOOK E-SHOP公式通販

2017年1月に買い足しました!

姉御さん、今年は前厄です。

おっおおー。そんな年齢になってしまいました。

特に何があるというわけではないのですが、ネッ友さんに「そういえば、前厄の時に厄除けとして小銭入れをもらったよ!」と言われたんですね。

誰かくれないかなーと思ったんですが、心当たりがないので、自分で購入しました。

今回もマリメッコ。
日本に進出して以来、興味をなくしたブランドの一つなのは確かですけど。

青いウニッコがあればベストだったんですが、なかったのです。以前から探してるのだけど廃盤になっちゃったのかな。これは生地とポーチキットを買ってきて自分で作るのがベストかな?それとも何かないかな?と探していたら、ちょうどセールの時期なんですね。

半額になっているものは、前のシーズンか今シーズンの限定柄なんでしょう。で、とっても気に入った柄があったので購入しました。

#marimekko の、#tattari (ソバの実)柄の四角いポーチ #midikukkaro を買いました❤ 新しい小銭入れ😆

Satoko Hanaokaさん(@satokohanaoka)が投稿した写真 –

Tattari = ソバの実。

いつものひょうたんの形は売り切れだったので、初のスリムなタイプです。

こっちに書いた理由は、外貨ポーチにするか、国内でも使う小銭入れを、大叔母のくれた小銭入れからこっちに変えるか考え中だからです。

ひょうたん型と大き沙を比べるとこんな感じ。

marimekko

ひょうたん型は物が入ってて、四角いのは入っていないという違いがありますが、ほんのわずかに四角い方が長く感じます。

横長ポーチにしなかった理由は、中が丸見えなんですよね。怖いわ。フィリピンのお嬢さま育ちの方は、強盗にあったら強盗に投げつけて逃げる財布を持ってるくらいなのに。

具体的に交通カードを乗せてみると。

marimekko

ちょっと大きいのよね。

marimekko

中にカードが沈み込むなあ・・・。あと、金具に「marimekko」って書いてあるんですよ❤︎ そして、釜口はまだかなり固いので、国内でしばらく使ってなじませないと。

もう10年以上前なので、今は違うかもしれませんが、当時購入したマリメッコの製品は全部が全部フィンランド製というわけではありませんでした。物によってはエストニア製の物もあった記憶があります。

これはMade in Finlandでした。

marimekko

気分よ、気分♪
これからも楽しくやっていきましょ。

お値段は半額の1890円に、これしか買っていないので送料がかかります。うちまで648円。
(んー。薄いからゆうメールや、ネコポスでいいんだけどな・・・と思ったのは公然の秘密)

だって、お願いした紙袋にぺったんこのポーチと明細が入ってて、ぺったんこの封筒で届いたんだもの。

marimekko

ポストインでいいよー。

>>Marimekko Tattari / Midi Kukkaro がま口ポーチ

ずっと使ってきたコレクション!

じゃーん。花柄(ウニッコ)は定番ですが、白に馬と青いのはその年の柄かなにかでした。
Marimekko

薄ら汚れてる物もありますが、「実際に使ってる」のがよくわかるかな。

だってね、これ、外貨おさいふにぴったりなんですよ。香港ドルと台湾ドルはそれぞれお財布を作ってそれをキープしています。元々は米ドルとユーロだったんだけどね・・・。

カバンの外ポケットに入れるがま口

このタイプ。かわいいよねえ。

(画像は公式通販サイトからお借りしました)

これ、カードサイズがちょうど入ります。あまり持ち歩きたくないでしょ、外国紙幣って。だからユーロなら20ユーロ札を上限に10ユーロ、5ユーロとコインを入れていました。

お茶を買いに行く台湾リピーターなので基本台湾ドルお財布は放置です。(でも間違えてユーロコインが入ってて面倒だった・・・)

香港リピーターだったので香港ドル財布も入れっぱなしでした。

香港なら1日に200ドルちょいをこちらに入れます。100香港ドルはオクトパスに入金します。香港のコインは重たいので、許留山みたいなオクトパスで払えるところなら全部オクトパスで払ったほうが軽くてすみます。
Marimekko

今回はユーロのコインを入れていたがま口を開放して人民元財布にします。一泊二日なので1000人民元もあれば十分なんじゃないかな。300人民元くらいこれに入れて中国にいきましょ。

問題点はコインが底に沈むので取り出しにくいことでしょうか。

並行輸入品もあるけど、高いものではないし、公式サイトから買いたくないですか?

>>marimekko公式通販サイト LOOK E-SHOP Mini Unikko コットンパース

紙幣だけ入れているお財布

これは横長のがま口を使います。「メガネケース」って書かれてることもあるかも。でも、めがねを入れるにはただの布と金属の金具なのでビミョーに怖いです。
Marimekko

公式サイトを見てもこのたて縞(Piccolo)のこのサイズはないようですね。
>>marimekko公式通販サイト LOOK E-SHOP Mini Unikko コットンパース(横長)

ここに必要な紙幣、いざというときの円や米ドル・ユーロをいれていました。

Marimekko
旅行する時ってその場所の紙幣以外にも持ち歩くんですよ。具体的には米ドルとユーロ。それは封筒に入れています。

持ち歩かない外貨入れ

持ち歩かない外貨入れもあるんです。いろいろコレクションして楽しむわけだ。コインとか、低額紙幣とか。

これもマリメッコ。でっかいやつね。赤いのとお揃いです。親亀小亀みたい。
Marimekko

なんと小さいのと大きいのと、横長と全部値段が一緒!!!そうだったっけ?びっくりしたー。
>>marimekko公式通販サイト LOOK E-SHOP Unikko コットンパース

財布を分けるときに注意すること!

で、2014年1月、香港空港に到着した私に衝撃的な事実が発覚したのです。
なんと、香港ドルの紙幣がまるっとない。

外貨を入れた封筒はあるのに、香港ドルの紙幣を入れた黄色いがま口がなかったんですよ。あれにはしびれましたね。

コインの方にオクトパス、クレジットカードがあって、日本の財布の中にキャッシュカードがあったので無事でした。

なお、この時は帰りに台北トランジットして台北101に登っているのですが、台湾ドルコインパースの中にはヨーヨーカーと500台湾ドルくらいの紙幣が入っていましたとさ。今は600台湾ドル入ってます。

10年ぶりにmarimekko熱が復活しそうで怖いです。布とがま口キットで作りたいなーとか思い始めてるし。まじで危険。
>>marimekko公式通販サイト LOOK E-SHOP

▶︎旅行中の鞄 もくじ に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする