ad

今なら大型スーツケースでもソフトを選ぶかも

大型はハードタイプを使っています。一人旅を続ける限りは小型か70センチくらいの中型でいいんじゃないかなと思いますけど。

昔欧米で見かけていたスーツケース

海外旅行をすると、面白いスーツケースを見かけます。

日本の二輪のスーツケースって底面の辺の長い方を下にしますよね。でも、10年くらい前まで良く見かけていたのは底辺の短い方を下にしてるタイプのスーツケースです。ハードタイプです。持たせていただいたことはないので持ちやすいのかがわからないのですが、なんとなく取り回しがしにくそうだなーと見ていました。不安定そうだし。あれは選ばない。

世界の主流はソフトタイプ!?

そして大型に限って見てみるとアジア、アメリカ、ヨーロッパとどこもソフト率が高いのです。

確かにあっちの方が便利かもしれないなあと見ています。

真ん中で割れるので閉めるときが重たいハードケース

理由はハードタイプって真ん中で二つに割れるようになっています。
閉めるときが重たいんですよねえ。

でも、ソフトタイプって蓋をするだけなので閉めるときが重い、ということがありません。

それとハードタイプの重たいものよりも、ソフトの方が軽そうです。

ソフトって丈夫なのかな?

ソフトって丈夫かと言われると、私の10年使っているサムソナイトを見る限りではそこそこいいんじゃない?という感じです。

スーツケース

刃物で切り裂かれると困ると思いますが、本気でやろうと思ったらハードケースでもぶっ壊すでしょう・・・。鍵をぶっ壊せば良いだけですから。

実際に自分のスーツケースが切り裂かれたら本当にショックだろうと思いますよ。貴重なものはないといえね。
ただ、これまでそこそこいろんなところに行きましたが、ターンテーブルでまわってくるスーツケースの中に切り裂かれたものって見たことがないのです。確かにビニールでぐるぐる巻きにされているものを見かけたことはありましたけど。ぐるぐる巻きに自分でしている人もいますし。

壊れる部分って、持ち手とキャスターですから、それはハードもソフトも同じかと。さらに、ハードの場合はこすれによる傷やへこみがあります。ソフトは布がすり切れることがあるかもしれませんが、一度使ってこすれて、というのは考えられないのです。なら、ソフトのほうがいいかも!って思い始めました。

日本のスーツケース屋さんでは大型ソフトケースを見た記憶がないのですけどねえ。とにかく、問題はキャスターなんですよ。キャスター。

サムソナイトにはソフトの大型が、ないなあ。

でもま、いいや。私はいつも小型で10日間程度ならお出かけしちゃうから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする