ad

香港に行ったらまずオクトパスカードを入手すべきだし、事前にAndroidスマホにOctopusアプリを入れておくと良いよ!

Octopusって香港のICプリペーイドカードです。

オクトパス

空港に着いたら、エアポートエクスプレスのカウンターに行って入手するといいですよ!AELとMTRの三日間乗車券かな、それものちには通常のオクトパスとして使えるのだという話です。

さて、このオクトパスカード。徹底的に便利なんですよ。公共交通機関は全て使えるし、セブンや許留山(スイーツ店)でも使用できます。便利だよー。

香港リピーターですが、到着してそのままオクトパスを持ってバスに乗るわけにはいきません。だって、いくら入ってるか覚えてます?香港のバスや地下鉄ってセント刻みなんですよ。香港のセントなんて持ってます?持ってないし。しかも、お釣りが出ませんよ。

頑としてオクトパスを買おうとしない人は面倒だった

2015年4月にドミトリーで出会った台湾人を連れて歩き回ったことがあるのですが、台湾人はオクトパスではなく現金払いです。絶対オクトパスの方が良いんだけどなあ。
「オクトパスは便利よ?」
「ほら、私数日しかいないし」
「これ、4年くらい使ってなかったことがあったんだけど、それでも大丈夫だったよ?」
「4年!?」
「うん。私、台北のヨーヨーカーも高雄のiPassも持ってる」
「・・・私だって高雄のは持ってないよ?」
台湾人に呆れられるほどのリピーターだと思われたようです。まあ、いい。トランジットばっかりだったけど、2014年は3回台湾入りしてるしさあ。

というか、香港って1セント刻みではなくて1ドル刻みの値段になっているのですが、交通機関は1セント刻みなのです。そして、お釣りは出ませんし。

いちいち細かいものをそこらのお店などで両替してもらおうとするからみっともないし、面倒なのよ。

(即日ではないけれど)事前にいくら入っているか調べられるよ

事前にいくら入れているのかが分かっていればチャージすべきかわかるわけなんです。

で、Androidのみに対応しているのですが、このオクトパスアプリで残高を調べることができます。Androidとはいえ、NFCを使っているので、NFC対応の機械でなければ使えません。

携帯の背面にオクトパスを当てれば、ほら!
20150307161311
一番初めに手持ちのオクトパスを登録しないといけませんけどね。最新の10件までかな。でてくるのです。

香港では朝「いくら入れてるっけ?」と確かめるのに使えます。

ないならなくても良いんですけどね。
もちろん無料アプリなのでGoogle PlayでOctopusと入れれば出てくると思います。

SIMフリーのアンドロイドだったら、香港でSIMを入れたらネットにつなげるのでとっても便利ですよ!
>>Expansys [海外SIMフリー] 人気のSony Xperia 最新機種販売中!

ad

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする