ad

航空券Eチケットの預け荷物欄の2PCや20Kって何のこと?

そういや、昔は分厚い冊子状になった航空券でした。
どう読むんだったっけ。忘れちゃった。もう見ることはないでしょうね。

Yがどうの、というのはさておき、荷物の欄ですよ、問題は。幾つ預けられるのでしょうか。

Eチケットの預け荷物欄

JALマイルでJAL便発券の場合

2015年4月香港・広州女一人旅の帰り&2015年6月台湾女一人旅の行きはJALのマイレージ特典のJAL便です。珍しい。いつも外国航空ばかりなんだけど。どういうことかというと、香港エクスプレスで香港・広州女一人旅の片道を購入しました。なので、香港発の特典発券です。ルーティングはHKG-HND-国内-HND/NRT-KHHです。

ああそうか。HKGは香港、HNDは東京羽田、NRTは東京成田、KHHは高雄です。

さて、Eチケット。まだ使用されてないチケットなのでいろいろ隠しています。
20150423222333
「時間TIME/BGG」という欄があります。
2PCって書いてありますね。どういうことでしょうか。

2Pieces(二個)の略なのです。なので、二個まで預けられるということなのです。

重量は各航空会社によります。なので、各航空会社のHPをみると分かりやすいと思います。

例えばJALは2個まで、それぞれが23kgまでOKです。ANAも同様です。
https://www.jal.co.jp/inter/service/bag/
https://www.ana.co.jp/international/prepare/baggage/
香港ではエアポートエクスプレスの香港駅でインタウンチェックインをしたので、このときに荷物を二個預けました。次回台湾旅行も2個預けることができます。でも預けないんじゃないかなあ・・・

JALマイルでキャセイ便発券の場合

2015年6月台湾女一人旅は高雄に行きっぱなしでは困ります。帰国便を手配しなければなりません。帰国便はやはりJALマイルでキャセイにしました。(他社便発券の場合はANAの方が使いやすいわね・・・その話はまた今度書くかな。)

ルーティングはTPE-HKG-FUK-HKG-TPEです。もうおわかりですね。TPEは台北桃園、FUKは福岡です。台北発香港トランジット福岡着で帰国します。そしてもう一本福岡発香港ストップオーバー台北行きがあるので、台北からなんとかして帰国しなければなりません。その話はまた今度。

同じくBGGという欄をみてください。
20150423222332
今度は20K。これは20Kgということ。個数はいくらでもいいけど(20個は無理だと思うけど)合計20キロね、ということです。
ちょっと渋いな。

帰りは預ける予定です。香港はトランジットなのですが、大昔(おう。9年前かよ。香港にはまりこんで9年か)、キャセイトランジットの時にはそのまま到着空港でピックアップできたんですね。できるようなら預けっぱなしにしよう。20Kgとか余裕よ?
>>JAL カード

ANA国際線荷物預け2個、乗り継ぎルフトハンザ1個追加料金発生する?

こんな検索キーワードがありました。

東京から(例えば)フランクフルトまでANAで、フランクフルトから(例えば)パリまでルフトハンザに乗り継いで行かれる、というパターンでしょうね。東京ーフランクフルトーパリで考えましょう。

この場合、通し、つまり東京からパリまで有償(もしくはマイルで)出しているのでしょうか。それとも、乗り継ぎのルフトハンザは別(ここだけマイルとか、ここだけ有償とか)で出しているのでしょうか。

通しで出している場合には、上に例示で出しているのと同じようにeチケットの「BGG」の部分を確認してみてください。ANA便が「2PC」と書かれていて、乗り継ぎルフトハンザが1PCと書かれている場合には、おそらく追加料金がかかってしまうのではないかな。ただ、カウンターで便宜を図ってもらえることもあるかもしれません。特にフランクフルトで乗り継ぎのときに荷物をピックアップせずに、パリで荷物を受け取るようにした場合なんかは。多分長距離のANAが2PCと書いているなら、ルフトハンザもそのまま二つ受け入れると思うんですけど。(ほら、長距離SASに従ってヨーロッパ域内のルフトハンザも2PCだったように)。

でも、グランドさんには愛想をよくして損はないですよ。

別々に購入した場合は、乗り継ぎのときにカウンターで荷物を預けるときに支払うことになるのでしょう。ただ、一番はじめの東京で「スタアラ同士、別のチケットを使って(パリ便に)乗り継ぐんですが、パリで預けた荷物を受け取れませんか?」と相談してみましょう。乗り継ぎの情報の受け渡しはしてくださるでしょう。うまくいったら荷物もフランクフルトで受け取る必要がないようにしてくださるかもしれないし、その場合には荷物の追加料金が発生しないかもしれません。

ただし、フランクフルトで一晩を過ごすチケットとかいろいろな場合があります。「パリ受け取りはできません」とか「追加料金が発生します」と言われたらあきらめてくださいね

いずれにせよ、グランドさんには下手に出ましょう。
>>ANAカード

国内線乗り継ぎがある場合は注意して!

2014年7月ヨーロッパ女一人旅のとき

2014年7月ヨーロッパ女一人旅の帰国はコペンハーゲンからのSAS便でした。ミュンヘンからEU域内便を乗り継いでコペンハーゲンへ、そして東京でANAの国内線を乗り継ぐのです。このときは長距離のSASの輸送条件に従い、ミュンヘンーコペンハーゲン便も日本国内便も2PCと書かれていたのです。

コペンハーゲンからの帰りは実は日本に台風が接近するときだったのです。下手したら帰りの乗り継ぎは飛びません。空港泊ですよ。最後は。そうすると荷物を出すのに困るので預け荷物の他に機内持ち込み荷物を多く作っていたのです。成田で荷物を宅配便にする時間はなかったのです。実際にはANAカウンターで予定の便よりも早い便に変えてもらいました。無事に帰宅できることが分かったので預けちゃって大丈夫。なので二つ荷物を預けたかったのです。

グランドさんが1つまでだと言おうとした感じだったんですよ。「2PCなので二つですよねー」と先回りしました。「そうですねー」と二つ預かってもらいました。

このときはANAで出した特典で国内線もつけていたので大丈夫なのですが、国際線と国内線を切り分けて発券してしまうと荷物に問題が発生することがあります。

どういう便かというと、デルタ航空で私がアメリカに行くとしますよね。デルタのアワードなのでデルタでは日系の航空会社の便は特典が出せないので東京発ニューヨークの単純往復です。私は自宅と東京の間を自分で手配しなければなりません。なのでJALで普通に特便割引で安く買う、こういう感じです。

以前帰りの国内線で荷物を預けようとすると荷物が重すぎるとか個数が多すぎると言われることがあるのですよ。超過料金を一度払ったことがあります。昔は明らかに海外帰りという場合にはサービスしてくれてたんだけどね。

払ったときのグランドさんは私がごねないのでホッとした顔をしてましたよ。「ゴネる人いるんでしょ」と聞くと、「そうなんですよー」だって。

2015年4月香港・広州女一人旅のとき

地方民なので東京から地元、もしくは関空から福岡に乗り継ぐんですね。セゾンアメックスゴールドの特典のひとつで、国際線の帰りの便では、東京(成田・羽田)と関空なら荷物を一つ自宅まで無料で送ってくれるのです。

なので、2015年4月は羽田から自宅に一つ送りました。夜便だったので横浜で一泊したので荷物の個数を減らしたかったんです。乗り継ぎのJALも2PCなのでそのまま落ち歩いても良かったのだけど、面倒でしょ?なんのために高い会費を払ってるんだって話。

ごねちゃだめ!

そうそう。実際に成田ー香港便で並んでいたらゴネる人がいて、その人に「どこ行くの?」と聞かれたことがあったっけ。私が荷物が少ないのを見て、私に荷物を持たせたかったみたい。だめよ、そんなことしちゃ。

▶︎特典旅行の魅力 もくじ に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする