ad

フランツ=ヨーゼフゆかりの地、バートイシュルは今でも交通の要所 [2014年夏 ザルツカンマーグート女二人旅]

今日はバートイシュル( Bad Ischl)。
「Bad!? バッド!?」
「ちゃうちゃう。バッド、じゃなくてむしろバーフ」

「ここはフランツとシシーのゆかりの地。ここでフランツはシシーに出会ったの」
フランツとはオーストリア帝国皇帝、フランツ=ヨーゼフ。シシーとはその皇后エリーザベトです。オーストリアは国を挙げてシシーとフランツ=ヨーゼフ、そしてモーツァルト推しでした。

だから!マリア・テレジア!マリア・テレジア!と思うのに。

オーストリア女子はシシーとフランツ=ヨーゼフが大好きです。外国人向け、というよりも現代オーストリア人の好みなんだろうなあ。

「皇帝の庭」

馬車

バートイシュル

そして「皇帝の庭」だって。

バートイシュル

実はこの日はなんと30度。
バートイシュル

山の中なので、空気は乾燥していました。それでも、空気がきれいで、さらに空気中に水蒸気もないので日差しがとても強いのがつらかったです。

温泉地であり、皇室が保養地としていたバートイシュルは、今でも小さな観光地になっているようです。

バートイシュル

民族衣装

向こうから民族衣装のおばさんがやってきます。

バートイシュル

お店もあった。

バートイシュル

着物で街を歩いているようなものかしらね。

黄色い塗装の建物

北欧もその傾向がありましたが、オーストリアのちょっとしたお家って黄色い塗装が多いです。シェーンブルン宮殿の、テレジアン・イエローみたいな感じ。

やっぱりマリア・テレジアが好きだよね?好きだよね?

バートイシュル

ああ、このバルコニー!そして窓の装飾!

バートイシュル

アジアを歩くのは大好きだし、アジアの街角もいいんだけど、やはりヨーロッパを歩き回って楽しいのは、家の外装が凝ってて、きちんと手入れしてあるところだなあ。

実は今でも交通の要所の一つ。ザルツカンマーグート観光の拠点になると思うよ

バートイシュルの駅です。駅に見えないんだけど、ÖBB。だから。QBBじゃないんだってば・・・
⇒ÖBBでウィーンからメルクまで行く
バートイシュル

実はバートイシュルへいった最大の目的は「駅でお手洗いを借りる」でした。そのときに見つけました。
バートイシュル
コインロッカーが少しありましたよ。これ、使えるかもね。

もう一つの交通の要所アップナングープッハイムからハルシュタット側に南下する鉄道ルートと、ザルツブルグからのバスが交差するのがバートイシュルです。

早朝にウィーンから鉄道でバートイシュルへ。コインロッカーに荷物を置いて鉄道でハルシュタットへ。帰りは鉄道でバートイシュルに戻り、荷物をピックアップしてバスで夜のザルツブルグへ、という個人旅行も可能かなーと妄想しました。あくまで妄想ですからね。

きちんと鉄道やバスの時間を調べてから計画してくださいね。
>>レイルヨーロッパ

事実、バートイシュルには結構宿泊するところがあります。
>>Booking.comでバートイシュルのホテルを探す
ですから、夜にザルツブルクにいけないとしても、ウィーンからバートイシュルに来て、バートイシュルに宿泊してここをベースにして、ハルシュタットやザルツカンマーグートの湖水地方を巡るのが効率がいいのではないかと思いました。

>>海外ホテル予約・現地発オプショナルツアー予約でANAマイルを貯めよう!

そうそう。コインロッカーの隣にあるのはインスタントの照明写真機です。オーストリアでもドイツでも良く見かけました。日本なみに見かけたのはオーストリアとミュンヘンだけ。フランス映画の「アメリ」では重要な役割を果たしますねえ。

▶︎ザルツカンマーグート もくじ に戻る

★夏のザルツカンマーグートは素敵でした。お勧めしたいけれど、あまり行きやすいところではありません。時間があまりないならハルシュタットと合わせた、添乗員付きのツアーが一番楽だと思う。
>>ルックJTBならではの特典満載!ヨーロッパツアーはこちらで検索

★ウィーンやザルツブルクからの現地ツアーを購入するのも一案。たぶんハルシュタット観光の中で一つくらい湖を回るんじゃないかと思う。
>>海外ホテル予約・現地発オプショナルツアー予約でANAマイルを貯めよう!

★全部個人手配にするなら、バートイシュルを拠点にするかな

★SIM持った?私は次回のヨーロッパでは多分事前に周遊ローミングSIMを手配していくと思う

★クレジットカードの他に、プリペイドカードと国際キャッシュカードを用意して、お金を引き出せるようにするのが姉御のオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする